マリナーズのディポトGMは再建を否定も・・・パクストンら主力放出の可能性は大

マリナーズはジェリー・ディポト体制に移行してから、ジャック・ズレンシック前GMの下で指名された1巡目指名の選手を次々と放出してきました。

直近10年間の1巡目指名の選手は以下のとおりとなっています。

  • 2009年:ダスティン・アクリー(全体2番目)
  • 2009年:ニック・フランクリン(全体27番目)
  • 2009年:スティーブ・バロン(全体33番目)*ラウル・イバネスの補償
  • 2010年:タイファン・ウォーカー(全体43番目)*エイドリアン・ベルトレの補償
  • 2011年:ダニー・ハルツェン(全体2番目)
  • 2012年:マイク・ズニーノ(全体3番目)
  • 2013年:D.J.ピーターソン(全体12番目)
  • 2014年:アレックス・ジャクソン(全体6番目)
  • 2015年:1巡目指名なし(QO拒否のネルソン・クルーズと契約のため)
  • 2016年:カイル・ルイス
  • 2017年:エバン・ホワイト
  • 2018年:ローガン・ギルバート(全体14番目)

2014年以前に1巡目指名した選手でマリナーズに残っているのは、マイク・ズニーノだけでした。しかし、このオフ早々のトレード成立でズニーノもトレード放出したことになります。

スポンサーリンク

主力選手の放出も辞さないジェリー・ディポトGM

YAHOO!SPOTRSのジェフ・パッサン氏は以下のようにマリナーズのシーズンオフの方向性について伝えました。

『関係者によると、マリナーズはこの冬に完全な大規模再建に移行することを検討している。トレード市場の動向が望ましいものであれば、ほぼ全ての選手のトレードに応じる姿勢だと情報筋は話している。もしそれが実行されるならば、マリナーズは優勝を争うチームを作るために数年は待つことになる』とパッサン氏は伝えました。

しかし、GMミーティングでジェリー・ディポトGMは、「それを実行するには良い選手が多くロースターにいる」と再建を完全否定し、マイク・ズニーノとマレックス・スミスを軸としてトレードを成立させました。

このことでセンターはマレックス・スミス、セカンドはディー・ゴードンという布陣が予想されることになったのですが、ディポトGMの発言からはさらに大規模な動きが予想されます。

シアトル・タイムズのラリー・ストーン氏の記事からの引用です。

It’s hard to know for sure quite yet what the Mariners’ prospective trade of catcher Mike Zunino to the Tampa Bay Rays means in the big picture, except for one thing:

Jerry is going to be Jerry.

I speak, of course, of general manager Jerry Dipoto, whose “re-imagining” of the Mariners’ roster (to use his recent phrase) is guaranteed to be aggressive and multi-faceted.

『大局的に、今回のマイク・ズニーノのトレードが意味することを確実に知ることは難しいが、一つだけハッキリと言えることは「ジェリー(ディポト)はジェリーで有り続ける」と言うことだ。』

ディポトGMはマリナーズのロースターについて、シアトル・タイムズのポッドキャストで「リ・イマジネーション(再想像)」していくと表現しています。

そのことをラリー・ストーン氏は引用した上で、『ジェリー・ディポトはアグレッシブかつ多面的に動くであろうことは保証できる。』と述べています。

一連の報道の内容を総合すると考えられるのは「大規模再建のような主力選手の放出が行われるものの、その目的は解体ではなく、2019年に勝負できるロースターに大胆に組み替える」という方向性です。

ディポトGMはマリナーズのシーズン後半の失速の原因について言及した際に、チームのカルチャーを変えていく必要性についても話しています。

マリナーズは68試合を終えた時点で44勝24敗で、ア・リーグ西地区首位に立っていました。勝率5割から20勝の貯金があり、ポストシーズン進出に...

主力選手の放出という一側面だけを見れば、ジェフ・パッサン氏が話した情報筋が見立てたように「大規模再建」と取ることもできます。

しかし、単に主力選手を放出して、ファームを充実させる再建ではなく、これまでのマリナーズのカルチャーを大胆に変えてしまうような主力選手のトレードを連発していく可能性が高そうです。

現時点で、考えられるのは主力選手と他球団の主力選手の交換トレード、もしくは主力選手を放出してプロスペクトを獲得し、そのプロスペクトを交換要員として他球団の主力選手を獲得するといったような補強です。

ラリー・ストーン氏は様々な情報や感触から、他球団が欲しがるようなエドウィン・ディアス、ミッチ・ハニガーといったような若い選手を全て放出することはないだろうと予想しています。その一方で、マリナーズのエースとなったジェームズ・パクストンのトレード放出は可能性が否定できないとも予想しています。

Paxton, for instance, is highly likely to be dealt because the market for pitchers with his potential and relatively low salary is intense. Such a trade could jump-start the Mariners’ re-imagination.

『例えば、ジェームズ・パクストンのようなポテンシャルを持ち、比較的安い年俸の投手への市場のニーズは非常に高いので、トレード放出は大いにあり得ることだ。そのようなトレードはマリナーズのリ・イマジネーションのジャンプスタートとなる可能性がある』

すでにヤンキースがジェームズ・パクストンに関心を示しているとの報道もあります。

ジェリー・ディポトGMの単に89勝を上げたチームに上積みをしていくのではなく、基礎から作り直すようなロースター編成で、2019年に勝負をかける可能性が否定できません。「リ・イマジネーション」が実際のトレード市場で、どのように具体化されるのか注目されます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています