カブスがドリュー・スマイリーを獲得!2年1000万ドル+出来高で合意

Chicago Cubs Top Catch

シカゴ・カブスがシアトル・マリナーズから契約を提示されずFAとなったドリュー・スマイリーを獲得したことを発表しました。

2019年までの2年契約で合意したことが発表されています。

スポンサーリンク

2018年終盤から2019年の復帰見込みのスマイリー

ドリュー・スマイリーは2017年シーズン中にトミージョン手術を受けたため、早くても2018年中盤から終盤にかけてメジャーのマウンドに立てるかどうかというスケジュールになっています。そのため1年目の大半はリハビリに費やされるのですが、そのことを織り込んでの獲得です。

マリナーズが2016-17シーズンオフにレイズからトレードでドリュー・スマイリーを獲得しました。マイナーリーガー2人に加えて、プロスペクトのルイス・ゴハラを交換要員としてブレーブスから獲得したマレックス・スミスを即座に放出したトレードで、それなりの代償を支払っています。

2017年の先発ローテとして期待していたため、小さくない痛みをがありながらも獲得したのですが、マリナーズの一員として公式戦で投げることはありませんでした。スマイリーはスプリングトレーニングまでは順調で、WBCでも好投しました。しかし、開幕前に腕に痛み、違和感を訴えて離脱します。リハリビを継続した結果、一時は復帰に近づきましたが、最後は左肘の問題でトミージョン手術を受けて、マウンドに立つことはないままシーズンを終えています。

ドリュー・スマイリーの2017年の年俸は685万ドルでした。通常に契約を交渉していく場合には、年俸調停権を有しているため、その金額をベースとして交渉する必要がありました。それを嫌ったマリナーズは金額を抑えた2年契約で交渉したものの、スマイリーがFA市場で他のチームの話も聞きたいと希望して合意には至らず、FAとなっていました。

カブスと結んだ条件に関しては以下のように伝えられています。

保証されているのは2年1000万ドルで、これとは別に出来高で最大700万ドルが上積みされる契約で合意したとの情報を得たことを、FOXスポーツのケン・ローゼンタール氏は伝えています。

シカゴ・カブスの監督を務めるジョー・マドン、投手コーチのジム・ヒッキーはレイズ在籍時の首脳陣で、ドリュー・スマイリーにとって旧知の人物です。条件面に加えて、この2人の存在もスマイリーの決断を後押ししたと考えられます。

先発投手が補強ポイントですでにタイラー・チャットウッドを獲得していましたが、それに続く補強となりました。ただ、2018年は全く計算しないほうが無難ではありますので、引き続き先発投手の補強は継続されることが濃厚です。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています