エンゼルスのマーク・トランボがダイヤモンドバックスへトレード!!

スポンサーリンク

ウィンター・ミーティング2013最初のサプライズはマーク・トランボ

エンゼルスのMark Trumbo(マーク・トランボ)がダイヤモンドバックスへ3球団間のトレードで移籍することとなったようです!!

このトレードはエンゼルスホワイトソックスダイヤモンドバックスの3球団間で行われる模様です。

このトレードでエンゼルスがTyler Skaggs(タイラー・スカッグス)をダイヤモンドバックスから、Hector Santiago(ヘクター・サンティアゴ)をホワイトソックスから獲得することになるようです。

そしてダイヤモンドバックスからホワイトソックスへAdam Eaton(アダム・イートン)が動きます。そして、さらに数名この3球団間トレードに加わるようです。

昨日の時点で12球団がマーク・トランボのトレード移籍に関心を持っているとの報道がありましたが、>マーク・トランボのトレードがウィンター・ミーティング最初の大きな動きとなりました!!

レギュラー定着後3年間で95本塁打・284打点のマーク・トランボ

マーク・トランボの今年の年俸は54万ドルと格安ですが、メジャーでフルシーズン3年間プレーしましたので、2014年(2013オフ)に年俸調停権を手にします。そして、FAとなるのは最短で2016年オフとなっています。

トランボは27歳で迎えた2013シーズンは打率こそ0.234と低いものの、投手有利でホームランが出にくい、エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムを本境地としながら、34本塁打・100打点の結果を残しています。

ダイヤモンドバックスは、このマーク・トランボのトレード獲得で、FAとなっている秋信守と交渉を続けていましたが、獲得から撤退するのではないかとの見通しになっています。

その通りになると、レンジャーズとダイヤモンドバックスが、秋信守の獲得で一歩リードと言われていましたので、レンジャーズで一気に話が進む可能性も出てきました。

マーク・トランボはレギュラーとなった2011年から2013年の>3年間で95本の本塁打と284打点を記録し、長打力はあるものの、打撃が荒く、出塁率も低いので評価が分かれる部分はあります。ですが、来年で28歳という年齢を考えても、これからの選手なので、このウィンター・ミーティングで多くの球団がトレードの打診をしたようですが、ダイヤモンドバックスが獲得に成功したようです。

マーク・トランボの年度別成績(2010-2013)

マーク・トランボの年度別成績の成績は以下のとおりとなっています。

マーク・トランボの年度別成績(2010-2013)

出塁率が3割を超えているのは2012年だけで、OPSも.808と今一歩という感はありますが、来年1月28歳になるプレーヤーですので、伸びしろがまだまだあると言えます。

年俸調停権を手にしたマーク・トランボの年俸が高騰する前に、エンゼルスが動いたというところでしょうか。

2013年オフシーズン・2014年のMLBのFA・トレード移籍情報

MLBのフリーエージェントやトレードによる移籍の情報を下記のページでまとめて更新しています!!
MLB-FA・トレード情報(2014)

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています