ロイヤルズがオマー・インファンテと4年契約で合意!!

スポンサーリンク

ロイヤルズがオマー・インファンテ獲得で懸案事項のセカンドの補強に成功

ヤンキースが追いかけていたオマー・インファンテがロイヤルズと4年3025万ドル+出来高で契約で合意に至ったようです。

ESPNとCBS Sportsがこの情報を報じています。

ロイヤルズは、一時は撤退したとの報道もありましたが、ヤンキースとインファンテの契約がウィンター・ミーティング前からストップしていて、最近になってロイヤルズが巻き返していました。

ヤンキース優勢の情報も、ロイヤルズが巻き返しオマー・インファンテと合意に

オマー・インファンテは、今年の12月で32歳になる右投げ右打ちの内野手です。2012年途中に、マーリンズからデトロイト・タイガースに移籍しています。

タイガースでセカンドを守り、2013年のシーズンは118試合の出場で、打率.318・本塁打10本・打点51・出塁率.345と活躍しています。セカンドだけでなく、ショート、サードも守れるユーティリティプレーヤーでもあります。

オマー・インファンテの年度別成績は以下のとおりとなっています。

オマー・インファンテの年度別成績(2002-2013)

打率も良く、出塁率も高いオマー・インファンテの加入はロイヤルズにとって大きな戦力アップとなりそうです。ロイヤルズは、セカンドで出場した選手の合計での打率が.243だったようなので、インファンテの獲得は、的確かな補強と言えそうです。

ヤンキースはインファンテ獲得失敗で、次なる一手にも注目

これでヤンキースは、ケリー・ジョンソンがいるものの、一度は断ったレッズのブランドン・フィリップスとガードナーのトレードをもう一度考えるかもしれませんね。もしくはイチローと誰かをセットにしてなど。

サードを守れるケビン・ユーキリスとの再契約は、本人が西海岸を希望している状態で、進んではいないようです。ですが、ユーキリスにも選択肢が多くはないようなので、ユーキリスとヤンキースの再契約もあるかもしれません。

ヤンキースにとって、オマー・インファンテはサードとセカンドの両方を守れて、カノとA・ロッドの穴を埋めるのに最適な選手でしたので、ヤンキースには痛手となりそうです。

ヤンキースの次なる一手にも注目が集まります。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています