カージナルスもスタントンの代理人と会談!トレード交渉は最終段階へ進展

St.Louis Cardinals Top Catch

ジャンカルロ・スタントンの争奪戦はサンフランシスコ・ジャイアンツとセントルイス・カージナルスの2球団によるマッチレースの様相を呈しています。

昨日、サンフランシスコ・ジャイアンツのフロント幹部がジャンカルロ・スタントンの代理人と接触したことが報じられていましたが、それに続いてカージナルスも代理人と会談をもったようです。

スポンサードリンク

MLBネットワークのジョン・モロシ氏が以下のように伝えています。

スタントン本人ではなく、代理人とカージナルスの幹部が会談を持ったのですが、マーリンズとカージナルスの間でトレードの条件で合意したということではないと、モロシ氏は伝えています。

ただ、セントルイス・カージナルスとサンフランシスコ・ジャイアンツともに、スタントンのトレード交渉が、最終段階に達していると伝えています。

またジョン・モロシ氏はジャイアンツが会談に送り込んだメンバーも明かしています。

スポンサーリンク

以下はMLB公式サイトの記事からの引用です。

Morosi said St. Louis officials met with Stanton’s reps Friday, though the meeting did not necessarily include Stanton. A similar meeting occurred Thursday between Stanton’s representatives and senior members of the Giants’ front office, which included executive vice president of baseball operations Brian Sabean, general manager Bobby Evans and manager Bruce Bochy.

カージナルスの幹部がスタントンの代理人と会談をもったのが金曜日で、そこにスタントン本人が同席するということはなかったようです。

ジャイアンツは木曜日に同様の会談の場をもっているのですが、そこにはブライアン・セイビアン社長、ボビー・エバンスGM、ブルース・ボーチー監督が同席していたとのことです。ジャイアンツの野球運営におけるフロント、現場の最高責任者が同席してのものだったようです。

カージナルス側のどの人物が会談の場にいたのかは明らかになっていませんが、野球運営部門トップのモゼリアック社長ら最高責任者たちがいたであろうことは間違いありません。

ジャイアンツはMLB全体のプロスペクトランキングでトップ100に入っているのは、2013年ドラフト1巡目指名のクリスチャン・アローヨくらいです。しかし、カージナルスは4名がトップ100にランクされていて、マーリンズが特に必要としている質の高い投手を抱えています。

MLB全体で14位にランクされているアレックス・レイエス、47位にランクされているジャック・フラハティがともに投手で、ともにメジャーデビューを果たしています。
同31位にランクされている捕手のカーソン・ケリーもメジャーでプレーをしていますし、同86位にランクされている外野手のタイラー・オニールは3Aまで昇格しています。

さらにチームのNO.9プロスペクトで、フロントラインスターターになれると評価されているサンディ・アルカンターラもいて、この投手にマーリンズは興味を示していると伝えられています。

すぐにメジャーで起用できるレベルに達していて、なおかつ質の高いプロスペクトを抱えているため、交換要員という点ではカージナルスがジャイアンツを上回っています。そのためジャイアンツが10年2億9500万ドルの大半を負担する一方で、カージナルスはそこまでの負担はないと予想されています。

争奪戦を繰り広げている両チームの幹部と、保有権を有する選手の代理人との接触を許可するというのは異例とも言えるものです。
ジャイアンツとカージナルスの両方から、ほぼ納得できるものは手にできそうだとマーリンズは判断し、最後のハードルである拒否権の行使・破棄を確認させるために、両チームと代理人の会談を許可しているのかもしれません。

ただ、ドジャースを理由にトレードの成立を拒否することなく、保留されるようであれば、カージナルスにとって、こだわって待ち続けるのは得策ではなくなってきます。待てば待つほど、FA市場での補強の選択肢も減っていく可能性が大で、特にウインターミーティングで動けなくなるのはマイナスです。これらの数日、1週間の期間でトレードが成立しないようであれば、カージナルスも他の選手の獲得に本腰を入れていくことが予想されます。

ジャイアンツとカージナルスのどちらかが獲得するのか、もしくは両者ともに拒否されてしまうのか、これから数日の動向が注目されます。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ