イチローと青木宣親の状況は厳しく・・・レッズがマーロン・バードを獲得し、オリオールズはコルビー・ラスムスに急接近

イチローと青木宣親に興味を示していたシンシナティ・レッズとボルティモア・オリオールズに動きが出てて、日本が誇るヒットメーカー2人が、さらにむずかしい立場に追い込まれることになりました。

レフトを守れる外野手を補強ポイントとしてきたシンシナティ・レッズが、フィラデルフィア・フィリーズからマーロン・バード外野手を獲得しました。

また、同じくレフトの左打ちの外野手を必要としてきたボルティモア・オリオールズですが、コルビー・ラスムスに急接近し、1週間以内に合意に達する可能性が浮上しています。

スポンサーリンク

レッズはマーロン・バード獲得で外野の3人が固まることに

スポンサーリンク
[googlead]

マーロン・バードは37歳の右打ちの外野手ですが、2014年シーズンに打率.264/本塁打25/打点85/出塁率.312/長打率.445という数字を残していました。

バードの残る契約は2015年が800万ドルで、2016年は2015年に550打席に到達した時に800万ドルの契約が有効になり、打席数が満たない場合はチームオプションになるというリーズナブルな内容ですが、フィリーズが再建モードに移行したこともあり、トレード候補となっていました。

マーロン・バードの25本塁打は両リーグの外野手全体で7番目、打点85は10番目と上位で、守備面でもDRSが+6、UZRが+3.8と良い数字で、平均以上の守備力も維持しています。

【用語】

  • 守備防御点(DRS):同じポジションの平均的な野手と比較して、守備でどれだけ失点を防いだかを示す指標。
  • アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR):同一リーグの同じポジションの平均的な選手と比較して、守備でどれだけの失点を防いだかを示す指標。
  • DRSとUZRの評価基準:ゴールドグラブ級(+15)、優秀(+10)、平均以上(+5)、平均(0)、平均以下(-5)、悪い(-10)、非常に悪い(-15)

レフトの守備は2010年以降で13イニングしか守っていないことが懸念はされますが、2013年までセンターを守ることができいる上に、2014年のパフォーマンスも良いため、アジャストするのは難しく無いと予想され、レッズにとっては大きなプラスとなりそうです。

外野手を補強ポイントとしているチームのうち、シンシナティ・レッズは唯一レギュラーの外野手を探していましたが、ジェイ・ブルーズ、ビリー・ハミルトン、マーロン・バードとそろうことになりました。

これでレッズのニーズも控えのバックアップ要員程度のものとなり、イチローと青木宣親ともに故障者がでない限り、レッズでレギュラーとして迎えられることは、ほぼなくなりました。

オリオールズとコルビー・ラスムスが1週間以内に合意する可能性が浮上

ネルソン・クルーズとニック・マーケイキスをFAで失ったため、外野手を補強したい状況のボルティモア・オリオールズです。

外野を守れるデルモン・ヤングと再契約したものの、守備力には難があり、あくまでも指名打者としての起用がメインで、万が一のための外野控えという位置づけものでした。

オリオールズはセンターにアダム・ジョーンズが固定され、ライトには現時点では2014年にブレイクしたスティーブ・ピアースもしくはデビッド・ラフが起用される見込みです。

さらにアレハンドロ・デアザや若い有望株の選手が外野には控えているのですが、左打ちの外野手をもう一人加えることに意欲的で、オリオールズはトレードとFAで獲得を目指していました。

そして、ここにきてバック・ショーウォルター監督が、数日中(2015年1月1日現在)にコルビー・ラスムスの自宅に訪れて、面談の機会をもつようだと、複数の地元メディアが報じています。

バック・ショーウォルター監督はクラブハウスの調和を重視していて、過去に問題があったとされる選手を獲得する場合には、面接を行って人間性をチェックし、チームにフィットするかどうかを判断しています。

昨年であればネルソン・クルーズとデルモン・ヤングの2人が同じようなプロセスの末に、契約に至っています。

コルビー・ラスムスは、ドラフト1巡目指名されたその能力を十分に発揮できていないと考えられていると同時に、クラブハウスでの態度も素晴らしくはないとされているため、契約交渉を本格化する前に、面談を行うようです。

オリオールズは金額提示はしていないようですが、コルビー・ラスムスはすでにオリオールズと契約したい希望を持っているようだと、複数のメディアが報じています。

コルビー・ラスムスはキャリアの中で3回20本塁打を記録するなど長打力があるのですが、2014年は打率.225/本塁打18/打点40/出塁率.287/長打率.448と期待外れに終わりました。

契約の規模は1年500万ドルから800万ドル程度になると見込まれていて、オリオールズにとってもリーズナブルです。またコルビー・ラスムスにとっても、1年800万ドルで契約し、本塁打王を獲得することで4年5700万ドルを手にしたネルソン・クルーズのケースと同様に、自分の価値を高めるチャンスを手にすることができます。

このような状況のため、ショーウォルター監督のゴーサインが出れば、面談後まもなく合意できると見られていて、現時点では青木宣親とイチローにとって不利な状況になりつつあります。

オリオールズは終始、青木宣親とイチローよりもコルビー・ラスムスの方に強く関心を持っていましたし、基本的に1年契約での補強をのぞんでいるため、関心を持っている青木とイチローの2人のうち、単年ですむイチローにより興味を示していました。

コルビー・ラスムスの話がこのまま進んだ場合には、青木とイチローはオリオールズの補強リストから外れることが濃厚です。

仮にコルビー・ラスムスの話が進まなかった場合には、再度、この2人にもチャンスが生まれると考えられますが、その場合でも青木宣親とイチローともに複数年を手にすることは難しくなりそうな情勢です。

バックアップレベルの外野手を必要とするチームが残る程度に

外野手を補強ポイントとしてきたチームのうち、マリナーズはセス・スミスを獲得したことで、完全に可能性が消えました。そしてバックアップの外野手を必要としていたカブスも、クリス・デノーフィアと合意したことで、可能性が低くなりました。

残っているのはレフトのプラトーン要員を探しているジャイアンツくらいですが、ブライアン・セイビアンGMは「残っているFAの外野手には好印象を抱いていないため、トレードで補強を模索している」と地元メディアが報じていて、現状では厳しいものがあります。

さらにパドレスは外野手の整理がセス・スミスのトレードで一区切りとなりましたが、まだメジャーレベルの選手を抱えていますし、シェーン・ビクトリーノ、アレン・クレイグ、ジャッキー・ブラッドリー・ジュニアを抱えるレッドソックス、カール・クロフォードとアンドレ・イーシアを抱えるドジャースの2球団は、まだ外野手がだぶついています。

さらにホワイトソックスはダヤン・ビシエド、インディアンスはデビッド・マーフィーなどの外野手がトレードの交換要員となっている状況です。

仮にジャイアンツがトレードで補強した場合には、青木宣親は外野手4番手以降としての契約になることが濃厚で、イチローはスプリングトレーニングは招待選手として参加できるマイナー契約、もしくはスプリングトレーニング中に外野の故障者が出たチームに滑りこむようなかたちになる確率が高まります。

以前にMLBのトレードとFA市場の外野手についてまとめましたが、その時よりも状況は厳しくなっています。

4番手扱い、1年契約であっても、メジャー契約であれば飛びついて、その後、チーム内の競争に勝ってレギュラーを奪い取り、さらに2015年に3割を打つくらいのことをしないと、メジャーでプレーし続けることも容易ではなくなりつつあります。

日本の誇るヒットメーカー2人が、チャンスを掴んでくれることを心から願っています。