2014年に契約延長の可能性があるMLB選手一覧

スポンサーリンク

クレイトン・カーショーをはじめ大型契約が予想される選手が多数

この2014年に契約を延長が予想されている選手が数多くいます。チームにとっては、年齢が若くチームの主力となる選手を長期間にわたってチームにとどめることができます。また、FAや年俸調停で、年俸が高騰する前に、長期契約を結ぶことで、年俸を抑制する効果もあります。

その一方で、長期契約を結んだ後に、成績を落としてしたり、故障でプレーできなくなり、何のための長期契約だったか、わからなくなるケースも少なくありません。

そのリスクはあるものの、長期契約のメリットのほうが大きいと予想される選手には、大型の長期契約がオファーされることになります。

すでにクレイトン・カーショーには10年3億ドルがオファーされたとも言われています。他にもマックス・シャーザージョーダン・ジマーマンなども名前が上がっています。

それらの契約延長が噂される選手をまとめてみました。

ア・リーグで2014年に契約延長が予想されている選手の一覧

年齢は2013年のシーズンのものとなっています。FAの欄は2015年と記載している場合は、2014年までは契約があり、2015年は契約がない状態を指しています。そのため2015年と記載している選手は2014年シーズンオフにはFAとなります。ア・リーグのチームに所属する選手で契約延長が予想されている選手の一覧です。

ア・リーグ2014年契約延長候補リスト

2012年のサイヤング賞投手であるデビッド・プライスはトレードされた場合でも特定球団を除いて、契約を延長することに応じる姿勢を見せています。そして2013年のサイヤング賞投手のマックス・シャーザーもタイガースが延長交渉する可能性を示唆しています。特にマックス・シャーザーは2014年オフにFAとなりますので、より注目が集まっています。

また、ヤンキースの新守護神が予定されているデビッド・ロバートソン、トレードの噂が絶えないブレット・ガードナーもともに、2014年シーズンオフにはFAとなりますので、延長交渉が行われるか注目したい選手です。

そしてインディアンスのエースであるジャスティン・マスターソン、ブルージェイズのコルビー・ラスムスなどもFAになれば多くの人気を集めるプレーヤーなので、この2人も注目です。

ナ・リーグで2014年に契約延長が予想されている選手の一覧

年齢は2013年のシーズンのものとなっています。FAの欄は2015年と記載している場合は、2014年までは契約があり、2015年は契約がない状態を指しています。そのため2015年と記載している選手は2014年シーズンオフにはFAとなります。ナ・リーグのチームに所属する選手で契約延長が予想されている選手の一覧です。

ナ・リーグ2014年契約延長候補リスト

ナ・リーグは何と言ってもクレイトン・カーショーです。本人はドジャースとの終身契約に近いものを望んでいるので、ドジャースで落ち着くことは間違いなさそうなので、後は契約の規模と年数となりそうです。

ナ・リーグでは2014年オフにFAとなるのではありませんが、ナショナルズはジョーダン・ジマーマンの延長交渉に力を注ぐと言われています。

また、FAまではまだ時間があるのですが、MLBを代表する剛腕クローザーのクレイグ・キンブレルとアロルディス・チャップマンの長期契約も話がチラホラと出ています。

ただ、キンブレルに関してはトレードされた先で結ぶことになるのではとの観測もあります。年俸調停権を手にして年俸が高騰していくのが確実で、記録となる年俸調停も予測されるほどです。

3年間で138セーブを上げ、特に2012年には62.2回で116奪三振・防御率1.01・WHIP0.65で>奪三振率は16.66というすさまじい成績を残し、2013年も好成績で終えています。そのため>調停で年俸高騰は必至の状況です。そのためブレーブスがトレードに出してしまうのではとの憶測が流れています。延長交渉とともに注目したい動きです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています