ア・リーグ東地区5球団のシーズンオフ補強ポイントは?MLB全30球団のウインターミーティングの移籍・補強情報まとめ

本来はウインターミーティング開幕前にまとめたかった内容だったのですが、大きな契約が相次いだため、間に合いませんでした。

しかし、遅ればせながらではありますが、MLB30球団の補強ポイント、交換要員、年俸総額などについて、地区別にまとめていきます。

なお、情報が若干古くなるものがあることはご了承ください。

今回はア・リーグ東地区です。

スポンサーリンク

ア・リーグ東地区の5球団の補強ポイント・トレード要員・年俸総額の情報

ア・リーグ東地区のブルージェイズ、ヤンキース、オリオールズ、レイズ、レッドソックスの全5球団の補強ポイント・トレード要員・年俸総額の情報は以下のとおりとなっています。

トロント・ブルージェイズ

【補強ポイント】

  • 先発投手:デビッド・プライスが流出も、マーカス・ストローマン、R.Aディッキー、マルコ・エストラダ、J.A.ハップ、ジェシー・チャベス、ドリュー・ハッチソンと数は揃ってはいる。しかし、信頼ができる布陣ではないため、後1人はFAかトレードで補強したいところ。
  • ブルペン:ローバト・オスナ、アーロン・サンチェス、ブレット・セシル以外の3人が不安定で層が薄い
  • ユーティリティプレイヤー:デボン・トラビスが開幕に間に合わない見込みで、ライアン・ゴーインズがその穴を埋めることになるが、内野のバックアップが手薄になるため

【交換要員と年俸総額】

  • トレード要員:ベン・リビア、デルトン・ポンペイ、ケビン・ピラー
  • 年俸総額:すでに1億3500万ドルがロックされていて、予算の上限となる1億4000万ドルまでは残りわずか。

ニューヨーク・ヤンキース

【補強ポイント】

  • 先発ローテーション:田中将大、サバシア、ピネダ、イオバルディと4人ともDLを経験し、ノバはトミー・ジョン手術後で、内容も不安定なため。
  • ブルペン:アンドリュー・ミラー、デリン・ベタンセス、ジャスティン・ウィルソンの3人の周りを固めるミドルリリーバーを必要としている。
  • 二塁手:野手の中で唯一固定されていないポジション。ダスティン・アクリー、ロブ・レフスナイダーのプラトーンが予定されているが、良い選手がとれるこにこしたことはないという状況。

【トレード要員と年俸総額】

  • トレード要員:ブレット・ガードナー、アンドリュー・ミラー、イバン・ノバ。アーロン・ヒックスを獲得しているので、カルロス・ベルトランをトレードできるようであれば良いが、現実としては難しい。
  • 年俸総額:2015年は2億4100万ドルでぜいたく税を2600万ドル支払うとされる。年俸調停を含まない長期契約の選手だけで1億8300万ドルに到達していて、2億2000万ドル程度になる見込み。

ボルティモア・オリオールズ

【補強ポイント】

  • 先発投手:チェン・ウェインが抜けたため信頼できる先発投手が必要
  • ブルペン:ダレン・オデイが抜けた穴を埋める必要があるが、再契約間近との情報も
  • 一塁手/指名打者:クリス・デービスとの再契約希望も現実的ではなく、マーク・トランボを獲得済み。さらなる補強に動く可能性が残る。

【トレード要員と年俸総額】

  • トレード要員:マイナーリーガーが中心に
  • 年俸総額:すでに1億ドル前後に到達、2015年の開幕時は1億1900万ドルだったため、そこから増やさないと穴は埋めれない状況。しかし大幅な増加はオーナー側が認めない可能性が高い。

タンパベイ・レイズ

【補強ポイント】

  • トレードでブラッド・ミラー、ダニー・ファーカー、ローガン・モリソン、ハンク・コンガーを獲得し、とりあえずの補強は完了している状態。できるならばインパクトのある打者が欲しい。カブスとのハビアー・バエスがターゲットに。

【交換要員と年俸総額】

  • トレード要員:ジェイク・マギー。失ってもブラッド・ボックスバーガー、アレックス・コロメで埋めることができる。ジェームズ・ローニーに良いオファーがあれば応じる可能性がある。
  • 年俸総額:2015年開幕時の7579万ドルよりもさらに削減を試みながら、なおかつチームを強くする姿勢。トレードが中心の動きに

ボストン・レッドソックス

【補強ポイント】

  • 先発ローテ:先発はデビッド・プライスを獲得もウェイド・マイリーを失う。クレイ・バックホルツ、リック・ポーセロ、ジョー・ケリー、エドゥアルド・ロドリゲス、ヘンリー・オーウェンズ、ブライアン・ジョンソン、ロエニス・エリアスと選択肢は多いが質に疑問は残る。
  • ブルペン:ブルペンに関してはクレイグ・キンブレルとカーソン・スミスを獲得。ベテランリリーフ投手で層を厚くするか。

【交換要員と年俸総額】

  • トレード要員:1年後にFAとなるクレイ・バックホルツ、ウェイド・マイリー(トレード済み)、ジャッキー・ブラッドリー。ハンリー・ラミレスとパブロ・サンドバルはいかにしてチームから放出するかが焦点に。
  • 年俸総額:デビッド・プライスの獲得で、13人に1億8900万ドルと前後のぜいたく税ラインの金額に到達。2億ドルは突破しそうな見込み。
スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています