2013夏の甲子園で気になった投手-前橋育英高・高橋光成

スポンサーリンク

前橋育英高校の高橋光成投手について

前の2回に続いて、2013夏の甲子園で気になった投手について書いてみたいと思います。

・前々回:2013夏の甲子園で気になった投手-済美高校・安楽智大
・前回 :2013夏の甲子園で気になった投手-瀬戸内高校・山岡泰輔

一回戦の岩国商戦、二回戦の樟南戦と二試合連続完封をしました前橋育英高・高橋光成について書いてみたいと思います。

済美高校の安楽智大と同じくまだ2年生です。

その高橋ですが、岩国商戦では9回13奪三振、被安打5、与四死球2で、樟南戦では9回6奪三振、被安打5、与四死球1という内容でした。

2試合とも完封です。

ストレートと縦のスライダーの腕の振りが鋭く、スライダーがコーナーと低めによく制球されています。

ストレートはややシュート回転するものの、キレが良く、スライダーが有効で三振をとれています。

済美高校の安楽が日本ハムの大谷みたいな印象で、この前橋育英の高橋は、阪神の藤浪のような印象です。

投手としての完成度は高橋が安楽を上回っているという気がします。

今後の強豪校との対戦で高橋光成の実力を測る必要が

ただ、初戦、2回戦とも、相手打線が強力ではありませんでした。

特に2回戦の樟南線では、相手の攻撃のミスと味方の守備に助けられていました。

特に前橋育英の守備は、この夏の甲子園で間違いなくトップクラスなので、その守備力が無ければ、樟南戦では、3点くらいは取られていたと思います。

ただ、高橋は、この樟南戦では今後のことを考え、疲労を抑えるために、三振ではなく打たせて抑えることを、意識していたようですので、判断が難しいところもあります。

ですが、それを考慮しても、投手そのものとしての力量を測る上では、2試合連続完封という結果から、多少は差し引いて見たほうが、フェアかなという気がします。

今度の対戦は、横浜高校が相手ということで、この試合が高橋光成の力量の試金石になるのではないかと思っています。

高橋のピッチングは完成度が高いですが、まだ線が細いので、今後そういった面で進歩があると、より可能性が広がる気がします。

完成度が高く、高校レベルでまとまりすぎると、伸びしろの無さにつながってしまいますので、そのあたりも今後見て行きたい投手です。

スポンサーリンク

フォローする

よく読まれています