岩隈久志がドジャースと契約合意!3年契約の総額4500万ドル(55億円)に

Los Angels Dodgers Top Catch

ザック・グレインキーとジェフ・サマージャの獲得に失敗したドジャースですが、その後は岩隈久志をターゲットにしていると報じられていました。

その情報通りにドジャースは岩隈久志に積極的に働きかけていたようです。

複数の米メディアの記者・ライターがロサンゼルス・ドジャースと岩隈久志が合意したと報じています。

スポンサーリンク

岩隈久志のドジャースとの交渉経緯の速報

ESPNのジム・ボウデンが以下のようにドジャースと合意したことを速報しています。

ただ、最終的な合意はフィジカルチェックの結果待ちだとFOXスポーツのケン・ローゼンタールが伝えています。

そしてYahoo!SPORTSのジェフ・パッサンは合意できる良い状態にはなっているが、でも完全に合意はしていないとツイートしています。

また移籍情報に詳しいCBSスポーツのジョン・ヘイマンもこの両者が合意の可能性が有力だが、合意まではしていないと伝えています。

ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン記者も正式合意ではないが、岩隈久志に興味を持っていた各球団の幹部たちは、ドジャースと合意することになると強く考えていることを伝えています。

正式合意にかなり近づいているようです。

金額は不明も3年契約でドジャースと合意か

CBSスポーツのジョン・ヘイマンがドジャースと3年契約で合意したようだと伝えています。

シーズンオフ当初には3年4500万ドルが目安になるのではないかと予想されていましたが、それに近い数字となる可能性がありそうです。

単純に年平均にすると1500万ドル(18.4億円)の年俸となります。

ドジャースの補強の動きが続いているので、変わる可能性がありますが、現時点では岩隈久志はフェリックス・ヘルナンデスからクレイトン・カーショーの後を務めるNO.2となる見込みです。

マリナーズとドジャースの2チームでメジャーを代表する2人の先発投手の後を務めるという大役を担うことになりそうです。

伝えられているとおりに契約期間が3年であれば、岩隈久志は35歳から37歳となる2018年までの契約を手にしたことになります。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています