ジャコビー・エルズベリーが右脇腹を痛め離脱・・・トレード放出のハードルはさらに高く

New York Yankees Top Catch

ヤンキースのキャンプ、スプリングトレーニングの注目ポイントの一つが外野手の起用方法でした。

レフトにはブレット・ガードナーとクリント・フレイジャー、センターにはアーロン・ヒックスとジャコビー・エルズベリー、ライトにはジャンカルロ・スタントンとアーロン・ジャッジと、メジャーレベルの選手で人材がだぶついているため、どのように起用していくかに注目が集まっていました。

スポンサーリンク

ジャコビー・エルズベリーのトレード放出を試みるも失敗に終わる

ヤンキースは早々にセンターにはアーロン・ヒックス、レフトにはブレット・ガードナー、ライトと指名打者をジャンカルロ・スタントン、アーロン・ジャッジの2人で回しながら、どちらかがレフトのバックアップも務め、ジャコビー・エルズベリーがベンチ、クリント・フレイジャーが3Aになることが有力でした。

ジャコビー・エルズベリーはトレード拒否権を有しているのですが「ヤンキースのセンターフィルダーの座を奪い返す」ことに強い意欲を見せていました。

しかし、クリント・フレイジャーもメジャーで起用できるレベルに達していて、年俸総額に余裕を持たせるためにも3年6800万ドルが残るジャコビー・エルズベリーを放出したいヤンキースでしたが、半分を負担する姿勢でもトレード相手が見つかりませんでした。

ニューヨーク・ヤンキースがジャンカルロ・スタントンのトレードを発表する会見を現地の12月11日月曜日におこなる予定であると報じられて...
ヤンキースはジャンカルロ・スタントンを獲得するもスターリン・カストロの放出により年俸負担を軽減し、さらに1300万ドルのチェイス・ヘ...

そのためヤンキースはジャコビー・エルズベリーにセンターだけでなく、レフトを守る練習を開始させていました。

ジャコビー・エルズベリーの希望は承知しているヤンキース首脳陣ですが、明確にバックアップ要員でしかないことを間接的に伝えられたことになるのですが、そこに自身で追い打ちをかけてしまいました。

ジャコビー・エルズベリーは3月2日の試合前の打撃練習中に右脇腹に痛みを訴えたことが伝えられています。

ニュージャージー・アドバンス・メディアのランディ・ミラー氏が以下のように伝えています。

Jacoby Ellsbury felt pain in his right side after batting practice before Friday’s 3-0 loss to the Braves at George M. Steinbrenner Field.

He told coaches about it and saw a doctor, who diagnosed him with a right oblique strain.

ジャコビー・エルズベリーはオープン戦では10打数1安打と結果が出ていない状態でした。3月1日の試合終了時点では痛みを訴えるようなことはなかったため、3月2日のウォームアップもしくは打撃練習中に痛めたものと見られています。

ヤンキースとしてはスプリングトレーニングで結果を出してもらって、トレード獲得に興味を持ってくれる球団が現れることが理想的なシナリオでしたが、低調な滑り出しと故障により、その希望がかなう可能性はかなり低くなったと言えそうです。

ジャコビー・エルズベリーは走攻守の3つが揃っているというのが強みの選手でしたが、センターフィールダーとしての2017年の守備防御点(DRS)は-3、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)は-3.7と平均以下に落ちていました。

元々肩が強い方ではないにも守備範囲が狭くなってきたことが影響しています。そのためセンターは厳しくなっていたのですが、レフトであれば平均を上回るか、少なくとも平均レベルになると考えられました。

配置転換することがプラスに働いて、市場価値を高めることになり、トレード相手が見つかる可能性もありました。

しかし、故障がちな選手として知られているところに、あらためて健康面に不安があるところ見せてしまいましたので、34歳から36歳の3年間を欲しがる球団を見つけるのは至難の業となりました。

ヤンキースは1年半で3000万ドルの負担が残るアレックス・ロドリゲスを戦力外としました。しかし、さすがに3年6800万ドルは巨額すぎるため、リリースを決断することは容易ではないものと考えられます。

クリント・フレイジャーが脳しんとうの影響で調整が遅れることになったため、外野の混雑は緩和されています。ただ、このままでは3年から2年にわたり、ロースターの枠を一つ埋めてしまうエルズベリーの処遇はヤンキースの悩みのタネとなりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています