MLB(メジャーリーグ)のFA・トレード・契約最新情報-2013年12月18日

楽天の早い決断を待ち望んでいるMLB各球団

スポーツ新聞各紙も田中将大のポスティングに関する情報に違いがあり、まだ今後どうなるかハッキリしない状態が続いています。

本人がメジャーを希望していることは、米メディアも速報していますので、楽天の決断に大きな注目が注がれています。

FAの先発投手の動向が決まらない状態が続き、田中将大を獲得する予定のチームだけでなく、先発投手を必要とするチーム、FAとなっている投手はやきもきする日々が続いているようです。

スポンサードリンク

2013年12月18日のMLB移籍・トレード動向・観測

日本時間の2013年12月18日時点での、MLBでのFA獲得、トレードまた契約などの動向、観測などをまとめています。情報が入り次第追加していきます。

各球団・各選手の動き

各球団・各選手の動向・観測は以下のとおりとなっています。

テキサス・レンジャーズ

【更新日時:14:15】
テキサス・レンジャーズのGMであるジョン・ダニエルズが、ドアを閉じているわけではないが、ネルソン・クルーズがチームには戻ってこないとだろうと予想しているとThe Dallas Moring Newsのインタビューに答えています。

そのためネルソン・クルーズとレンジャーズが再契約となる可能性は低い模様です。

ニューヨーク・ヤンキース

【更新日時:14:15】
ヤンキースは、ブライアン・ロバーツを獲得しましたが、引き続きマーク・レイノルズの獲得に動いているようです。ただ、エンゼルやツインズ、レイズなど複数のチームも獲得したいようで、まだ情勢は不透明です。

またさらに内野手の補強として、テキサス・レンジャーズからFAとなっているジェフ・ベイカーも補強リストに加えたとの情報です。ジェフ・ベイカーは32歳の2013シーズンは、77試合・154打数で打率.279・本塁打11本・打点21・出塁率.360の数字を残しています。ちなみに代理人はスコット・ボラス氏です。

【更新日時:06:15】
ロビンソン・カノを失い、ケリー・ジョンソンの獲得に成功はしたものの、オマー・インファンテを逃したヤンキースでしたが、ブライアン・ロバーツと1年200万ドルで合意しました。この情報に関しては下記のページで詳細にまとめています。

ヤンキースがブライアン・ロバーツと1年200万ドルで合意

また、ヤンキースはリリーフとしてレッドソックスからFAとなっていた左腕のマット・ソーントンと2年700万ドルで合意しています。

ボルティモア・オリオールズ

【更新日時:06:15】
ボルティモア・オリオールズがジム・ジョンソンのトレードにより不在となったクローザーの補強として、アスレチックスからFAとなっていたグラント・バルフォアと2年契約で合意しました。詳細な情報は以下のページにまとめています。

オリオールズがグラント・バルフォア(Grant Balfour) と2年1500万ドルで合意

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ