広島カープのFA・トレード・新外国人補強の最新情報(2017-18)

■ 広島カープのFA契約・新外国人・トレード・退団・引退に関する最新情報

初回公開日:2017/10/03
最終更新日:2017/10/03

  1. カープ所属のFA権保有選手の一覧
  2. カープ所属選手の退団・引退の最新情報
  3. カープのシーズンオフの戦力補強の最新情報

スポンサードリンク

カープ所属のFA権保有選手の一覧

カープ所属のFA権を有する選手の一覧です。

選手名(ポジション) 年俸 備考
石原慶幸(捕手) 1億2000万円 海外FA
新井貴浩(内野手) 1億1000万円 海外FA
小窪哲也(内野手) 4000万円 国内FA
梵英心(内野手) 4000万円 海外FA
永川勝浩(投手) 3700万円 海外FA
赤松真人(外野手) 3600万円 海外FA
天谷宗一郎(外野手) 2400万円 国内FA
江草仁貴(投手) 1600万円 国内FA → 引退

監督・コーチ・選手の退団・引退の最新情報

カープ所属の監督・コーチ・選手の退団・引退の最新情報です。

選手名(ポジション) 年俸 備考
梵英心(内野手) 4000万円 自由契約 → 他球団で現役続行希望
江草仁貴(投手) 1600万円 現役引退

カープのシーズンオフの戦力補強の最新情報

スポンサーリンク

カープのシーズンオフの戦力補強・監督・コーチ人事の最新情報です。

2017年10月3日の産経ニュースによる報道です。

広島の梵(そよぎ)英心内野手(36)が今季限りで退団することが3日、分かった。鈴木清明球団本部長が「本人がまだやりたいと、出場機会を求めている。広島出身で、これまで貢献してくれた選手。本人の意思を尊重した」と、自由契約にすることを明かした。今後は他球団での現役続行の道を探ることとなる。

引用元:産経ニュース

2017年10月3日のスポーツニッポンによる報道です。

今月11日には37歳になる。それは千鈞(せんきん)の重みを持つ決断だった。本人が打ち明ける。
「今季1軍に上がれなかったのは自分の責任。(球団から)そういう話があるだろうな…と思ったけど、辞める選択肢はなかった」

引用元:スポーツニッポン

2010年には盗塁王のタイトルを獲得し、遊撃手としてゴールデングラブ賞を受賞していて、2014年まで100試合以上にコンスタントに出場してきた梵英心です。
しかし、本人の故障と田中広輔の台頭もあり出場機会が激減し、2015年は96試合、2016年は7試合、そして2017年は一軍でプレーすることはできませんでした。

チームとしては功労者であるため本人の意思を尊重し、他球団との交渉のハードルをできるだけ無くすために「野球協約の減額制限超過提示による自由契約」による自由契約の手続きを行うことになりました。

ウエスタン・リーグでも48試合で打率.257、盗塁3と際立つような数字ではないため、移籍先を見つけるのも簡単ではなく、年俸4000万円からの大幅減は濃厚です。
本人は金額うんぬんではなく現役を続けたいという希望があり、それを球団側が尊重したということのようです。

スポンサーリンク

よく読まれています

このページの先頭へ