MLBウィーターミーティング2015の勝者と敗者は?全米大手メディアのCBSスポーツによる分析

ウィーターミーティング2015では様々な噂や情報が飛び交い、多くのトレードやFAでの契約が成立しました。

前回はMLB公式サイトによるウィーターミーティング2015の勝者8チームについての記事を紹介しました。

続いて今回は全米メディアの1つであるCBSスポーツ電子版による”ウィーターミーティング2015の勝者と敗者”について分析された記事を紹介します。

スポンサーリンク

ウィーターミーティング2015での補強動向の評価

CBSスポーツのマット・スナイダー(Matt Snyder)が2015年12月10日付の”The biggest winners and losers of the 2015 MLB Winter Meetings”という記事の中で選んだ勝者と敗者、そしてそれぞれのコメントの要約は以下のとおりとなっています。

ウィーターミーティング2015の勝者

  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス
    ザック・グレインキーとの契約合意が正式に発表され、シェルビー・ミラーをトレードで獲得。素晴らしい攻撃力と守備力に加えて、グレインキー、ミラー、パトリック・コービンという強力なトップ3スターターを揃えることになった。
  • アトランタ・ブレーブス
    シェルビー・ミラーのトレードで獲得した見返りは信じられないほど素晴らしい。2015年ドラフト1巡目全体1位で形成を逆転させるほどの可能性を持つ団ズビー・スワンソン、そして25歳で守備力に優れ打率.303、21盗塁を記録するエンダー・インシアーテを獲得した。それだけにとどまらずメジャーレベル直前のアーロン・ブレアという投手のプロスペクトまで獲得している。
  • ボストン・レッドソックス
    先週はデビッド・プライスと契約し、放出しても痛みは少ないウェイド・マイリーでカーソン・スミスを獲得できた。
  • シカゴ・カブス
    まだ中堅手が必要だが、スターリン・カストロからベン・ゾブリストに入れ替えることができたこと、安定感、選手の多用途性、出塁率を向上させることができた。そしてカストロの見返りとして獲得したウォーレンも先発とリリーフの両方ができることを考えれば、良い補強だ。
  • ヒューストン・アストロズ
    大きな動きは終盤になってからで、ケン・ジャイルズをトレードで、トニー・シップと再契約ができブルペンを強化できた。プレーオフに進出したチームが更に良くなるための準備ができた。

ウィーターミーティング2015の敗者

  • アロルディス・チャップマン
    ケンリー・ジャンセンと試合終盤を締める強力なコンビを形成するところだったが、交渉は頓挫してしまった。銃撃を含むDVの件でMLBの調査を受けている状態だ。そして仮に50試合の出場停止となると、FAとなるのが2016年シーズン終了後ではなく、2017年シーズン終了後になってしまう。ことの進展次第では、再建中のチームにとって足止めであり、彼自身も何百万ドルも損をすることになるかもしれない。この後どうなるか次第だが、現時点では彼は敗者ではないかだろうか。

  • カンザスシティ・ロイヤルズ
    外野手の市場は待ちの状態となっているが、それが続けば続くほど値段は上がり、ロイヤルズがアレックス・ゴードンと再契約することは難しくなるだろう。

  • ロサンゼルス・ドジャース
    岩隈久志との契約は良かったが、それでもまだ先発投手を必要としているし、チャップマンの獲得は突然中止になってしまった。ただ、これは現時点での一時的な評価だ。

  • セントルイス・カージナルス
    まだ大きな補強に動くことはできる。しかし、先発投手の争奪戦に敗れ続け、再契約したいジェイソン・ヘイワードの値段は上昇し続けている。ただ、ドジャースと同様に現時点での一時的な評価だ。

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ
    ジェフ・サマージャと契約した以外は補強ができていない。(同地区のライバルである)ダイヤモンドバックスは大きく改善し、ドジャースはこれから大きな動きがあると予想される。が、それはジャイアンツも同じだ。ドジャース、カージナルスと同様に現時点での一時的な評価。

    ドジャース、カージナルス、ジャイアンツの強豪3チームの補強は続く

    ドジャースはザック・グレインキー争奪戦でダイヤモンドバックスに敗れ、さらにジェフ・サマージャの争奪戦でジャイアンツに敗れた末に、岩隈久志との契約合意で、ようやく最優先課題の先発投手の補強に成功しました。

    しかし、質の良い先発投手を最低でもあと1人は必要としていて、さらにブルペン陣の強化が課題として積み残されています。

    セントルイス・カージナルスはデビッド・プライス争奪戦であと一歩のところまでいきながらもレッドソックスに敗れたため、質の高い先発投手の獲得はできていないままで、ジェイソン・ヘイワードがFAとなった後のライトの穴埋めもできていません。

    ジャイアンツはザック・グレインキー争奪戦にドジャースと同様に敗れましたが、ジェフ・サマージャ争奪戦にはドジャースに先んじることができました。

    ただ、先発投手がもう1人は確保する必要があり、マーロン・バードと青木宣親のオプションを行使せずFAとしたレフトの穴も埋めることができていません。

    このようにウィーターミーティングで十分に補強ができていませんので、この時点では敗者となるわけですが、まだFA市場に多くの選手が残っている現状では、形成を逆転させるような補強ができます。

    この3チームが必要とする先発投手は、FA市場ではジョニー・クエト、スコット・カズミアー、チェン・ウェイン、ヨバニ・ガヤルド、マイク・リーク、イアン・ケネディ、ダグ・フィスター、カイル・ローシュなどが残っています。

    そしてカージナルスとジャイアンツが必要とする外野手はジェイソン・ヘイワード、ヨエニス・セスペデス、アレックス・ゴードン、ジャスティン・アップトンらのトップクラスに、デクスター・ファウラー、デナード・スパン、ジェラルド・パーラらも控えています。

    そのためこの記事のライターであるマット・スナイダー(Matt Snyder)はこれらのチームに評価「I」(Incomplete)としていて、これからの動向で状況を好転できる可能性があると考えています。

    この3チームのフロント陣は非常に優秀で、必要な戦力を整えるためのトレードが巧みにできるチームであり、FA市場で選手を獲得できる資金力を持ち合わせています。

    シーズンオフの補強動向は序盤戦を終えて、これらの3チームを中心としながら中盤戦が展開していくことになりそうです。

  • スポンサーリンク

    フォローする

    よく読まれています