アストロズは補強の方向性を転換!GMがリリーフ投手獲得を優先することを明かす

Houston Astros Top Catch

ヒューストン・アストロズは、カブスに移籍したホセ・キンタナの獲得に積極的に動き、その争奪戦に敗れたあとも、ソニー・グレイ、ジャスティン・バーランダー、ハイメ・ガルシアなどの先発投手の補強を模索する動きが報じられてきました。

ポストシーズンを勝ち進むために、先発ローテの強化を目指しているとされていましたが、その方向性が変わったようです。

015年には19勝するなど、3年連続で二桁勝利を挙げていたコリン・マクヒューはシーズン開幕から故障者リストに入り続けていたため、前半戦は全く戦力となりませんでした。

そのマクヒューが7月22日のオリオールズ戦から戦列に復帰しました。4回2/3で4失点、奪三振4、与四球2、本塁打2本を含む被安打4と、本来の状態とは程遠い結果に終わりました。

しかし、このマクヒューが復帰したことに加えて、75回2/3で防御率1.67、10勝0敗、WHIP0.87とサイヤング賞争いに絡む活躍を見せていたもの、故障者リストに入っているダラス・カイケルが今月中に、復帰する見込みであることが、トレード期限前の補強の方向性を変えることにつながったようです。

MLB公式サイトのクリスチャン・バウトウェル氏が以下のようにツイートしています。

マクヒューが復帰し、カイケルの復帰が近づいたことで、ブルペンの補強が最優先課題になったとのことです。

以下はルフノーGMが話した内容です。

It’s a good thing that this is happening. It does change it in one respect. We were thinking we may have (to) go out and get a depth starter – a fourth, fifth starter guy to help us get through the season. That’s no longer the case. If anything, we’re going to have to put guys in the bullpen. It doesn’t change the fact that we look at this team, how we’re constructed for the playoffs and what we might need. If there’s somebody out there that can help us in that situation, we’re still going to pursue it.

「無事に離脱した選手が戻り始めているのは良いことだ。このことがある面の変更に影響している。私たちは先発ローテの4番手、5番手を務めることができるような投手を獲得して、層を厚くする必要があると考えていた。しかし、もうそれは必要ないようだ。どちらかと言えば、ブルペンの補強を目指している。これは私たちがチームへの見方、プレーオフで勝ち抜くために必要になること、どのようにロースターを編成していくかということが変わったということではない。私たちの戦力アップにつながる選手がトレード市場にいれば、私たちはそれを獲得に動くつもりだ。」

マクヒューが戻り、カイケルの復帰の目途が立ったことで、先発投手の補強が最優先の課題ではなくなり、ポストシーズンを勝ち抜くためにブルペンを強化するというスタンスになったということです。

ダラス・カイケルが復帰すれば、ランス・マッカラーズ・ジュニア、ブラッド・ピーコック、チャーリー・モートン、マイク・ファイヤーズ、そしてコリン・マクヒューの中から1人が弾き出されて、ロングリリーフか、3Aに行くことになります。現在ロングリリーフを務めているフランシス・マルテスも先発ローテのバックアップができるため、大きな不安がない状態になります。

一方のブルペンに関しては防御率4.14でリーグ9位と、ポストシーズンを勝ち抜く上で必要な、反撃を完全に封じ込める強力さまでがあるとは言い難いものがあります。すでに左のリリーフ投手の補強を模索していて、ボルティモア・オリオールズのザック・ブリットン、デトロイト・タイガースのジャスティン・ウィルソンなどの名前が市場で流れています。

ブルペンが強力でないチームが勝ち進むことが難しいことは、ここ近年のポストシーズンの結果を見れば明白です。地区制覇に向けて独走状態のアストロズにとってワールドシリーズ制覇以外は落胆となるシーズンのため、強力なブルペンを形成できる補強ができるかは、重要なポイントとなりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています
スポンサーリンク