岩隈久志とマリナーズの再契約の内容は?最大で3年総額4750万ドル(約57億円)に

Seattle Mariners Top Catch

思わぬかたちでドジャースとの契約が暗礁に乗り上げてしまった岩隈久志でしたが、素早く古巣のシアトル・マリナーズが新たなオファーを提示してくれ、事なきを得ました。

ただ、気になるのは1年契約+2年のオプションという合意の中身と、契約の金額設定などです。

スポンサーリンク

岩隈久志のマリナーズとの契約の中身は?

様々な報道を総合していくと、岩隈久志の契約内容は以下の様なものとなっています。

岩隈久志のマリナーズとの契約は2016年が契約金100万ドルに、年俸1000万ドルで、2017年は基本的にはチームオプションで年俸1000万ドル、破棄する場合は100万ドルを岩隈に支払うことになります。

ただし、2017年は岩隈が162イニング以上投げることができた場合には、1400万ドルで自動更新されるオプションに切り替わります。

2018年は自動更新オプションのみが設定されていて、2018年に162イニング以上、もしくは2016-2017年の2年間で324イニングを投げた場合に、1500万ドルで更新されることになります。

さらに毎年最大で250万ドルに達する出来高が設定されています。

150イニングに到達すすると50万ドル、160イニングで100万ドル、170イニングで150万ドル、180イニングで200万ドル、190イニング以上で250万ドルとなります。

また今回の契約は全球団へのトレード拒否権が設定されていて、マリナーズは岩隈久志の承諾なしにトレードに出すことができない条件がつけられています。

以下の契約の内容をまとめると以下の表のとおりとなります。

2016年 最大で1年1350万ドル
・契約金100万ドル
・年俸1000万ドル+出来高250万ドル
2017年 最大で1年1650万ドル
チームオプション:1000万ドル+出来高250万ドル
(破棄した場合は100万ドルのバイアウト)
or
自動更新オプション:1400万ドル+出来高250万ドル
(2016年に162イニングに到達すると自動更新)
2018年 最大で1年1750万ドル
自動更新オプション:1500万ドル+出来高250万ドル
(2017年に162イニング or 2016-17の2年間で324イニングに到達すると自動更新)

ドジャースと破談した岩隈久志にとってもフェアな契約に

インセンティブも含めると最大で3年4750万ドルとなり、ドジャースと合意していた3年4500万ドルを上回ることも可能な設定となっています。

また健康で、かつローテから外されるほどの低パフォーマンスに陥らずに、毎シーズン全て規定投球回数に到達できれば、2016年に1200万ドル(契約金100万ドル+年俸1000万ドル+出来高100万ドル)、2017年に1500万ドル(年俸1400万ドル+出来高100万ドル)、2018年に1600万ドル(年俸1400万ドル+出来高100万ドル)となり、3年4300万ドルは手にできることになります。

メジャー4年間での岩隈の投球回数の平均が163イニング(125.1/219.2/179.0/129.2)となっています。

特に1年目はリリーフ兼任での数字ですし、3年目も4月を完全に棒に振ってのイニング数のため、極端に厳しい設定ではないフェアなインセンティブ、自動更新オプションとなっています。

トレード拒否権が設定されているため、完全にトレードを拒否することもできますし、移籍先のチームと交渉して翌年の契約を保証させた上でトレードを承諾することも可能となります。

クオリファイング・オファーを拒否しているため、獲得するチームがドラフト指名権を失う問題がある上に、フィジカルチェックによる健康面への不安があるというイメージがつきましたので、複数年契約を提示するチームはいないと言える状況では、かなり良い契約条件と言えそうです。

マリナーズ側の観点から見ると岩隈に保証している金額は1200万ドル(契約金+2016年年俸+2017年バイアウト)のみで、仮に故障などが起こっても、許容範囲の金額となりますので、リスクは小さくなりました。

そして2016年に故障や体調不良で長期離脱しても、2017年も必要とだと判断した場合は1000万ドルで更新できる選択権をマリナーズは持っていることになります。

また投球イニングにインセンティブを設定しておくことは、岩隈久志のベストパフォーマンスを引き出すための1つのモーチベーションアップにつながる可能性もあります

接戦でチームがリードし、投球数が少ない状態でもあっさりと降板してしまい、チームが逆転負けをすることが少なくなかった岩隈久志の登板時でした。

このことを考えると、投球イニングによるインセンティブは、マリナーズにとってもメリットとなる可能性があります。

健康で一定のパフォーマンスを発揮し続けるという条件はついているものの、おかれていた状況を考えれば、全球団のトレード拒否権などマリナーズの岩隈久志への配慮も感じるものとなっていますので、両者にとって良い契約合意ではないかと考えられます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています