パイレーツがクリス・アーチャーを獲得!トレード移籍最新情報

2018年夏のトレード市場の目玉の一人となっているクリス・アーチャーのトレードに関する最新動向を、トレード成立もしくはトレード期限まで、このページでアップデートしています。

スポンサーリンク

クリス・アーチャーのトレードに関する動向

クリス・アーチャーのトレードに関する動向です。記載されている日時は日本時間です。

2018年8月1日午前2時5分

ニューヨーク・ポストのジョエル・シャーマン氏は以下のように伝えています。

「もしクリス・アーチャーのトレードが成立するとしたら、その移籍先は、ほぼ間違いなくナ・リーグの球団になるだろうと関係者から聞かされている。この見解は合理的なもので、現在の有力候補はブレーブス、ブルワーズ、パイレーツの3球団だからだ」とシャーマン氏は伝えています。

2018年8月1日午前2時8分

ジ・アスレチックのジム・ボウデン氏は以下のように伝えています。

アトランタ・ブレーブスが現時点でクリス・アーチャー獲得の最有力候補となっているが、ブルワーズ、パイレーツ、ドジャースが交渉を継続しているため、情勢が変わっていく可能性があることが伝えられています。

一時は名前が上がっていたパドレスはすでに交渉からは一歩引いた状態となっていることが、MLBネットワークのジョン・モロシ氏によって伝えられていました。

ヤンキースも、7月31日に入ってからは名前が聞かれなくなっているため、争奪戦からは離脱している可能性が高そうです。

2018年8月1日午前2時32分

ジ・アスレチックのケン・ローゼンタール氏は以下のように伝えています。

ブルワーズ、ブレーブス、パイレーツがかなり積極的に動いていて、それを追うような形でドジャースなどの他球団も諦めずに交渉を継続しているようです。こちらもナ・リーグの4球団が有力候補として言及されています。

2018年8月1日午前2時43分

ファンクレドスポーツのジョン・ヘイマン氏です。

ヘイマン氏も同様にパイレーブ、ブレーブス、ブルワーズの3球団に言及し、ドジャースなどの他球団は付け加えるかたちで伝えられています。ヘイマン氏の得ている情報では、パイレーツがかなり本腰を入れて交渉しているようです。

2018年8月1日午前2時47分

MLB公式サイトのマーク・フェインサンド氏です。

「ブルワーズがクリス・アーチャーを獲得するのは道理にかなっている」と述べた後、その根拠として「ブルワーズのアシスタントGMのマット・アーノルド氏が10年にわたりレイズのフロントにいたので、アーチャーを良く知っている」ことをあげています。

2018年8月1日午前3時58分

タンパベイ・タイムズのマーク・トプキン氏による情報です。

クリス・アーチャーのトレード移籍が成立する可能性は極めて高いようで、その確率は90%と表現されています。焦点はトレードが成立するかどうかではなく、ブルワーズ、ブレーブス、パイレーツ、そしてドジャースのどの球団が相手になるのかというところに移っているとのことです。

2018年8月1日午前4時19分

ピッツバーグポストガジェット紙の記者が、パイレーツがクリス・アーチャーを獲得したことを伝えています。

2018年8月1日午前4時34分

タンパベイ・タイムズのマーク・トプキン氏による情報です。

2017年シーズン開幕前にMLB公式サイトがMLB全体のプロスペクトランキングで9位にランクしたタイラー・グラスノー投手、2017年開幕前にベースボール・アメリカが全体6位にランクした外野手のオースティン・メドウズというメジャーにステップアップしている、1年前のトッププロスペクトたちがパッケージとなっています。さらにもう1名が加わってのトレード成立とのことです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています