マニー・マチャド争奪戦は3球団による最終段階に!トレード合意は間近との報道

マニー・マチャドのトレードが成立することで、マイク・ムスターカスを始めとする野手の移籍が活発化すると予想されている2018年のトレード市場です。

オールスターブレイクに入っているMLBですが、そのマニー・マチャドのトレード合意の時が近づいているようです。

スポンサーリンク

マニー・マチャドのトレード合意は間近に!

地元メディアであるMASNスポーツのロック・クバコ氏が以下のようにツイートしています。

一部メディアでオリオールズとフィリーズがマニー・マチャドのトレードで合意に達したと報じられました。それを受けてのクバコ氏のツイートです。

クバコ氏が複数の球団情報筋に確認したところ、フィリーズとオリオールズがマチャドのトレードで合意に達したという事実はなく、他にドジャースとブルワーズも交渉を継続していることが伝えられています。このツイートの時点で、どの球団とも合意に達していないようですが、いずれかの球団と合意する直前になっている(very close)という情報もクバコ氏は得たようです。

同様の情報をボルティモア・サンのエドゥアルド・エンシナ氏も伝えています。

Despite reports that the Orioles have agreed to a deal to trade Manny Machado, no agreement had been completed as of Tuesday night, according to an industry source.

Still, the Orioles are “very close” to trading Machado, the source said, with the Los Angeles Dodgers, Philadelphia Phillies and Milwaukee Brewers still in discussions with the Orioles.

エンシナ氏も一部メディアのトレード合意の報道を受けて、情報筋に確認した結果、得た情報について記事にしています。

マニー・マチャドのトレードが合意に達したという事実は確認できなかったものの、かなり合意に近づいていて(very close)、ドジャース、フィリーズ、ブルワーズの3球団と交渉を継続しているとの情報を関係者から得たようです。

クバコ氏、エンシナ氏ともにドジャース、フィリーズ、ブルワーズの3球団が交渉を継続していて、オリオールズは決断する時が近づいていることを伝えていることになります。

マニー・マチャドのトレードにはヤンキース、レッドソックス、カブスなどの球団名も言及された時期がありましたが、オリオールズが絞り込みを進めているとの情報がオールスターブレイクに入る直前に伝えられていました。

その情報のとおりに3球団に絞り込まれてトレード交渉が最終段階に入っているようです。

オールスターが終了した直後の、シーズン後半戦開幕前にマニー・マチャドのトレード成立の可能性が高まっていると考えられ、これから数日の動きから目が離せない状況です。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています