トロント・ブルージェイズは2016年のトレード期限前に売り手になるのか?それとも買い手になるのか?

Bule Jays Top Catch

一時は22勝25敗と負け越し、看板の強力打線も上手く機能せず、トレード期限前には売り手になるのではないかとの情報がアメリカメディアでは流れました。

ところがその後から先発ローテーションの防御率がア・リーグ東地区でトップ、ア・リーグ全体でも2位となっている投手陣と打線がかみ合ってきたため、トロント・ブルージェイズは最近の12試合で9勝3敗と打線が上向きになっています。

そのため一時ほどは売り手になる可能性は低くなってきたのですが、これからトレード期限前の1ヶ月半の間に再び低迷すれば、そちらに舵を切っても不思議ではないチーム事情があります。

スポンサーリンク

主力選手の多くが今季終了後にFAとなるブルージェイズ

トロント・ブルージェイズの主砲であるホセ・バティスタとエドウィン・エンカーナシオンの2人は、2016年シーズン終了後にFAとなる状況となっています。

一時は契約延長の話も出ていましたが、現在はその話が進展しているとの情報はありません。

また他にも打率.289/出塁率.369/長打率.526/OPS.895と好調なマイケル・ソーンダース、打率.269/出塁率.369/長打率.414/OPS.783とまずまずの数字を残しているジャスティン・スモークなどが今季終了後にFAとなります。

投手陣ではR.A.ディッキー、ジェシー・チャベス、ドリュー・ストーレンらもFAとなるため、今季終了後に現在の主力が多くチームから離れる可能性がある状況となっています。

このようなメジャーレベルでの問題に加えて、ファームシステムにも多くの問題を抱えています。

トロント・ブルージェイズのファームシステムはプロスペクトの評価で定評のあるベースボールアメリカから、メジャー30球団の中で7番目に悪いとランクされていました。

これは過去にR.A.ディッキーの獲得のためにノア・シンダーガード、トラビス・ダーノーらのメッツの躍進を支えているようなプロスペクトを放出したところから始まり、昨年のトロイ・トゥロウィツキーとデビッド・プライスの獲得に多くのプロスペクトを放出したためです。

そのファームの層の薄さについては、前GMのアレックス・アンソポウロスに代わってチーム編成を担うことになった野球運営部門社長のマーク・シャピロ、GMのロス・アトキンスらも懸念を示していました。

そのためブルージェイズが売り手になるのではないかとの見通しが強くなった時期においては、ロス・アトキンスGMは長期的な視点に立ってチームを編成しないといけないと語るなど、売り手にまわる可能性を否定しないスタンスであることを示唆していました。

さらに野球運営部門社長のマーク・シャピロはインディアンスでGMを務めている時に2度、エグゼクティブ・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど実績があるのですが、選手を育成することでチームを強化しています。

ブルージェイズのオーナー側が結果を残したアレックス・アンソポウロスから全権を奪ってマーク・シャピロを上位につけたのも、この選手育成面での弱さが理由のひとつだったとされています。

そのためブルージェイズがプロスペクトを多く抱えて選手育成によるチーム強化を徐々に志向していくことが予想はされます。

ただ、現状では31勝28敗で地区首位とは3.5ゲーム差、勝率.525はア・リーグ7番目でワイルドカードまでは1.0ゲーム差となってきましたので、売り手にまわるには惜しいところまで浮上しています。

そのため現時点では買い手にまわることになるだろうとの見通しをFOXスポーツのケン・ローゼンタール記者が語っています。

その場合に問題になるのがMLBで24番目の評価となったファームの層の薄さです。

しかし、ブルージェイズにはポテンシャルが高いと評価されるアンソニー・アルフォード(Anthony Alford)、ウラディミール・ゲレーロ Jr.(Vladimir Guerrero Jr)や3Aに降格しているデルトン・ペンペイの他、1Aにも他チームが関心を持つプロスペクトがいるとライバル球団幹部が話していることを伝え、トレードの交換要員のカードが残っているとケン・ローゼンタール記者は述べています。

ブルージェイズはさらに勝ちを積み上げるためには、ブルペンの層を厚くする必要がありますし、若いアーロン・サンチェスにイニング制限をかける必要があることを考えると先発投手を必要としています。

ただ、それらの補強をするためにプロスペクトを放出すれば、ファームシステムが荒れ野のようになってしまう可能性もあります。

優勝争い、ポストシーズン争いにカムバックしてきたのは喜ばしいことではありますが、長期的にはバランスをとるのが難しい問題を抱えることにもなりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています