【MLB2015 FA】2014年シーズン終了後にFAとなる外野手のシーズン成績と契約の動向情報

2014年シーズン終了からFA選手として、FA市場に出る選手の一覧と、2014年シーズンの成績、それに加えて簡単なFA市場での評価と予想とともに、ポジション別に何回かのシリーズとしてまとめています。

今回はその第6回で外野手編です。他のポジションについては以下の表内をリンクをクリックすれば、該当ページに飛ぶことができます。

先発投手 リリーフ 捕手 一塁・DH
二塁手 三塁手 遊撃手 外野手

続いて、2014年シーズン終了後にFAとなる選手の成績と情報です。

スポンサーリンク

2014年シーズン終了から2015年にFAとなるプレーヤーの一覧と成績

スポンサーリンク
[googlead]

2015年シーズンにFAとなる主な外野をポジションとする選手は以下のとおりとなっています。備考欄にクラブと記載している選手は、チーム側に契約更新のオプションがあることを示しています。

mlb2015-fa-out-fielders-list1

昨年はジャコビー・エルズベリーが7年1億5300万ドル、秋信守が7年1億3000万ドルで契約しましたが、そレよりは小粒な契約になることが予想されます。

外野手のトップクラス評価はネルソン・クルーズ、メルキー・カブレラか

外野手でトップクラスの評価を受けることが予想されるのがネルソン・クルーズメルキー・カブレラです。

本塁打王を獲得するなど打率.271/本塁打40/打点108/OPS.858という成績を残して、禁止薬物使用による影響の懸念を払拭するような活躍を見せたネルソン・クルーズです。

ただ、2014年は出場159試合のうち、92試合はDHで、ライトが11試合、レフトが60試合となっています。レンジャーズ時代には外野で出場を続けていましたが、年齢的にもDH併用で起用したほうが、今年のように数字がよくなる可能性が高いので、ア・リーグのチームに好まれそうです。

本人はオリオールズとの契約延長を希望していますが、現実的にはオリオールズがクオリファイングオファーを出して、それをクルーズが拒否するという可能性が高い状況です。

来季で35歳になることもあり、複数年契約でも長期の契約は難しいと考えられ、3年から4年がひとつの目安となりそうです。

続いて、注目を集めそうなのが、ブルージェイズからFAとなるメルキー・カブレラです。

メルキー・カブレラは2012年に打率.346を記録するなど、実績が十分なプレーヤーではあるのですが、禁止薬物使用による出場停止処分がありましたので、そのことで2013-14年の2年1600万ドルという規模の契約を手にするだけにとどまりました。

そして2013年は88試合で打率.279/出塁率.322/長打率.360と低迷して、さらに評価を下げていました。しかし、2014年は139試合568打数で打率.301/本塁打16/打点73/OPS.809の数字を残してバウンスバックしてきました。

そして今年のオフの時点で年齢がまだ30歳と比較的若いことや、同じく禁止薬物の問題があったジョニー・ペラルタ(カージナルス/打率.263/本塁打21/打点75)とネルソン・クルーズが今季活躍したことで、禁止薬物使用の影響への懸念が軽減されたこともあり、複数球団が興味を示すことが予想されます。

すでにブルージェイズは契約延長を打診したようですが、アレックス・アンソポロスGMが「メルキー・カブレラは契約延長ではなく、FA市場で試してみたいようだ」と述べていて、FAでの争奪戦が確実です。

ブルージェイズも再契約に向けてFA選手としてメルキー・カブレラにオファーは出すようですが、5年以上の契約には慎重です。またブルージェイズはクオリファイングオファーをメルキー・カブレラに出す見込みで、そのことによる影響も注目されます。

2015年の契約オプションの行使の有無もFA市場に影響が

この2人に続く評価を受けることが予想されるのがトリー・ハンター、デナード・スパン、ニック・マーケイキスあたりとなりそうです。

タイガースからFAとなるトリー・ハンターは今季で39歳となりましたが、142試合549打数で打率.286/本塁打17/打点83/出塁率.319という数字を残しています。

本人はプレーオフ敗退が決定した直後に、引退を考えていることを口にはしたものの、翌日には現役続行を明言していますし、数字を見ても、まだまだ獲得に興味を示す球団がいる成績です。

ツインズやエンゼルス時代に比較すれば、長打力は下降していて、守備力も9年連続ゴールドグラブ賞を獲得した時のような輝きはありませんが、それでも攻守揃った外野手で、しかも貴重な右打ちの打者でもあります。

そのため、FA市場で右打ちで攻撃力のある打者が少ないという事情もあり、引き合いが多くなりそうです。

デナード・スパンは147試合610打数で打率.302/本塁打5/打点37/出塁率.355と打撃面でも期待ができる選手で、盗塁数も31個成功している上に、センターを守れる守備力の高い選手でもあります。

デナード・スパンに対してナショナルズが2015年に900万ドルで更新できるオプションを持っていて、このオプションが行使されると予想されています。

そのためデナード・スパンは、今年のFA市場というよりも、2016年のFA市場、もしくは2015年のトレード市場で名前が多く上がることになりそうです。

ニック・マーケイキスは155試合642打数で打率.276/本塁打14/打点50/OPS.728という成績を残しています。

ほぼ毎年同様の成績を残していて安定感がある選手ですが、来季に関しては1750万ドルの相互オプションがある状態です。

では、その相互オプションがすんなりと行使されるかどうか?ということなのですが、その辺りはやや不透明です。

というのも、オリオールズが相互オプションを拒否し、マーケイキスに違約金200万ドルを支払った上で、1年1500-1550万ドルと予想されているクオリファイングオファーを出すのではないかとの見方もあるためです。

相互オプションで更新した場合でも、違約金を払ってクオリファイングオファーをした場合でも、必要な金額はほぼ同額です。

しかし、マーケイキスが流出することも想定して、ドラフト指名権獲得の保険をかけたほうがオリオールズにとってメリットがあるため、クオリファイングオファーをする可能性もあります。

ただ、どちらにしても本人がオリオールズでプレーし続けたい意向があり、手にする金額も大差がないので、オリオールズで来季もプレーすることが濃厚ですが、そのプロセスはやや複雑になるかもしれません。

他のFA選手は?

ジョシュ・ウィリンガム、コルビー・ラスムス、クリス・ヤング、アレックス・リオスらと日本人プレーヤーの青木宣親、イチローあたりが、先の5人に続く評価を受けるグループとなりそうです。

このうちジョシュ・ウィリンガムは引退も検討していることを示唆している状況で、結論が出ていません。ただ、本人が現役続行を決断すれば、長打力のある右打ちの外野手が乏しいため、引き合いはありそうです。

この右打ちの外野手が欲しいチームが複数いるため、クリス・ヤング、アレックス・リオスらにも多くのチャンスはありそうです。アレックス・リオスはレンジャーズは来季に1350万ドルで更新できるチームオプションがあるものの、行使しないことが有力視されていて、FAとなることが濃厚です。

長打力の低下が目立つため、高額の契約は厳しいことが予想されますが、要求さえ落とせば契約先は見つかりそうです。

メッツからDFAとなった後、ヤンキースに拾われたクリス・ヤングは、ヤンキース移籍後に成績を向上させました。

メッツでは88試合254打数で打率.205/出塁率.283/長打率.346と低迷しましたが、ヤンキースでは23試合71打数で打率.282/出塁率.354/長打率.521/OPS.875と向上しました。

打率は低いものの年間30本塁打を記録したこともある長打力が魅力で、来季で32歳ともう少し余力が期待できる年齢でもあり、右打ちの外野手という希少価値もありますので、何かしらのメジャー契約は手にすることになりそうです。

ブルージェイズからFAとなるコルビー・ラスムスは打率.225/本塁打18/打点40という数字からもわかるように、打率は低いもののパワーは一定の評価を受けています。

ややメンタル面での不安はある選手ではありますが、センターを守れすスピードと守備力もありますし、来季で29歳と若いため、複数球団から声がかかりそうです。

あとは、ライアン・ラドウィック、デルモン・ヤング、ジョニー・ゴームスあたりまではメジャー契約を手にすることに問題はなさそうです。

イチローと青木宣親はどうなる?

イチローの2014年の成績は143試合359打数で打率.284/本塁打1/打点22/出塁率.324/OPS.66415盗塁(失敗3)

青木宣親は132試合491打数で打率.285/本塁打1/打点43/出塁率.349/OPS.709で盗塁17(失敗8)となっています。

イチローへの現地メディアの評価は、基本的には良い4番目の外野手というものです。つまり控え外野手の1番手という評価です。

高い確率で盗塁を決めることができるスピードと、衰えはしたもののまだレベルの高い守備、かつてほどではないものバットにあてるコンタクト技術は評価されています。

ただ、出塁率が低いことや長打がないことがネックとなっていて、バックアップの外野手という評価を拭うことはできていません。そこに加えて年齢とMLB各チームの状況が加わります。

青木宣親にも言えることですが、右打ちの打者は需要が比較的あるのですが、左打ちの外野手は需要が多くありませんので、イチローにとって、あまり良いFA市場ではありません。

古巣のマリナーズは左打ちの外野手がすでに満杯で、復帰できるロースターの枠があるかは微妙です。

そのため投手が打席に立ち、選手の入れ替えが多いナ・リーグのチームと、安いベースサラリーにインセンティブを厚めにした契約を結び、バッティングで3つ目のポジションを勝ち取るのが現実的な路線かと予想されます。

青木宣親は、シーズン前半の不振時には、来季の契約も危ういかと思われましたが、シーズン後半に調子を上げたことで、FA選手として価値を高めることができました。

ただ、ネックとなりそうなのが、来季が33歳になることや、打率や出塁率はほぼ横ばいも、盗塁数やOPSは年々減っていること。そして守備力はあまり評価されていないことです。

青木宣親の推移(2012-14)は以下のとおりとです。

  • 打率:.288/.287/.285
  • 本塁打:10本/8本/1本
  • 盗塁:30(失敗8)/20(失敗12)/17(失敗8)
  • 出塁率:.355/.356/.346
  • 長打率:.433/.370/.360
  • OPS:.788/.726/.709

打者有利のミラー・パークから投手有利のカウフマン・スタジアムに移った影響もあるのですが、本塁打数が激減し、長打率も低下しました。

またロイヤルズでは代走を出されたりしたのも、盗塁失敗の割合が高いのが理由です。

また、ロイヤルズに移籍後は、試合終盤に守備固めを出されてしまうのも、守備力は、控えの外野手と比較して今一歩とされているためです。

守備力をはかる指標の1つであるDWAR(Defensive wins above replacement)は-1.3と、メジャーにきて初めてマイナスになっています。

このあたりの数字の推移を、年齢による能力の低下と捉えられると厳しい評価を受ける可能性はあります。

それでも打率は2割8分半ばで安定し、出塁率は3割5分前後で高いことに加えて、オールスター後は打率.317/出塁率.377/長打率.408/OPS.785と成績が向上していますので、そのあたりで評価を逆転させたいところです。代理人の手腕が期待されます。

どちらにしても、やや数字は落ちてはいるものの、打撃、守備でもMLBレベルの水準を十分に保っていますので、契約先に困ることはなさそうです。

総括・まとめ

外野手の中でクオリファイングオファーを受ける可能性があるのが、ネルソン・クルーズ、メルキー・カブレラ、ニック・マーケイキスの3人で、そのうち実際にFA市場で争奪戦になるのは前者の2人となりそうです。

また右打ちの打てる外野手はマリナーズやロイヤルズを始めとしてニーズがあるため、契約交渉は有利にすすめることができそうです。

どちらにしても、外野手に関して言えば、昨年のエルズベリーの7年1億5300万ドルや秋信守の7年1億3000万ドルのような大型契約は難しいと予想されます。

そのため昨年オフのカルロス・ベルトランの3年4500万ドルやカーティス・グランダーソンの4年6000万ドルあたりが、目安になるのではないでしょうか。

イチローと青木宣親は、シビアに予想すると、良い契約を手にするとは考えにくいFA市場での立ち位置です。、特にイチローはタフな状況になる可能性もありますが、基本的には来季もメジャーで姿を見れる契約は手にできるのではないかと予想されます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています