【MLB2015 FA】2014年シーズン終了後にFAとなる捕手のシーズン成績と契約の動向情報

MLBでは、2014年シーズンのワールドシリーズ終了後に、シーズンオフの補強活動が本格化していくことになります。

その2014年シーズン終了からFA選手として、FA市場に出る選手の一覧と、2014年シーズンの成績、それに加えて簡単なFA市場での評価と予想とともに、ポジション別に何回かのシリーズとしてまとめています。

今回はその第1回で捕手編です。他のポジションについては以下の表内をリンクをクリックすれば、該当ページに飛ぶことができます。

先発投手 リリーフ 捕手 一塁・DH
二塁手 三塁手 遊撃手 外野手

続いて、2014年シーズン終了後にFAとなる選手の成績と情報です。

スポンサーリンク

2014年シーズン終了から2015年にFAとなるプレーヤーの一覧と成績

スポンサーリンク
[googlead]

2015年シーズンにFAとなる主な捕手は以下のとおりとなっています。備考欄にクラブと記載している選手は、チーム側に契約更新のオプションがあることを示しています。

mlb2015-fa-catchers-list1

一番人気となることが確実なのはパイレーツからFAとなるラッセル・マーティンです。

FA市場の捕手でダントツのトップ評価はラッセル・マーティン

シーズン開幕前に捕手が不安視されていたパイレーツでしたが、その不安を払拭してありあまる活躍をして、111試合379打数で、打率.290/本塁打11/打点67/出塁率.402の成績を残しました。

この打撃面で安定した結果が期待できる上に、捕手としてのディフェンス面でも優れている数字を残していて、守備面でも高く評価されています。

盗塁阻止率.385、捕手の防御率3.31というラッセル・マーティンの数字は、100試合以上出場したナ・リーグの捕手の中ではカージナルスのヤディアー・モリーナに2位となっています。

また、代わりとなるマイナーリーグの選手よりも守備面でどれだけ勝利を上積みしたかを示すdWARは2.0で、100試合に出場いsた捕手の中でナ・リーグトップになるなど、守備面で非常に優れています。

このラッセル・マーティンの活躍がパイレーツがポストシーズンに進出する大きな原動力の一つでした。そのため、パイレーツはすでにラッセル・マーティンとの再契約に意欲的です。

しかし、パイレーツは予算の規模が大きくないため、このオフの目玉選手の一人となりそうなラッセル・マーティンと合意できるかは不透明です。

現地メディアの評価ではブライアン・マッキャン(5年8500万ドル)、ヤディアー・モリーナ(5年7500万ドル)などの選手よりも、パフォーマンスが良いとされるなど、高額の契約が予想されているためです。

予算に制限のあるパイレーツで、普通に考えれば、引き止めることは容易ではないため、ラッセル・マーティンは2014年シーズンオフに複数球団での争奪戦が予想されます。

ただ、影響を与えそうなのがクオリファイングオファーによるドラフト指名権の問題です。ラッセル・マーティンはクオリファイングオファー(1年1500-1550万ドル)を受ける可能性がありますので、そのことによる影響がどのようなものになるかは注目したいポイントです。

ラッセル・マーティンに続く評価を受けるのは誰に?

そのラッセル・マーティンに続く評価を受けそうなのが、ニック・ハンドレージオバニー・ソトあたりになりそうです。

オリオールズは、マット・ウィータースが大学時代に痛めた肘の故障のためトミー・ジョン手術を受けて離脱しました。その穴を埋めるためにパドレスからニック・ハンドレーをシーズン途中にオリオールズが獲得しました。

そのニック・ハンドレーは、カレブ・ジョゼフとの併用ではありましたが、打率.243/本塁打6/打点22/出塁率.273という数字を残しています。

正捕手のマット・ウィータースの復帰は、2015年6月以降になる見込みで、その保険としてオリオールズが500万ドルのオプションを行使する可能性が高そうです。

そしてマット・ウィータースが問題なく復帰できれば、シーズン途中にニック・ハンドレーを交換要員としてトレードを成立させることもできますので、オリオールズにとってオプションを行使するメリットは小さくありません。

ジオバニー・ソトは、開幕から故障で出遅れ、さらに復帰後すぐに故障するなどして、レンジャーズでは試合にあまり出場できず、8月24日にはアスレチックスにトレードで移籍しました。

そしてそのソトは、アスレチックス移籍後も故障してしまうなど、フルには出場できず、結局2014年は24試合80打数で打率.250/本塁打1/打点11という成績にとどまりました。

このように今シーズンの大部分を棒にふることになった故障の問題が、来季のジオバニー・ソトの契約に影響をあたえることは間違いありません。ただ、故障がなければ攻撃面でも期待できる選手ではあることや、FA市場で捕手が豊富でない状況のため、契約先に困ることはなさそうです。

レッドソックスからFAとなるデビッド・ロスは、プロスペクトであるクリスチャン・バスケスのバックアップとして最適と評価されていて、レッドソックスが再契約のオファーをして、そこで落ち着くだろうと予想されています。

ブレーブスからFAとなるライアン・ドゥーミットは2014年は外野手としての起用がメインで捕手としては8試合になっています。そのため評価としては捕手というよりも、外野手/DHとして評価されることになるかもしれません。

A.J.ピアジンスキーはレッドソックスから自由契約となった後に、カージナルスと契約してプレーしましたが、あくまでもヤディアー・モリーナが故障離脱したための穴埋めとしての補強でした。

そのためヤディアー・モリーナが復帰しした以降は、代打としての起用にとどまり、さらにはプレーオフのディビジョン・シリーズではアクティブロースターにも入れませんでした。

A.J.ピアジンスキーはレッドソックスでjは、期待された打撃では力発揮できなかった上に、その言動も問題視されました。その上、カージナルス移籍後も30試合82打数で打率.244/本塁打1/打点6と打撃が低調なままでした。

その上に、来季で38歳となることもありA.J.ピアジンスキーにとっては、厳しいシーズンオフになりそうです。

まとめ・総括

ラッセル・マーティン以降になると一気にランクが下る捕手のFA市場となっています。

このように全体的に層が薄いためオリオールズがオプションを行使して、ニック・ハンドレーをキープする可能性は高いと考えられます。

またジョー・マウアーをファーストにコンバートして、正捕手の確保が必要だったツインズが、FAとなる予定だったカート・スズキ(打率.288/本塁打3/打点61/出塁率.345/長打率.383)と、シーズン途中に2年1200万ドルで早々に契約延長したのも、このFA市場の状況が理由でもあります。

捕手の市場では、ラッセル・マーティンが一本かぶりで、捕手で大型契約を結んだカージナルスのヤディアー・モリーナの5年(2013-17)7200万ドル、ヤンキースのブライアン・マッキャンの5年(2014-18)8500万ドル、ミゲル・モンテロの6年(2012-17)6590万ドルらを超えてくるのかは、1つの焦点となりそうです。

またこのような捕手のFA市場のため、捕手が余っているチームへのトレードの打診が多くなりそうな、2014年シーズンオフの捕手の補強動向となりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています