2014年にフリーエージェントとなるメジャーリーガー・外野手編

スポンサーリンク

最も今シーズンオフに人材が豊富な外野手

今回は2014年にフリーエージェントとなるメジャーリーガを紹介するシリーズの6回目で、最終回となります。今日、紹介するのは外野手編です。

このシーズンオフのFA市場で人気となっている選手は、レッドソックスのJacoby Ellsbury、カブスのShin-Soo Choo、レンジャーズのNelson Cruzなどです。

大型外野手という選手ではありませんので、小粒感はあるものの、安定した実績のある選手が顔を並べてはいます。

2014年にフリーエージェントとなるメジャーリーガー外野手

今季のシーズンオフにフリーエージェントとなる主な外野手のリストは以下のとおりです。

2014年にフリーエージェントとなるメジャーリーガー外野手

レッドソックスのJacoby Ellsburyは、ヤンキースのRobinson Canoに次ぐ評価で、その次にShin-Soo Chooが評価を受けています。

他にもレンジャースのNelson Cruzや、年齢が多少高いですが、ヤンキースのCurtis GrandersonやカージナルスのCarlos Beltranなども顔を並べ、このシーズンオフでは一番豊富といえるポジションかもしれません。

Jacoby Ellsburyは、この冬の目玉の1人で、出塁率がそこそこあり、134試合で盗塁も52個、そして守備力もあるリードオフマンです。2009年には153試合で70盗塁も記録したことがありましたが、今年はそれに迫るペースで盗塁をし、まだまだ健在であることを証明しました。

代理人がスコット・ボラスということもあり、大型の契約が予想されます。2011年から7年1億4400万の大型契約を結んだCarl Crawfordをよりも上だと言い放っているので、かなり強気の契約交渉となりそうです。

レッドソックスは今シーズンの主力がFAになります。Mike Napoli、Jarrod Saltalamacchia、Stephen Drew、そしてJacoby Ellsburyです。うまくやらないと今シーズンの優勝からあっという間に転落する可能性もあります。

カブスのShin-Soo Chooは、守備力も走塁もずば抜けているわけではないのですが、バランスよく持ち合わせていて、Jacoby Ellsburyにはない長打力があるのも魅力です。そして打率が3割を大きく超えることはないものの、出塁率が高く、今シーズンは打率が.285にもかかわらず、出塁率が.423と4割を超えています。この選球眼の良さもオールラウンドのプレーヤーとしての評価を高めているようです。

Nelson Cruzは50試合の出場停止がありながらも、27本塁打で76打点をマークし、キャリアハイ(33本塁打と90打点)を塗り替えるペースでした。Nelson Cruzの出場停止が、レンジャーズの失速の原因の1つとも言われています。ただ、来年は34歳になり、薬物による影響をはかりかねる部分もありますので、そのあたりの評価が難しそうです。ただ、レンジャーズは引き留めようとしています。Nelson Cruzまで失うと、かつての強力打線は面影もない状態となってしまいそうです。

Curtis Grandersonはケガの影響と復帰後の成績が芳しくないことと、年齢を重ねたため、ヤンキースと結んだ6年4325万ドルという規模の再契約は疑問ではあります。ですが今のところ、2011年の41本塁打119打点、2012年の43本塁打106打点という実績もあり、ヤンキースがそれ相応のオファーをし、再契約という流れのようです。

Carlos Beltranはカージナルスと3年から4年の契約をのぞんでいて、基本線は残留のようです。

イチローの居場所はヤンキースにあるのか?

もしグランダーソンが再契約した場合には、イチローの来シーズンは今年以上に厳しくなりそうです。ヤンキースの外野は、ソリアーノ、ガードナー、グランダーソンと顔を揃えていますので、それらの選手が休む時に、イチローが出場というのが基本線のようです。やはりイチローのようなタイプの選手で、出塁率が低く盗塁が少ないのは致命的です。四球の少なさをヒットの数で補ってきましたが、そのヒットの数が少なくなってしまいましたので。

正直、来シーズンはトレードで他のチームに移籍するほうが良い気がします。試合に出続けたほうがよい選手なので。そうでないと2015年の契約が怪しくなってしまいます。

2013年オフシーズン・2014年のMLBのFA・トレード移籍情報

MLBのフリーエージェントやトレードによる移籍の情報を下記のページでまとめて更新しています!!
MLB-FA・トレード情報(2014)

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています