MLB(メジャーリーグ)のFA・トレード・契約最新情報-2014年01月08日

田中将大の交渉期限が1月25日のため、気がつけば18日を残すのみとなり、意外と時間がなくなりつつあります。

代理人のケーシー・クロース氏も休暇を終えて、忙しい日々が続くことになりそうです。

良い契約を勝ち取るために、田中将大の決着を待っているFA先発投手が数多くいます。そこで、1月8日現在で、FA市場に残っている先発投手をリストアップしておきます。

  • アービン・サンタナ(31) 投球回211.0/防御率3.24/9勝10敗/奪三振161/WHIP1.14
  • ブロンソン・アローヨ(37) 投球回202.0/防御率3.79/14勝12敗/奪三振124/WHIP1.15
  • A.J.バーネット(37) 投球回191.0/防御率3.30/10勝11敗/奪三振209/WHIP1.21
  • マット・ガーザ(30) 投球回155.1/防御率3.82/10勝6敗/奪三振136/WHIP1.24
  • ジェイソン・ハメル(31) 投球回139.1/防御率4.97/7勝8敗/奪三振96/WHIP1.46
  • ジェローム・ウィリアムズ(31) 投球回169.1/防御率4.57/9勝10敗/奪三振107/WHIP1.39
  • トミー・ハンソン(27) 投球回73.0/防御率5.42/4勝3敗/奪三振56/WHIP1.55
  • ジョー・ソーンダース(33) 投球回183.0/防御率5.26/11勝16敗/奪三振107/WHIP1.60
  • ショーン・マーカム(32) 投球回78.1/防御率5.29/1勝10敗/奪三振60/WHIP1.35
  • ジェフ・カーステンス(31) 投球回90.2/防御率3.97/5勝4敗/奪三振66/WHIP1.15
  • ロベルト・ヘルナンデス(33) 投球回151.0/防御率4.89/6勝13敗/奪三振113/WHIP1.34
  • ジェイソン・マーキー(35) 投球回117.2/防御率4.05/9勝5敗/奪三振72/WHIP1.52
  • ブルース・チェン(36) 投球回121.0/防御率3.27/9勝4敗/奪三振78/WHIP1.18

松坂大輔の評価はこれらの選手を下回っているようです。かなり厳しい状況に松坂があることがわかるのではないでしょうか。ちなみに松坂大輔は33歳で、成績は38.2回/防御率4.42/3勝3敗/奪三振33/WHIP1.24です。

それでは1月8日のMLBの動向です。

スポンサーリンク

2014年01月08日のMLB移籍・トレード動向・観測

日本時間の2014年01月08日時点での、MLBでのFA獲得、トレードまた契約などの動向、観測などをまとめています。情報が入り次第追加していきます。

各球団・各選手の動き

各球団・各選手の動向・観測は以下のとおりとなっています。

田中将大

【更新日時:11:00】
ポスティングの費用は20億円の場合、2回に分けて支払われることになるとFOX Sportsの記者がツイートしています。その2回も1年目に13億円分、2年目に7億円分と金額も変わるそうです。

【更新日時:10:00】
今週中にも代理人がシカゴ・カブスとシカゴ・ホワイトソックスと会うことになるようです。場所はシカゴでになりそうです。

ウバルド・ヒメネス

【更新日時:07:15】
ウバルド・ヒメネスの代理人はだいぶ値段をさげてきました。4年8000万ドルから6800万ドルを要求する強気な姿勢でしたが、ここにきて複数年契約で年1400万ドルを最低ラインにするとハードルを下げました。

ウバルド・ヒメネスは通算で82勝75敗/防御率3.92/WHIP1.35で、2013年は13勝9敗/防御率3.30/奪三振194/WHIP1.33とまずまずの成績ですが、近年3年間をトータルすると良くありません。

2008年-2010年の3年間は100試合638.1回で46勝32敗/防御率3.43/WHIP1.27である一方、2011年-2013年の3年間は95試合547.2回で32勝39敗/防御率4.45/WHIP1.44と数字を落としています。

また一試合あたりのイニング数も6.38回から5.76回に落ちています。

このように直近3年間の数字が悪化している投手に、年平均で2000万ドルから1700万ドルは高すぎます。

年齢も成績も近いリッキー・ノラスコは4年4900万ドルでした。この契約が目安になるのではないでしょうか。

スティーブン・ドリュー

【更新日時:07:15】
スティーブン・ドリューの契約が決まらないことで、様々な憶測が飛び交い始めています。

ニースが多くあるポジションの選手で、実力も評価されながら、なかなか行き先が決まらないため、「身体に問題があるのでは」との見解を出す記者があらわれてきました。

しかし、そんなことはないと否定する他のメディアもあり、情報は錯綜気味です。

ロサンゼルス・ドジャース

【更新日時:12:30】
ロサンゼルス・ドジャースが監督のドン・マッティングリーと契約延長し、2016年までで合意したとの情報が入りました。2014年の契約はすでにあったのですが、そこからの延長となります。

ドン・マッティングリーはジョー・トーリの後任として2011年に監督になり、現在52歳です。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています