圧巻の7月・8月防御率0.00の上原浩治!!

スポンサーリンク

上原浩治は8月に入っても好調

上原浩治の勢いが止まりません!!

日本人メジャーリーガーが8月に入り軒並み調子を落とす中、上原は好調さがさらに加速しています。

7月の防御率0.00に続き、8月も防御率0.00と驚異的な成績を残しています。

上原浩治の2013シーズンの月別成績

上原浩治の2013シーズンの月別成績

7月と8月ともに自責点0ですが、7月は失点がありました。しかし、8月は失点すらありません。まさに完璧な投球をした8月と言えます。

この7月8月の好投で、8月終了時点で防御率は1.19となり、さらに9月に入っても自責点0が継続していますので、防御率は1.16となっています。

三振のペースこそ8月は落ちたものの、10試合で被安打3、与四球1では、相手も攻略のしようがない状態にあることがわかります。

上原浩治の2013シーズン8月の試合別成績

上原浩治の2013シーズン8月の試合別成績

投球回数が11イニングで投球数は141のため、1イニングあたり12.8球しか投げていません。

しかも、投球のテンポの良いので、上原が登板するとあっという間に試合が終わってしまうという感覚に、味方も対戦相手もなっているのではないかと思います。

また、この球数の少なさが高いパフォーマンスを続けることができている要因のひとつだと思います。球数が少ないほど、疲労が残りにくいわけですから、まさに理想的です。

もうすっかりレッドソックスには欠かせない、正クローザーとなった上原浩治です。

レッドソックスのプレーオフ進出は間違いないと思いますので、このまま頑張って欲しいです。

合わせて読みたい関連記事

  1. 上原浩治が無失点記録を26試合に伸ばした後の米メディアの反応
  2. 上原浩治のクローザーとしてのアメリカでの評価
  3. 上原浩治が25試合連続無失点で防御率1.10に!!
スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています