アストロズがカルロス・ゴメスとマイク・ファイヤーズを獲得!10年ぶりのポストシーズン進出に向けた補強に成功

Houston Astros Top Catch

ヒューストン・アストロズとロサンゼルス・エンゼルスの2チームによるマッチレースの様相を呈しつつあるア・リーグ西地区ですが、そのアストロズがさらなる補強に成功しました。

4人のプロスペクトを交換要員としてカルロス・ゴメス外野手とマイク・ファイヤーズ投手をミルウォーキー・ブルワーズから獲得しました。

カルロス・ゴメスは一旦、メッツへのトレードが合意したのですが、メディカルチェックの際に臀部の状態にメッツが懸念を示し破談してしまいました。

しかし、今回のトレードではすでにメディカルの問題はクリアして正式に合意し、両チームから成立がアナウンスされています。

スポンサーリンク

マイク・ファイヤーズの加入で先発とリリーフの両方で厚みが増すことに

両リーグトップの140本塁打を誇る打線は、チーム総得点453が両リーグ3位で、1試合平均で4.44点を叩きだしています。その一方で投手陣はチーム全体で防御率3.52で両リーグ9位なのですが、先発ローテは3.92で同12位と弱さがありました。

そのため先立ってスコット・カズミアーをアスレチックスから獲得したのですが、そこにマイク・ファイヤーズを加わることになりました。

マイク・ファイヤーズの今季の成績は低迷するブルワーズの中にあって、118.0回を投げて防御率3.89/5勝9敗/奪三振121/WHIP1.36と安定した投球を見せています。

エースのダラス・カイケル(防御率2.32/12勝5敗/WHIP0.99)、スコット・カズミアー(防御率2.22/6勝5敗/WHIP1.05)の2人を軸に、ルーキーのランス・マカラーズ(防御率2.48/5勝3敗/WHIP1.11)、コリン・マクヒュー(防御率4.43/12勝5敗/WHIP1.32)、スコット・フェルドマン(防御率4.54/4勝5敗/WHIP1.34)という布陣にマイク・ファイヤーズを加える事ができますので、層が厚くなりました。

そしてマイク・ファイヤーズは奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)も9.23と高くリリーフの経験もある投手のため、ブルペンでの貢献も期待できる補強となっています。

当初、興味を示していたコール・ハメルズやデビッド・プライスほどのインパクトはないものの、カズミアーとファイヤーズの加入で、シーズン終盤まで戦えるローテ・投手陣を編成できたと考えられます。

マイク・ファイヤーズの加入で投手陣に厚み

アストロズの外野陣はセンターとライトを守るジョージ・スプリンガー(率.264/本13/点29/OPS.822)が故障者リスト入りしていて、復帰は8月中旬ごろが目処となっています。

現状では外野の両翼をコルビー・ラスマス(率.236/本13/点36/OPS.764)、プレストン・タッカー(率.260/本10/点28/OPS.792)を守り、センターをジェイク・マリスニック(率.238/本5/点21/OPS.649)をカバーしています。

そこに2013年には打率.284/本塁打24/打点73/出塁率.338/長打率.506/OPS.843に40盗塁、2014年にも打率.284/本塁打23/打点73/出塁率.356/長打率.477/OPS.833で34盗塁という成績で、2年連続でオールスターに出場したカルロス・ゴメスが加わることになります。

今季は故障により74試合の出場にとどまりますが、打率.262/本塁打8/打点43/出塁率.328/長打率.423/OPS.751と、アストロズの外野手の平均値である打率.226・OPS.654を上回る数字を残していますので、攻撃面でのプラスになることは間違いありません。

それに加えて守備面では今季の守備防御点(DRS)が+2で中堅手としては両リーグ9位、UZR(アルティメット・ゾーン・レイティング)では+5.8で同6位と、アストロズの他の外野手よりも遥かに良い数字を残しています。

このように攻走守でのアップグレードが期待できる上に、29歳の今季の年俸が800万ドル、30歳となる来季の年俸が900万ドルとリーズナブルな契約で2016年までアストロズがコントロールできることも魅力となっています。

アストロズはこのトレードでMLB全体でも39位にランクされていたチーム内のNO.2プロスペクトのブレット・フィリップス(OF)、MLBで87位、チーム内でNo.7のドミンゴ・サンタナ(OF)、NO.14のジョッシュ・ハダー(P)、NO.21のエイドリアン・ハウザーの4人をブルワーズに放出しています。

チーム内No.2プロスペクトのブレット・フィリップス(OF)は放出したものの、カズミアー、ゴメス、ファイヤーズらの獲得に際して、アレックス・ブレグマン(SS)、マーク・アッペル(SP)といったトッププロスペクトに手を付けることなく成立させています。

また、カルロス・ゴメスは2016年までファイヤーズは2019年までチームがコントロールできる選手のため、アストロズGMジェフ・ルノーは良い仕事をしたと評価できそうです。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています