マイク・トラウトが12年4億3200万ドルで契約延長!史上最高額を大幅に更新

2018-19シーズンオフはマニー・マチャドが10年3億ドル、ブライス・ハーパーが13年3億3000万ドルで契約するなど、MLB史上最高額が更新されました。

しかし、現在のメジャーリーグにおいて最高のプレイヤーと言って差し支えのないマイク・トラウトが、これらを大幅に上回る契約延長を結びました。

スポンサーリンク

MLB最高のプレイヤーが史上最高額で契約延長

ESPNのジェフ・パッサン氏が以下のように伝えています。

Star center fielder Mike Trout and the Los Angeles Angels are finalizing the largest contract in professional sports history, a 12-year deal worth more than $430 million that will smash previous records and could keep the greatest player of his generation with the Angels for the remainder of his career, sources familiar with the deal told ESPN on Tuesday.

契約期間は12年で、総額では4億3000万ドルに到達する契約で合意したことが伝えられています。

ただ、この12年という契約は、現行の6年1億4450万ドルの残っている部分を合算したものとなります。

マイク・トラウトは2015年から2020年までの6年契約をすでに結んでいて、契約金の分割支払いと年俸を合算すると2019年と2020年はいずれも3400万ドルを手にすることになっています。

今回の延長は、その2年に付け加えて2021年から2030年までの契約を保証することになります。

契約延長の部分だけを切り取ると2021年からの10年3億6000万ドル超という条件で、契約を破棄していフリーエージェントを選択できるオプトアウトの権利は設定されていないと、ロサンゼルス・タイムズのビル・シャイキン氏が伝えています。

他の複数メディアの報道では、マイク・トラウトの新しい契約は、前契約の残り2年も含めて12年4億3200万ドルとなると伝えています。

契約延長部分だけでも、マイク・トラウトはMLB史上最高額の契約を手にすることになります。

これまでの契約総額はブライス・ハーパーの3億3000万ドル、それに続くのがジャンカルロ・スタントンの3億2500万ドルとなっていましたが、3億6000万ドルと大幅に更新します。

平均年俸ではザック・グレインキーの3440万ドル(6年1億4700万ドル)、ノーラン・アレナドの3250万ドル(8年2億6000万ドル)が、これまでの記録でしたが、契約延長部分だけは3600万ドル、契約全体でも3500万ドルを超え、史上最高額となりました。

またこの金額はメジャーリーグだけにとどまらず、北米プロスポーツ史上においても最高額となります。

Oklahoma City Thunder player Russell Westbrook’s contract is the largest in the NBA at $206,794,070, according to spotrac.com. Matt Ryan, with the Atlanta Falcons, signed the largest NFL contract at $150,000,000. And Alex Ovechkin’s contract with the Washington Capitals is the largest in the NHL at $124,000,000.

北米の主要プロスポーツの契約最高額は、NBAではオクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックが2億679万4070ドル、NFLではアトランタ・ファルコンズのマット・ライアンが1億5000万ドル、NHLではワシントン・キャピタルズのアレクサンドル・オベチキンの1億2400万ドルと伝えられています。

またプロボクシングではサウル・アルバレスが2018年10月17日にストリーミング配信サービスのDAZNと5年11試合3億6500万ドルの配信契約を交わしていますが、報じられているマイク・トラウトの12年4億3200万ドルはこれをも上回ることになります。

メジャーに定着した2012年からの7年間でMVP2回、MVP投票2位4回、同投票4位1回という圧倒的な実績を残し、「現役最強」というだけにとどまらず「MLB史上最強」の呼び声もあるマイク・トラウトです。

そのマイク・トラウトをつなぎとめるためにエンゼルスは史上最高額を大幅に更新する契約を提示したことになります。

ここ最近は支出を抑制気味だったエンゼルスですが、アルバート・プホルスと10年2億4000万ドル、ジョシュ・ハミルトンとは5年1億2500万ドルで契約するなど資金面は潤沢です。

加えてフォックススポーツと結んだローカル放映権の20年30億ドルという巨額の収入もあることが、MLBのスーパースターをつなぎとめることに成功した要因ともなっています。

エンゼルスはここ数年のファーム強化により、大谷翔平だけでなく、他にも期待できる若い選手が台頭しています。

エンゼルスはマイク・トラウトを軸に、大谷翔平などの若く優秀な選手で周りを固め、ワールドシリーズ制覇を目指すことになります。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています