【MLBラウンドアップ】2017年4月13日のメジャーリーグ最新情報

■ MLBラウンドアップ – 2017年4月13日

  1. ナショナルリーグの最新情報
  2. アメリカンリーグの最新情報

ナショナルリーグの最新情報

スポンサードリンク

ナショナルリーグの最新情報は以下のとおりとなっています。なお、情報は一日が終わるまで随時追加していきます。

  • フィリーズの地元メディアであるPhilly.comによると。フィラデルフィア・フィリーズのクレイ・バックホルツが右腕の検査の結果、肘と前腕をつなぐ屈筋と回内筋に断裂があることが判明。今後の治療についてセカンドオピニオンをもらうためアンドリュー・ジョーンズ氏を訪れることに。フィリーズはシーズン中のトレード要員とすることを織り込んで、1年1300万ドルのバックホルツを獲得も、この動きは絶望的に。またバックホルツの今季中の復帰も怪しくなり、プロキャリア事態も危機に瀕することに。
  • ドジャースはハムストリングを痛めて11日の試合で途中交代したフランクリン・グティエレスを10日間の故障者リストに。代わってトレイス・トンプソンが3Aから昇格。昇格してすぐの水曜日には先発しないものの、土曜日はスターティングメンバーに入る予定。大腿四頭筋を痛めたジャスティン・ターナーは先発は外れるものの代打では出場できる状態。
  • ダイヤモンドバックスのタイファン・ウォーカーのファーストボールを頭部に受けたバスター・ポージーは、順調に回復し、すでに良い状態に戻ってきていることをブルース・ボウチー監督がメディアに明かす。脳しんとうによる7日間の故障者リストに入っているものの、最短で戻ってくる可能性も。
  • マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントンが8試合30打席目に今季初本塁打。初本塁打の動画です。角度は36度、飛距離は397フィート(121メートル)。

アメリカンリーグの最新情報

スポンサーリンク

アメリカンリーグの最新情報は以下のとおりとなっています。なお、情報は一日が終わるまで随時追加していきます。

  • レンジャーズはニック・マルティネスをメジャーに昇格させる。ブルペンで起用される可能性が高いものの、日曜日のマリナーズ戦に先発する可能性も。今後の起用法は流動的。
  • レンジャーズはクローザーのサム・ダイソンが不調で、ブルペン陣を再編成することに。しかし、クローザー候補のマット・ブッシュも右肩に不安を抱えるため、検討が必要に。詳しくは「レンジャーズはリリーフ陣再編が急務に!バーネットがクローザー、セットアップに昇格も」にまとめています。
  • ESPNのScott Lauber氏によると、左肘の痛みから復帰を目指してリハビリ中の、デビッド・プライスがブルペンで35球を投げる。ただ、ファーストボールのみで、カーブはまだ投げていないとのこと。ブレーキングボールは一般的に肘の痛みにつながりやすいとかんがえられているためで、今はまだ筋肉を強化する段階のため。
  • デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラの開幕からの不調が続く、8試合28打席で、ヒットは僅かに3本で、長打は1本もなし。打率.107/出塁率.242/長打率.107/OPS.350、本塁打、打点ともになし。
  • ヤンキースのブレット・ガードナーがレイズ戦でリッキー・ウィークスと激突し、アゴにスリ傷、肩を痛めて途中交代。打率.258/出塁率.343/長打率.323/OPS.665と打撃はイマイチも、盗塁を5回試みて5回成功とリードオフマンとしてチームを牽引しています。

    以下はその際の動画です。

  • インディアンスのマスコットキャラクターであり、帽子のキャップにも使用されている「ワフー酋長のロゴ」を、人種差別的な観点から議論の元となっていました。そのロゴを段階的に使用しないようにすることを、MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏がインディアンスに求めていく姿勢であることを、CBSスポーツが伝えています。
  • エンゼルスはリリーフのアンドリュー・ベイリーを右肩の炎症により10日間の故障者リストに。
  • デトロイト・タイガースがジェームズ・ローニーとマイナー契約で合意。
  • マリナーズは先発ローテをヘルナンデス、岩隈、パクストン、ミランダ、ガヤルドの順で回していたのを、左腕が連続して先発しないように、ヘルナンデス、パクストン、岩隈、ミランダ、ガヤルドに編成し直すことに。それにともない岩隈の先発のスケジュールも後ろに。最新の先発予定は「日本人メジャリーガー最新情報」に。
  • ふくらはぎを痛めていたブルージェイズのジョシュ・ドナルドソンが戦列に復帰も、出場は指名打者に。指名打者を務めていたケンドリス・モラレスは一塁守備につくラインナップに。中軸の一人であるラッセル・マーティンは開幕から24打席無安打と不振のため打線の起爆剤となることが期待される。
  • マリナーズの故障者リストに入っているリリーフのトニー・ザックとスティーブ・シシェックの復帰が近づいていることをタコマニューストリビューンが伝えています。トニー・ザックは、シュミレイティッド・ゲームを経て、アクティブロースターに入れる段階に。もう1度マイナーで投げた後に昇格する見込み。シシェックはすでにエクステンデッド・スプリングトレーニングに投げていて、間もなくマイナーで登板する見込み。ブルペンの防御率が6.91と不安定なため、復帰が期待される状況。
  • レッドソックスの先発スティーブン・ライトが炎上。オリオールズ打線が爆発。1回1/3で本塁打4本を浴びせて、大量8点を奪い、ライトをノックアウト。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ