2014年シーズンオフの重要な日程-FA・クオリファイングオファー・ウィンターミーティング

ワールドシリーズ終了してから、いよいよ本格的にオフのストーブリーグ、各チームの戦力補強活動が始まります。

そのオフのMLBの動向においては、FA(フリーエージェント)、クオリファイングオファー、ウィンター・ミーティングなど、様々なポイントとなるスケジュールがあります。

それらの2015年シーズン開幕までの2014年シーズンオフの重要な日程についてまとめています。

スポンサーリンク

2014年ワールドシリーズ終了後から2015年シーズンまでのスケジュール

スポンサーリンク
[googlead]

ワールドシリーズ終了後の流れですが、FAとなる資格を有する選手は、ワールドシリーズ翌日からFAとなります。

その翌日から5日間は元の所属チームとの独占交渉期間となり、他チームとの接触は禁止されています。が、実際には行われていると見られています。

そしてこの5日間が終わるまでに、元の所属チームはクオリファイングオファー(2015年は1年1530万ドル)を提示することができます。

そしてこの5日間が過ぎると、FA選手はどの全球団との交渉が可能となります。

そのため本格的なFA選手との交渉はワールドシリーズ終了日に左右されますが、2014年は遅くとも11月5日から本格化することになります。

さらにクオリファイングオファーを受けた選手は、ワールドシリーズ終了した翌日から12日目までに、それを受諾することができます。

具体的な詳しい日程は以下のとおりです。(日程はいずれもアメリカ現地時間)

初回公開日:2014年10月28日
最終更新日:2014年11月3日

ワールドシリーズ終了日に左右される日程

  • 2014年10月30日:ワールドシリーズ終了
  • 2014年11月3日:FA選手と前所属チームの独占交渉期間(5日間)が終了/クオリファイグオファー提示期限
  • 2014年11月4日:FA選手は全球団との交渉が可能に
  • 2014年11月10日:クオリファイングオファーの受諾期限

ワールドシリーズに左右されずに確定している日程

ワールドシリーズに左右されずに確定している日程は以下のとおりとなっています。

  • 2014年11月10日-12日:オーナー&GMミーティング(アリゾナ州フェニックス)
  • 2014年12月8日-11日:ウィンター・ミーティング(カリフォルニア州サンディエゴ)
  • 2015年1月13日:年俸調停申請締め切り日
  • 2015年1月16日:年俸調停の金額提示日
  • 2015年2月1日-21日:年俸調停ヒアリング
  • 2015年4月5日:新シーズン開幕
  • 2015年6月8日-10日:MLBドラフト会議
  • 2015年7月14日:MLBオールスター
スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています