ドジャースがダルビッシュらエリート先発投手の獲得に自信!MLBネットワークのリポータが速報

Los Angels Dodgers Top Catch

トレード期限がいよいよ迫りつつある中、トレード市場の動きは一気に活発になりつつあります。

その中でも注目を集めているのは今年のトレード市場でNO.1-2の先発投手であるダルビッシュ有とアスレチックスのソニー・グレイです。

エースの力量がある投手のため、どのチームのローテーションであっても戦力アップになるということもあり、多くの球団が関心を示しているのですが、やはり優位に立っているのはファームに多くのプロスペクトを抱えているチームです。

そのためヤンキース、アストロズ、カブス、ブレーブス、ドジャースといったチームの報道が、ダルビッシュとグレイの争奪戦では多く出ることになっています。

その争奪戦の真っ只中にいると見られているドジャースがこの2人のどちらかの獲得に向けて前進しているようです。

MLBネットワークのジョン・モロシ氏が以下のようにツイートしています。

「ドジャースがダルビッシュ、ソニー・グレイ、ジャスティン・バーランダーのどれか1人を、月曜日までに獲得することに関して自信を深めている」ようです。

さらにその先発投手3人の中でもダルビッシュ、ソニー・グレイのどちらかの獲得に力を入れているようです。

同じくジョン・モロシ氏のツイートです。

ドジャースのアンドリュー・フリードマン社長は「大型の戦力補強」に否定的なコメントをメディアにはしていましたが、やはり水面下では積極的に動いていたようです。

アンドリュー・フリードマン社長は「最高の選手でロースターを編成したい」と、以前からメディアに話していましたので、現在のトレード市場の先発投手ではビッグ3とも言われる選手たちの交渉を並行して行っていても不思議ではありません。

ジャスティン・バーランダーの1年2800万ドルの年俸を吸収できる経済力があり、ソニー・グレイやダルビッシュを獲得できるだけのプロスペクトも揃っているドジャースです。

腰に不安を抱えるカーショーの負担を軽減しながら、ワールドシリーズ制覇を果すためにも、エース級が必要だとドジャースのフロント陣は判断しているようです。

レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは、ダルビッシュの放出に否定的なコメントを続けていました。しかし、今日になってリリーフのジェレミー・ジェフレス、そしてキーオン・ケラのトレード放出にも応じる姿勢であると報じられるなど、「売り手」に傾きつつある報道が流れています。

昨日のダルビッシュの炎上もさることながら、その後に出てきた投手も打たれ続けてしまいマーリンズに22点を奪われたことが、このような動きを後押ししている可能性がありそうです。

ドジャースはカーショー、マッカーシーと故障者リストに入り、ブロック・スチュワートが5番手に入る先発ローテとなっていますので、早い段階で補強できれば、それに越したことはありません。

ドジャースが大型補強に向けて前進しつつありますので、この数日の動きが注目されます。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています
スポンサーリンク