カージナルスの2017年シーズン戦力分析 – MLB30球団開幕ロースターと戦力予想

スポンサードリンク

1. 2016年シーズンの主要な成績の一覧

セントルイス・カージナルスの2016年シーズンの、打撃、守備、投手の主要な成績の一覧です。

攻撃 スタッツ(リーグ順位)
得点 779(3位)
打率 .255(9位)
出塁率 .325(6位)
長打率 .443(2位)
OPS .768(3位)
本塁打 225(1位)
盗塁 35(15位)
盗塁成功率 57%%(15位)
守備 スタッツ(リーグ順位)
UZR -26.8(11位)
DRS 4(6位)
投手 スタッツ(リーグ順位)
防御率 4.08(7位)
先発防御率 4.33(7位)
ブルペン防御率 3.62(7位)
セーブ数 38(10位)
セーブ成功率 69.09%(5位)

これまではどちらかと言えば投手力と守備力に優れ、やや得点力不足という面があったのですが、2016年はそれが逆転したシーズンとなりました。

長らくカージナルスの屋台骨を支えてきたアダム・ウェインライトに陰りが見え始め、投手陣に故障があったこと、内外野の守備力の低迷も響きました。

30本塁打以上は1人だけでしたが、20本塁打以上が6人、15本塁打以上では8人という打線全体の厚みで本塁打数がリーグトップとなっています。

2. 2016-17シーズンオフの戦力補強動向

2016-17シーズンオフの戦力補強動向の一覧は以下のとおりとなっています。

獲得/流出 選手名(ポジション)
流出 マット・ホリデー(OF)
流出 ブランドン・モス(OF)
流出 セス・メイネス(RP)
流出 ブライアン・ペーニャ(C)
流出 ジョーダン・ウォルデン(RP)
流出 ジェローム・ウィリアムズ(RP)
流出 ケンドリー・フローレス(SP)
流出 ハイメ・ガルシア(SP)
獲得 デクスター・ファウラー(OF)
獲得 ブレット・セシル(RP)
獲得 ジョン・ガント(SP)

打線では20本塁打のマット・ホリデー、28本塁打のブランドン・モスという攻撃力・長打力のある選手が抜けたのですが、守備を強化したいチームの方針もあり、大砲タイプではなく、センターを守れるデクスター・ファウラーを5年8250万ドルで獲得しています。

投手陣での大きな補強はブレット・セシルで、4年3050万ドルとクローザーではない投手としては高い金額で獲得しています。

ハイメ・ガルシアはチームオプションを行使して残したものの、早々にトレードに出され24歳の投手で先発とリリーフの両方の経験があるジョン・ガントら3人の選手を獲得しています。

3. 2017シーズン開幕時のロースター編成の予想

スポンサーリンク

セントルイス・カージナルスの2017年シーズン開幕時に予想される先発スターティングメンバー、ベンチ要員、先発ローテーション、ブルペンの編成などは以下のとおりとなっています。

【先発スターティングメンバー】

  1. デクスター・ファウラー(CF)
  2. アレドミス・ディアス(SS)
  3. マット・カーペンター(1B)
  4. スティーブン・ピスコッティ(RF)
  5. ヤディアー・モリーナ(C)
  6. ジョニー・ペラルタ(3B)
  7. コルテン・ウォン(2B)
  8. ランドル・グリチャック(LF)

【ベンチ要員】

  • エリック・フライヤー(C)
  • マット・アダムス(1B)
  • グレッグ・ガルシア(IF)
  • ジェド・ジョーコ(IF)
  • ホセ・マルティネス(OF)

セカンドには30本塁打のジェド・ジョーコがいるのですが、守備力を重視する方針が打ち出されていることもあり、コルテン・ウォンとの併用になる見込み。

カージナルスはマット・アダムスのパフォーマンスに物足りなさを感じていること、マット・カーペンターのサードの守備力に不安があるなどの理由より、カーペンターは一塁手としての出場がメインになると予想される。

センターにデクスター・ファウラーが入ることにより、昨季はセンターを守ったランドル・グリチャックをレフトにまわすことに。

【先発ローテーション】

  1. カルロス・マルティネス(右)
  2. アダム・ウェインライト(右)
  3. マイク・リーク(右)
  4. ランス・リン(右)
  5. マイケル・ワカ(右)

【ブルペン】

  • CLO:オ・スンファン(右)
  • SET:トレバー・ローゼンタール(右)
  • SET:ケビン・シーグリスト(左)
  • RP1:ブレット・セシル(左)
  • RP2:ジョナサン・ブロクストン(右)
  • RP3:マット・ボウマン(右)
  • RP4:ミゲル・ソコロビッチ(右)

【DL】

SP:アレックス・レイス(右) – 復帰は2018年

RP:ザック・デューク(左) – 復帰は2018年

RP:タイラー・ライオンズ(左) – 復帰は4月下旬か

先発ローテにはプロスペクトとして高い評価を受け、2016年にメジャーで46イニングで防御率1.57を残したアレックス・レイエスが入る予定も、トミー・ジョン手術により構想が崩れる。

このレイエスがいることもありハイメ・ガルシアの放出に踏みきっていたものの、結果として層が薄くなることに。

クローザーは今季もオ・スンファンで、前クローザーのトレバー・ローゼンタールはセットアップに。

昨年のトレード期限前に獲得したザック・デュークはトミー・ジョン手術により今季の復帰は絶望。

4. 寸評・評価

来季に向けてモゼリアックGMが課題と話していた守備は、外野は守備面での復調が2016年に見られたデクスター・ファウラー、センターを守っていたランドル・グリチャックがレフトに回ることで改善される期待ができる状況となっています。

内野においては三塁にジョニー・ペラルタもしくはジェド・ギョーコが入ること、マット・カーペンターも一塁ではある程度期待できるため、こちらも改善が期待できるものとなっています。

先発ローテに関してはカルロス・マルティネス以外にはやや不安材料が多く、アダム・ウェインライトは35歳ということもあり年齢による衰えを感じさせるところがあり、ランス・リンもトミー・ジョン手術からの復帰で、マイケル・ワカは健康面の問題がつきまとう投手です。

そのため先発ローテの層の厚さが重要になると予想されるのですが、ハイメ・ガルシアがトレードでいなくなったものの、マルコ・ゴンザレス、タイラー・ライオンズ、ジョン・ガントらが控え、プロスペクトでも2014年1巡目全体27番目指名のルーク・ウィーバー(MLB公式サイト#68)などもいるため、大きな不安はないと予想されます。

戦力のバランスもロースターの厚みもあるのですが、同地区にシカゴ・カブスという100勝に到達しようかというチームがいあるため、地区優勝のハードルはかなり高いと予想されます。

現実的には地区2位でワイルドカードを争う可能性が高い2017年シーズンになるのではないかと予想されます。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ