ノンテンダーFA(2017-18シーズンオフ)となった選手の一覧

2017-18シーズンオフにおけるノンテンダー(Non-tender: 球団側が契約を提示しない。選手はFAに。)の期限が、アメリカ東部時間の12月1日午後8時に設定されていました。

この期限までに契約を提示されなかった「年俸調停権を有している選手」、「40人枠に入っている年俸調停権を有していない選手」は、球団の傘下から離れフリーエージェントとなり全球団と契約ができる状態となります。

スポンサードリンク

このルールにより新たにフリーエージェントとなった選手は以下のとおりとなっています。

  • ドリュー・スマイリー(投手・マリナーズからFA)
  • シェイ・シモンズ(投手・マリナーズからFA)
  • チチ・ゴンザレス(投手・レンジャーズからFA)
  • A.J.グリフィン(投手・レンジャーズからFA)
  • ニック・マルティネス(投手・レンジャーズからFA)
  • ハンサー・アルベルト(内野手・レンジャーズからFA)
  • トム・コーラー(投手・ブルージェイズからFA)
  • ライアン・ゴインズ(内野手・ブルージェイズからFA)
  • ゼイビア・セデーニョ(投手・レイズからFA)
  • J.J.フーバー(投手・ダイヤモンドバックスからFA)
  • T.J.マクファーランド(投手・ダイヤモンドバックスからFA)
  • カイル・クロケット(投手・レッズからFA)
  • ジャレッド・ヒューズ(投手・ブルワーズからFA)
  • ジェイク・ペトリッカ(投手・ホワイトソックスからFA)
  • アル・アルバカーキ(投手・ホワイトソックスからFA)
  • ザック・パットナム(投手・ホワイトソックスからFA)
  • マイク・ファイヤーズ(投手・ホワイトソックスからFA)
  • マット・アダムス(内野手・ブレーブスからFA)
  • ブルース・ロンドン(投手・タイガースからFA)
  • テレンス・ゴア(外野手・ロイヤルズからFA)

ドリュー・スマイリーは2016-17シーズンオフにマリナーズにトレードで移籍しましたが、開幕から離脱した後にトミージョン手術を受けたため、2018年の復帰が見込めない状態のため、予期された動きでした。

ジェイク・ペトリッカは2013年から2015年までの3年間は、144回1/3で防御率3.24、16セーブとホワイトソックスのブルペンで重要な役割を果たしていました。しかし、その後の2年間は低迷しノンテンダーとなりました。

チチ・ゴンザレスは2015年開幕前にはベースボール・アメリカ(89位)、MLB公式サイト(97位)、ベースボールプロスペクタス(29位)の3つの媒体がトップ100にランクするトッププロスペクトでした。
2015年は67イニングで防御率3.90と結果を残したものの、2016年には10回1/3で防御率8.71と苦しみマイナーで過ごすことになりました。さらに右肘に問題が消えず、最終的に2017年7月にトミージョン手術を受けたため、2018年まで復帰が見込めない状態となり、ノンテンダーとなりました。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ