【MLB2015 FA】2014年シーズン終了後にFAとなるリリーフ投手のシーズン成績と契約の動向情報

2014年シーズン終了からFA選手として、FA市場に出る選手の一覧と、2014年シーズンの成績、それに加えて簡単なFA市場での評価と予想とともに、ポジション別に何回かのシリーズとしてまとめています。

今回はその第7回でリリーフ投手編です。他のポジションについては以下の表内をリンクをクリックすれば、該当ページに飛ぶことができます。

先発投手 リリーフ 捕手 一塁・DH
二塁手 三塁手 遊撃手 外野手

続いて、2014年シーズン終了後にFAとなる選手の成績と情報です。

スポンサーリンク

2014年シーズン終了から2015年にFAとなるプレーヤーの一覧と成績

スポンサーリンク
[googlead]

2015年シーズンにFAとなるクローザー・リリーフ投手が多くいるため、以下の3つに分類しています。また全ての投手をカバーすると膨大なリストになるため、契約の可能性がありそうな投手に絞っています。

  • 2015年の契約に関してチーム/選手/相互のオプションがある投手
  • FA市場でクローザーと評価される投手
  • FAとなるリリーフ投手(クローザーの経験ありも含む)

2015年の契約に関してチーム/選手/相互のオプションがある投手

2015年の契約に関してチーム/選手/相互のオプションがある投手の一覧リストは以下のとおりとなっています。

mlb2014-fa-relief-pitchers-with-options1

パドレスからエンゼルスにトレード移籍したヒューストン・ストリートは1年700万ドルのチームオプションの行使が確実です。エンゼルスが複数のプロスペクトを出してまで獲得したのも、このオプションがあるのが大きな理由で、移籍後のパフォーマンスも素晴らしかったため、行使は間違いありません。

防御率1.37/41S(失敗3)/WHIP0.94と同等の成績を2015年も残してくれるとするなら、非常にお買い得の契約と考えられます。

パドレスのラトロイ・ホーキンスは42歳と年齢は高いのですが、今季も防御率3.31/23S/WHIP1.20と結果を残し、来季の契約が1年225万ドルとリーズナブルなため、チームオプションが行使されることが確実です。

オリオールズのダレン・オデイは防御率1.70/25H/奪三振73/WHIP0.89と好成績を残し、来季で32歳と脂の乗る時期でもあり、年俸も425万ドルをチームにとって悪い金額ではないため、行使されることが濃厚です。

ドジャーズのブライアン・ウィルソンは防御率4.66/22H/WHIP1.61と不調で、FA市場に出ても良い契約を手にすることは難しいことが明らかなためか、早々に900万ドルのプレーヤーオプションを行使すること明言しています。

一方で拒否されることが確実なのが、カブスの藤川球児、ナショナルズのラファエル・ソリアーノ、フィリーズのマイク・アダムス、エンゼルスのショーン・バーネット、ツインズのジャレッド・バートンです。

藤川球児は自動更新のオプションの条件をみたすことはできず、さらに復帰の成績も防御率4.85/WHIP1.85と期待されたものとは程遠かったため、550万ドルのオプションは破棄されることが確実です。来季はスプリング・トレーニングへの招待がついたマイナー契約が精一杯となりそうです。

ナショナルズのラファエル・ソリアーノはシーズン途中でストーレンにクローザーの座を譲っている上に、来季の自動オプションの条件も満たせず、1440万ドルと契約が高額なため、チームオプションは破棄されることが確実です。

ただ、成績自体は防御率3.19/32S/奪三振59/WHIP1.13と及第点ではありますので、金額を抑えた上での契約に興味を示す球団は多くなりそうです。

タイガースのホアキム・ソリア、レッドソックスのクレイグ・ブレスロウ、レイズのジョエル・ペラルタ、ブルージェイズのダスティン・マゴワン、アストロズのマット・アルバースはチーム幹部や監督が、これからオプション行使するかを詳細に検討すると述べていますので、不透明です。

(2014/10/10追記:アストロズはマット・アルバースのオプションを行使せず、破棄しました。)

FA市場でクローザーと評価される投手

FA市場で主にクローザーと評価されるであろう投手の一覧は以下のとおりとなっています。オプションは行使されないことが確実なラファエル・ソリーノも重複しますが、このリストに加えています。

mlb2014-fa-closers1

このオフに注目を集めることが予想されるのがヤンキースからFAとなるデビッド・ロバートソン、ブルワーズからFAとなるフランシスコ・ロドリゲス、ナショナルズからFAとなることが濃厚なラファエル・ソリアーノ、そして上原浩治です。

この中でも注目されているポイントの1つがヤンキースが1年1530万ドルのクオリファイングオファーをデビッド・ロバートソンに出すかどうかということです。

現在のクローザーの相場からするとクローザーに1年1530万ドルを支払う契約はかなりの破格のもので、ヤンキースがクオリファイングオファーを出して、ロバートソンが拒否しなかった場合には、この1530万ドルの1年契約になります。

2014年シーズンのクローザーで高額契約を有していた選手はフィリーズのジョナサン・パベルボンが1300万ドル、ナショナルズのラファエル・ソリアーノが1100万ドル、タイガースのジョー・ネイサンが900万ドル、フェルナンド・ロドニー、クレイグ・キンブレル、ヒューストン・ストリートの3人が700万ドルとされています。

これらの選手のパフォーマンスと年俸を考えた時に、デビッド・ロバートソンに1530万ドルを払うのは、完全に相場からかけ離れているため、他チームでは想像もしないことですが、ヤンキースならやる可能性があるとされています。

仮にヤンキースがこのオファーした場合には、ロバートソンが受けいる可能性が大です。というのも、仮に拒否した場合にはロバートソンを獲得するには、ドラフト指名権を失うことになること、かつ年平均1000万ドル以上の複数年契約を提示する必要があるため、他チームは二の足を踏むことが確実なためです。

しかし、仮にクオリファイングオファーが出されなければ、来季で30歳と年齢が若く、44回のセーブ機会で39回の成功(成功率88.6%)を記録したロバートソンは、クローザーのFA市場では一番人気となりそうです。

フランシスコ・ロドリゲスはキャリアが終わりつつあるとも評価されていましたが、ブルワーズで防御率3.04/44S/WHIP0.99/被打率.198と復活の兆しを見せていますので、再びFA市場で注目を集めそうです。

ラファエル・ソリアーノは、先述のとおり年俸さえ成績に見合った金額であれば、パフォーマンスが決定的に悪いわけではありませんので、複数球団が興味を示すことは確実です。

そして上原浩治ですが、シーズン中には圧倒的な投球を続けていたため、クオリファイングオファーを受ける可能性もささやかれるほどでしたが、終盤にきてスプリットが落ちないという深刻な不調に陥り、防御率2.52/26S/WHIP0.92/被打率.216にとどまりました。

そのためクオリファイングオファーを受ける可能性は100%なくなりましたので、フリーのFA選手として交渉することになります。

その上原浩治の獲得には、レッドソックスがすでに意欲を示していて、古巣であるオリオールズが、上原の家族がボルティモアに住んでいることも利用して、強力にアプローチしてくることが予想されていて、来季もメジャーでその姿を見ることができそうです。

残りのクローザーではケイシー・ジャンセンはクローザー価格でオファーを受けそうですが、セルジオ・ロモ、ジェイソン・グリーリ、ジム・ジョンソンはあくまでもクローザーのバックアップ要員となりそうです。

FAとなるリリーフ投手(クローザーの経験ありも含む)

FAとなるリリーフ投手(クローザーの経験ありも含む)は以下のとおりとなっています。

mlb2014-fa-relief-pitchers1

このオフのFA市場でリリーフでトップ評価を受けるだろうとされているのが、レッドソックスからオリオールズに移籍したアンドリュー・ミラーです。

シーズン成績が防御率2.02/22H/奪三振103/WHIP0.80/被打率.153と素晴らしいのですが、移籍後だけの成績では23試合20.0回で防御率1.35/奪三振34/WHIP0.60で、被打率は.119、奪三振率は15.30と圧倒的な数字を残しているため、その評価はうなぎのぼりとなっています。

そのためボストン・グローブにNick Cafardoは獲得競争は3年2100万ドルがスタート地点になるだろうと予想していて、リリーフではあるものの高額契約が予想されています。

貴重な左腕であり、タイガースがすでに興味を示していて、古巣のレッドソックスも動くことが予想されていますので、リリーフではあるものの注目したいアンドリュー・ミラーです。

この他には人気を集めそうなリリーフとしては、アスレチックスからFAとなるルーク・グレガーソン(防御率2.12/22H/WHIP1.01)、カージナルスからFAとなるパット・ネシェック(防御率1.87/25H・6S/WHIP0.79)の2人で、ともに強力なセットアップとなるため、争奪戦が予想されています。

そして松坂大輔ですが、34試合83.1回/防御率3.89/奪三振78/WHIP1.34という数字を残しましたが、メッツでの起用法からも分かる通り、先発ローテ投手として契約するのは容易ではなく、リリーフ兼先発でないと契約を手にすることは難しい状況です。

今季開幕時に先発として実績がありながら、リリーフとして起用されたクリス・カプアーノやポール・マホームのように、ベテラン投手が一度、先発ローテから外れると、戻るのは容易ではありません。

ただ、マリナーズのクリス・ヤングのようにマイナー契約で、しかもメジャー契約も切り替わった後でも40日以内には破棄できるというシビアな契約で、結果を残して1年ローテを守り続けた例もあります。

メッツはチーム事情からして、松坂大輔に先発として多くのチャンスが与えてくれる状況ではありませんでしたが、シーズン開幕前のマリナーズやレンジャーズであれば、もっと多くのチャンスがありましたし、シーズン開幕後も、カブスやホワイトソックスであれば、さらに多くのチャンスがもらえていたはずです。

穴埋めではなく、ベテラン投手の力を戦力として必要とするチームであれば、チャンスがあると考えられますので、本人がメジャーにもう一度挑戦するのか、それとも日本でキャリアの最後を過ごしていくことを選ぶのか、その決断を見守りたいところです。

総括・まとめ

最後にまとめると、クローザーでは注目を集めそうなのが、デビッド・ロバートソン、フランシスコ・ロドリゲス、ラファエル・ソリアーノ、上原浩治の4人で、特にロバートソンはクオリファイングオファーがヤンキースから出されるのか注目されます。

ロバートソンへヤンキースがクオリファイングオファーをしなかった場合には、FA市場で複数チームの争奪戦になることが予想され、他のクローザーの契約にも影響をあたえることになりそうです。

そしてリリーフではアンドリュー・ミラー、ルーク・グレガーソン、パット・ネシェックの3人がトップクラスの評価を受け、特にアンドリュー・ミラーはリリーフとしては大型の契約を手にすることになりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています