レッドソックスがピアンジンスキーを1年825万ドルで獲得!!

スポンサーリンク

ピアンジンスキーがレンジャーズからレッドソックスへFA移籍

レッドソックスが、レンジャーズからFAとなっていたピアンジンスキー(A.J.Pierzynski)>1年825万ドルで獲得することが決定した模様です。

ピアンジンスキーは今年のシーズン途中まで、ダルビッシュとコンビを組んでいましたが、最後はマウンド上でケンカをしてコンビ解消となったことで、日本でも話題になりました。

捕手としての出場が多いのですが、DHとしても出場するなど、強打の選手で2012年にはシルバースラッガー賞を獲得しているピアンジンスキーです。

レッドソックスはピアンジンスキーでジャロッド・サルタラマッキアの穴埋め

ピアンジンスキーの獲得にはレッドソックスの他、ブルージェイズやツインズも獲得に動いていたようですが、レッドソックスが契約にこぎつけたようです。

ワールドシリーズ制覇を果たしたレッドソックスですが、主力でFAになる選手が多く、キャッチャーのJarrod Saltalamacchia(ジャロッド・サルタラマッキア)もその1人です。ウィンター・ミーティング前にはジャロッド・サルタラマッキアも他球団と契約にこぎつける様相なので、レッドソックスはピアンジンスキーの獲得で穴を埋めることになりそうです。

このシーズンオフで捕手でFAとなった選手の中で目玉だったブライアン・マッキャンなどに続いて、ピアンジンスキーも移籍先が決まりましたので、捕手の最後に残った大物はジャロッド・サルタラマッキアだけということになりました。

レッドソックスは、捕手の穴は埋めれたので、次はファーストのマイク・ナポリの穴を埋める補強に集中していくようで、こちらも注目したい動きです。

ピアンジンスキー(A.J.Pierzynski)の年度別打撃成績(1998-2013)

ピアンジンスキー(A.J.Pierzynski)の年度別の打撃成績は以下のとおりとなっています。

ピアンジンスキー(A.J.Pierzynski)の年度別打撃成績(1998-2013)

12月末で37歳になるピアンジンスキーですが、打撃もさることながら、捕手というポジションで、大きなケガをすることなく、>コンスタントに試合に出続けていることが評価されるポイントのひとつです。今シーズンのレンジャーズでソトがバックアップしたように、バックアップ捕手が必要ではありますが、シーズンの7割から8割の試合でマスクをかぶることは問題なさそうなピアンジンスキーです。上原浩治や田澤純一との関係にも興味が湧く、来シーズンのピアンジンスキーです。

2013年オフシーズン・2014年のMLBのFA・トレード移籍情報

MLBのフリーエージェントやトレードによる移籍の情報を下記のページでまとめて更新しています!!
MLB-FA・トレード情報(2014)

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています