MLB(メジャーリーグ)のFA・トレード・契約最新情報-2014年02月09日

ケンドリス・モラレスの契約合意は3月、しかも下旬になるのではとの観測が出始めています。

2013年はカイル・ローシュがその立場でした。

カイル・ローシュは最終的には3月25日という開幕直前に3年3300万ドルで契約しています。

カイル・ローシュはFAとなった2012年シーズンには防御率2.86/16勝3敗/WHIP1.09、その前年の2011年も防御率3.39/14勝8敗/WHIP1.17という成績を残していましたが、ギリギリまで待つ結果となっています。

開幕直前にケガやトラブルで穴ができた球団が良いオファーをだしてくれる可能性もあります。ドリューも似たような立場ではありますが、モラレスのほうがギリギリになる可能性が高い状況です。

ちなみにカイル・ローシュは3月25日に契約し、4月1日のシーズン開幕後、4月5日からはローテーションに入り、その試合は6回1失点です。そして2013年シーズンは、強いとは言えないブルワーズで、防御率3.35/11勝10敗/奪三振125/WHIP1.17とまずまずの成績を残しています。

全く契約が決まらず、しかもスプリングトレーニングで実戦の経験を積めない状態で、それなりの投球ができるのですからすごい話なのですが、ケンドリス・モラレスはどうなるのでしょうか。

続いて2月9日のMLB最新情報です。

スポンサードリンク

2014年02月09日のMLB移籍・トレード動向・観測

日本時間の2014年02月09日時点での、MLBでのFA獲得、トレードまた契約などの動向、観測などをまとめています。情報が入り次第追加していきます。

各球団・各選手の動向・観測は以下のとおりとなっています。

ロサンゼルス・ドジャース

【更新日時:07:30】
ロサンゼルス・ドジャースはブロンソン・アローヨの獲得に積極的に動いていましたが、ダイヤモンドバックスに競り負けるかたちになりました。

そのドジャースの次の一手は31歳左腕のポール・マホームのようです。

ドジャースのクラブハウスにロッカーにポール・マホームの名前があること、そしてマホーム本人がクラブハウスにフィジカルチェックのため現れていることなどを、ロサンゼルス・タイムズのDylan Hernandezが矢継ぎ早にツイートしています。

ポール・マホームは2013年はブレーブスで防御率4.41/10勝11敗/奪三振105/WHIP1.41の成績を残しています。

しかし、マホームの契約はメジャー契約ではなく、マイナー契約の可能性があるとMLB.comのKen Gurnickがツイートしています。

あくまでもジョシュ・ベケットチャド・ビリングズリーが手術から思ったように回復しない場合に保険というところでしょうか。

ダン・ヘイレンもこのオフに獲得していますので、4番手、5番手候補として二桁勝利できる力がある投手を4人抱えることになりそうです。

ロサンゼルス・ドジャース

【更新日時:09:30】
ロサンゼルス・ドジャースがポール・マホームと1年150万ドルで合意しました。一部ではマイナー契約ではとの情報も流れましたが、メジャー契約となっています。

保証されている年俸は150万ドルですが、様々なインセンティブを満たした場合には、最大650万ドルに到達する契約となっているようです。

これで先発ローテションは、クレイトン・カーショー、カーショー、ザック・グリンキー、柳賢振に続く、先発4番手から5番手をジョシュ・ベケット、チャド・ビリングズリー、ダン・ヘイレン、ポール・マホームで争うことになります。

何とも豪華な4番手、5番手争いで、MLB屈指の先発ローテーション候補が揃うことになりました。

シアトル・マリナーズ

【更新日時:07:30】
フェルナンド・ロドニーの獲得でクローザーに一定のめどがたったマリナーズですが、引き続きネルソン・クルーズの獲得に動いています。

そのマリナーズとネルソン・クルーズと合意するのは時間の問題と関係者から聞いているとTacoma News TribuneのBob DuttonがTwitterで伝えています。

マリナーズはネルソン・クルーズに複数年契約を準備しているなどの情報が流れていて、他球団よりも良い条件のオファーをしていることは、ほぼ間違いない状況です。

そう遠くないうちにマリナーズとネルソン・クルーズの交渉にも決着がつきそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ