【MLB2016 FA】1580万ドルのクオリファイングオファーの提示期限に!提示されたFA選手は誰?

アメリカの現地時間の11月6日の金曜日が2015年のクオリファイングオファーの提示期限となっているため、各球団がその最終決断を下しています。

2013年の設定金額は1330万ドルで9人に、2014年は1410万ドルで13人に、2015年は1530万ドルで12人にそれぞれ提示され、いまだそれを受諾して契約したFA選手はいません。

クオリファイング・オファーの金額はメジャーリーグの年俸上位125名の平均金額で設定されるのですが、年を追う毎に平均年俸が上がっていますので、2016年はさらに設定金額が上昇し1580万ドルとなっています。

そのクオリファイングオファーを受けた選手をこのページではまとめています。

スポンサーリンク

クオリファイングオファーを提示された2016FA選手の一覧

クオリファイングオファーを提示された2016FA選手は以下のとおりとなっています。

  • チェン・ウェイン(SP/オリオールズ)
  • マット・ウィータース(C/オリオールズ)
  • クリス・デービス(1B/オリオールズ)
  • ザック・グレインキー(SP/ドジャース)
  • ブレット・アンダーソン(SP/ドジャース)
  • ハウィー・ケンドリック(2B/ドジャース)
  • ジョーダン・ジマーマン(SP/ナショナルズ)
  • イアン・デズモンド(SS/ナショナルズ)
  • ジョン・ラッキー(SP/カージナルス)
  • ジェイソン・ヘイワード(OF/カージナルス)
  • イアン・ケネディ(SP/パドレス)
  • ジャスティン・アップトン(OF/パドレス)
  • マルコ・エストラダ(SP/ブルージェイズ)
  • デクスター・ファウラー(OF/カブス)
  • ヨバニ・ガヤルド(SP/レンジャーズ)
  • アレックス・ゴードン(OF/ロイヤルズ)
  • 岩隈久志(SP/マリナーズ)
  • ダニエル・マーフィー(2B・3B/メッツ)
  • コルビー・ラスマス(OF/アストロズ)
  • ジェフ・サマージャ(SP/ホワイトソックス)

過去最多となる20名の選手がクオリファイングオファーを提示されたことが報じられています。

これから7日間の間にこのクオリファイングオファーを受諾するか、拒否するかを選手たちは決断することになります。

拒否した選手と契約するチームは、元の所属球団以外は最上位のドラフト指名権を失うことになるため、そのことによってFA市場で価値が損なわれることが少なくありません。

クオリファイングオファーを提示されたなかった主要なFA選手は?

今回はオリオールズ、ドジャースの2チームがそれぞれ3人に、ナショナルズ、カージナルス、パドレスの3チームが2人にクオリファイングオファーを提示しています。

今回クオリファイングオファーを受けた選手の大部分は提示されることが予想されていたのですが、意外だったのはドジャースのハウィー・ケンドリック、ブルージェイズのマルコ・エストラダです。

今年の目玉FA選手の中では、デビッド・プライス、ジョニー・クエト、スコット・カズミアー、ベン・ゾブリスト、ヨエニス・セスペデスらはシーズン途中にトレードで移籍しているためクオリファイングオファーの対象外となっています。

クオリファイングオファーを拒否した選手を獲得する場合は、契約金額、年俸だけでなく、ドラフト指名権を失うという損失がありますので、クオリファイングオファーを受けていない選手はより有利な立場となります。

一昨年はクオリファイングオファーによりアービン・サンタナ、スティーブン・ドリュー、ケンドリス・モラレスらが、そのドラフト指名権の問題で苦しめられました。

ザック・グレインキーなどのトップクラスの選手には、ドラフト指名権の問題が大きくクローズアップされることは少ないのですが、FA市場でトップクラスではない選手たちは大きく影響を受けることになります。

まずはクオリファイングオファーをFA選手たちが受諾するのか、拒否するのか?

そしてその決断がFA市場でどのような影響を及ぼすのかが注目されます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています