SFジャイアンツがジェフ・サマージャと5年9000万ドルで合意!先発投手と外野手のさらなる補強は続行

San Francisco Top Catch

先発ローテからティム・ハドソン、ティム・リンスカム、ライアン・ボーグルソンらを失ったサンフランシスコ・ジャイアンツにとって、先発投手の補強はこのオフの最優先課題となっていました。

そのトップターゲットがザック・グレインキーだったのですが、その争奪戦に敗れた翌日にFA市場での補強に成功しました。

シカゴ・ホワイトソックスからFAとなっていたジェフ・サマージャとの契約合意したと複数メディアが報じています。

スポンサーリンク

2016年の年俸を抑えて2017年以降を厚くする契約内容に

Yahoo!SPORTSなど全米メディアでライターを務めるティム・ブラウンが5年9000万ドルで契約合意したとツイートしています。

年平均1800万ドルという規模となるのですが、均等に割り振られてはいないようです。その割り振りについてサンフランシスコ・クロニクルのHenry Schulmanが以下のようにツイートしています。

この内容をまとめる以下のようなものとなります。

  • 2016年(31歳):契約金300万ドル/年俸900万ドル(合計1200万ドル)
  • 2017年(32歳):契約金150万ドル/年俸1800万ドル(合計1950万ドル)
  • 2018年(33歳):契約金150万ドル/年俸1800万ドル(合計1950万ドル)
  • 2019年(34歳):契約金150万ドル/年俸1800万ドル(合計1950万ドル)
  • 2020年(35歳):契約金150万ドル/年俸1800万ドル(合計1950万ドル)

契約金にあたる部分が合計900万ドルで、これが分割されています。

サンフランシスコ・ジャイアンツはジェフ・サマージャの獲得前の時点で1億1591万1110ドルが確定していますが、2017年にはジェイク・ピービ(1500万ドル)とアンヘル・パガン(1125万ドル)、セルジオ・ロモ(900万ドル)らがFAとなることもあり、6161万ドルしか確定分でありません。

さらに2018年はマット・ケインの契約が終了し、バスター・ポージー、ハンター・ペンス、ブランドン・クロフォードの契約しか残りませんので、4508万ドルとさらに確定分が減ります。

2016年までは複数年契約が多く重なっているのですが、それ以降に関しては余裕があるため、2016年の年俸などを圧縮し、2017年以降の4年間の金額を大きくする配分にしたと考えられます。

USA TODAYのボブ・ナイチンゲールによるとジェフ・サマージャはザック・グレインキーと同様にサンフランシスコ・ジャイアンツとの争奪戦になったようです。

カージナルスも関心を示していたようですが、ジャイアンツとドジャースがファイナリストとなり、ジャイアンツが競り勝ったようです。

サンフランシスコ・ジャイアンツの次なるターゲットは?

このジェフ・サマージャの獲得によりサンフランシスコ・ジャイアンツの先発ローテの編成は以下のようになりました。

  1. マディソン・バムガーナー
  2. ジェフ・サマージャ
  3. ジェイク・ピービ
  4. マット・ケイン
  5. クリス・ヘストン

マット・ケインが健康であれば、バムガーナー、サマージャとの強力なNO.1-3を形成できるのですが、フルシーズンを投げ切れるかに不安がありますし、そもそも以前のようなパフォーマンスが期待できるか不透明です。

さらには2015年後半に失速してしまったクリス・ヘストンらを現時点では組み込む状態で、いまだに先発ローテの後半が手薄な編成です。

そのためジェフ・サマージャとの契約合意後もFA市場で他の先発投手に興味を示しているようです。

ESPNのバスター・オルニーによると、サンフランシスコ・ジャイアンツはジェフ・サマージャとの契約合意後も、依然としてマイク・リークに関心を示し続けているようです。

そしてFOXスポーツのケン・ローゼンタールによるとリークだけでなく岩隈久志にも関心を示しているようです。

岩隈久志に関してはドジャースが興味を示しているとの情報がありますので、マリナーズも含めて争奪戦になっている可能性がありそうです。

そして動きは投手だけにとどまりません。

ケン・ローゼンタールによるとベン・ゾブリストがジャイアンツのフロント陣と会う予定になっていると伝えています。

またUSA TODAYのボブ・ナイチンゲールによるとジャスティン・アップトン、ヨエニス・セスペデスにも関心を寄せているとのことです。

サンフランシスコ・ジャイアンツのオフの補強はかなりアクティブで、大型契約も辞さない姿勢が明確となっていますので、ウインターミーティングに向けて動向が注目されます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています