ヤンキースがトッド・フレイジャーと再契約する可能性は?契約年数と金額が焦点に

New York Yankees Top Catch

ヤンキースは先発ローテにルイス・セベリーノ、田中将大、ソニー・グレイ、CCサバシア、ジョーダン・モンゴメリーの5人に加えて、チャド・グリーン、ルイス・セッサ、チャンス・アダムス、ユスタス・シェフィールドなどバックアップの若手も豊富です。

先発ローテ5人に健康面の不安がないわけではありません。しかし、ぜいたく税を回避することが絶対的な目標となり、予算に縛りがある中では、ルーキー2人が有力候補となっている二塁と三塁が、補強ポイントとしての優先順位が高くなりつつあります。

ファンラグスポーツのジョン・ヘイマン氏が以下のように伝えています。

The Yankees seem to be considering the same quartet of infielders the Mets are considering: Todd Frazier, Neil Walker, Eduardo Nunez and Josh Harrison. Both the Yankees and Mets are looking at filling one of second base or third base.

「メッツが興味を示している4人の内野手にヤンキースも関心を示している」ようで、その選手が「トッド・フレイジャー、ニール・ウォーカー、エデュアルド・ヌニョス、ジョシュ・ハリソン」であると伝えています。

ヤンキースとメッツともに二塁と三塁が補強ポイントとなっていて、予算の制約もあるため、関心を示してる選手も重なっているようです。

この4人の選手の中ではトッド・フレイジャーが最もフィットするのではないかとヘイマン氏は伝えています。

Frazier may be the best bet for the Yankees since the Yankees seem more likely to entrust a starting spot with top infield prospect Gleyber Torres than Miguel Andujar. Plus, Yankees people loved Frazier.

「ヤンキースはミゲル・アンドゥハーに三塁のレギュラーを任せるよりも、グレイバー・トーレスに二塁を任せる可能性が高いようで、三塁と一塁をポジションとするトッド・フレイジャーの方がポジション的にマッチする」というのが、その理由です。さらに「ヤンキースの幹部たちもトッド・フレイジャーのことを気に入っている」ようです。

トッド・フレイジャーはヤンキースとの再契約にシーズンオフ当初から興味を示していました。そのことを考えれば相思相愛の仲とも言えるのですが、問題は契約年数と金額で折り合えないことです。

However, the Yankees would prefer to do a one-year deal, likely in the range of $10 million to $12 million.

「ヤンキースは1年1000万ドルから1200万ドルを受け入れてくれるのであれば再契約をしたい」と考えているようです。

2017年のトッド・フレイジャーは147試合に出場し打率.213/出塁率.344/長打率.428/OPS.772、27本塁打、76打点という成績で、WAR(Win Above Replacement:同じポジションの代替可能(控え)選手と比較してどれだけ勝利数を上積みしたかを示す)は3.0を記録しています。

FA前の2017年が年俸1200万ドルとなっていましたので、ヤンキースの望む金額と年数はトッド・フレイジャーにとっては、納得しきれないものであると考えられます。

ヤンキース移籍後は66試合で打率.222/出塁率.365/長打率.423/OPS.788、11本塁打と成績も上がっているため、ヤンキースタジアムでフルシーズンを戦えば、打撃成績の上積みがあることも期待できます。守備面では守備防御点(DRS)が両リーグ4位の+10、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)が同3位の6.7と、MLB屈指の水準です。

ミゲル・アンドゥハーは攻撃面ではメジャーで通用すると目されているものの、守備面は改善が必要とされているため、来年だけを考えればトッド・フレイジャーとの差は大きくなることが予想されます。

ブレット・ガードナー、アーロン・ジャッジ、ジャンカルロ・スタントン、ゲーリー・サンチェスらの後に、ディディ・グレゴリウス、トッド・フレイジャー、グレッグ・バード、アーロン・ヒックスが並べば、上位から下位まで一発の脅威があり、相手投手は息をつけるところがなくなってきます。

条件面で互いの折り合うところが見いだせるのか注目されます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています
スポンサーリンク