楽天イーグルスのFA・トレード・新外国人補強の最新情報(2017-18)

■ 楽天イーグルスのFA契約・新外国人・トレード・退団・引退に関する最新情報

初回公開日:2017/10/06
最終更新日:2017/10/17

  1. イーグルス所属のFA権保有選手の一覧
  2. イーグルス所属選手の退団・引退の最新情報
  3. イーグルスのシーズンオフの戦力補強の最新情報

スポンサードリンク

イーグルス所属のFA権保有選手の一覧

イーグルス所属のFA権を有する選手の一覧です。

選手名(ポジション) 年俸 備考
藤田一也(内野手) 1億1000万円 海外FA
2年契約1年目終了
嶋基宏(捕手) 1億円 海外FA
4年契約終了
松井稼頭央(外野手) 7000万円 海外FA
球団は戦力構想外で指導者のポストを用意も、現役続行希望。他球団への移籍を模索(10/12)
青山浩二(投手) 6000万円 海外FA
聖澤諒(外野手) 5000万円 国内FA
細川亨(捕手) 2000万円 海外FA
久保裕也(投手) 600万円 国内FA→育成契約

監督・コーチ・選手の退団・引退の最新情報

イーグルス所属の監督・コーチ・選手の退団・引退の最新情報です。

選手名(ポジション) 年俸 備考
武藤好貴(投手) 1400万円 戦力外
大塚尚仁(投手) 550万円 戦力外
片山博視(投手) 440万円 戦力外 → トライアウト
伊藤亮大(内野手) 650万円 戦力外

イーグルスのシーズンオフの戦力補強の最新情報

スポンサーリンク

イーグルスのシーズンオフの戦力補強・監督・コーチ人事の最新情報です。

2017年10月4日の報道です。

梨田昌孝監督(64)の来季去就について、安部井チーム統括本部長は「まだシーズンは終わっていないので、どうなるかは決まっていない」と続投を明言しなかった。

引用元:サンケイスポーツ

シーズン序盤の好調さを考えると失速と言える後半戦、終盤となってしまった楽天です。ソフトバンクに引き離されてしまったのはやむを得ないとしても、クライマックスシリーズのファーストステージを本拠地で行うことのできる2位を確保できなかったのは痛手でした。

岸孝之に4年16億円、さらにはシーズ途中にクルーズを金銭で獲得するなど、大金を投資したこともあり、クライマックスシリーズ進出で回収したいところでしたが、それはなりませんでした。

3年契約2年目にクライマックスシリーズ進出ということになりますので、一定の評価を得ても良いのですが、楽天のオーナーは納得していないようで、「監督の去就? 日本シリーズに出場できるチャンスがある以上、そういう議論をするのは早い」とコメントしています。

ただ、梨田監督に代わるような目ぼしい後任監督がいるかどうかと言われると疑問は残るところがあります。
一部メディアでは宮本慎也氏を抜擢するのではないかとの報道もありましたが、すでにヤクルトのヘッドコーチ就任となりました。
仮にファーストステージで敗退しても、星野氏が三木谷オーナーを説得を試みるのではないかとは考えられます。

2017年10月8日の報道です。

楽天は7日、久保裕也投手(37)と宮川将投手(26)に来季の支配下契約をしないことを通告した。両投手とは育成選手として再契約する見込みだ。
巨人、DeNAと2年連続で戦力外通告を受けた久保は春季キャンプでテスト入団。6月に1軍に昇格すると、リリーフとして27登板で3勝1敗6ホールド、防御率3・60の成績を残していた。だが9月9日に「右第4、5手血流低下」と診断されて登録抹消。その後はファームでの登板もなかった。

引用元:スポーツ報知

復活を感じさせる結果を残していただけに、残念な育成契約への移行となる久保裕也です。
年俸は600万円と格安で、今季の成績によりある程度の上昇があったとしても高額にはならないと予想されます。
にも関わらず、育成契約への移行となりますので、復帰の目途がまだしっかりとしていないのかもしれません。

宮川将は2016年に育成契約から支配下契約に戻ったのですが、来年は育成契約に逆戻りすることになりました。

2017年10月12日の報道です。

今季は全143試合に出場した島内、攻守に光った岡島の成長に加え、オコエやD3位・田中(立大)らの台頭もあり、本格的に外野陣の若返りに着手。球界関係者によると、松井稼が来季の構想から外れたことが判明した。
(中略)
前半戦終了の時点で早くも、来季の現役続行を決意。「体力的にも現役を続ける自信があります。あくまで、現役を続けるのは自分の意向。契約するか否かは球団側(楽天)の判断。それがプロの世界です」と口にしていた。
楽天は指導者のポストも提示したが、現役続行にこだわる松井稼は固辞。球団が退団を正式に発表した後、新天地をさがす見込みだ。

引用元:サンケイスポーツ

今季は44試合に出場し、打率.211、2本塁打、10打点という成績で、基本的には代打要員となり、内野の守備に関しては少々不安なところがありますが、内外野を守れるスーパーユーティリティという選手とはなります。
年俸は昨シーズンオフに9000万円減という大幅減の7000万円で更改していますが、現役続行を他球団で模索するにしても年俸は半分以下になることが濃厚です。

本人の感触とは裏腹に、控えとして必要としてくれるチームがいるのか疑問が残るところはあります。
選手層が薄く、ベテランの梵や武田久を補強候補としている中日あたりであればニーズがあるかもしれません。

2017年10月16日の報道です。

楽天が、梨田昌孝監督(64)に来季の指揮を託す方針を固めたことが15日、分かった。梨田監督が続投要請を受託すれば来季で3年目となる。
(中略)
選手の状態とチーム事情を把握し、茂木を1番、ペゲーロを2番に据えるなど柔軟に起用。ケガを未然に防ぐための積極的休養を与えるなど、特に用兵面で豊かな経験を発揮した。選手育成も巧みで、ルーキー投手が次々と1軍で活躍。ドラフト1位の藤平も3勝を挙げるなど、チームの土台を組み直すことに成功した。
夏場以降に苦しんだが最終的な貯金は14。昨季の借金16から大きく上積みさせ、シーズン3位で日本一となった13年以来となるポストシーズンに進んだ。

引用元:日刊スポーツ

結果としてクライマックスシリーズのファイナルに進出しましたが、報道そのものはファーストステージの第3戦前のものでした。

開幕時のスタートダッシュが良すぎたため、「失速した」という印象が残ってしまいがちですが、チーム全体の戦力、選手層を考えれば春先が良すぎただけに過ぎません。
逆にその時に貯金を稼いだことが、シーズン全体を通じてで14も勝ち越すことにつながっています。

予算の制約も厳しいチームでありながら、選手育成も上手く行っているとは言い難い状況でした。それを考えれば、梨田監督の手腕は素晴らしいものがあると言えます。

この成績で梨田監督を切ったとしても、これ以上のものをいきなり残せるような指揮官を見つけるのは至難のわざと考えられます。

チームの印象として若い指揮官をというものがあるのかもしれませんが、後数年は梨田監督に託して、若い選手の育成を強化していくことのほうが、長い目で見れば球団のレベルそのものを底上げできるのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

よく読まれています

このページの先頭へ