DeNAベイスターズの先発ローテーション・スターティングメンバー最新情報

Baystars Catch

【横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション・スターティングメンバーの最新情報】

スポンサードリンク

先発ローテーションの最新情報

横浜DeNAベイスターズの先発ローテーションに関する予想と最新情報です。★マークはほぼ確定です。

【最新情報】

  • ラミレス監督が石田健大を開幕投手ならびにエースに指名
  • 2017/02/15:「19球で2イニング、最速147キロ出て全体的によかった。開幕まで時間はある。この投球を続けてほしい。(ローテ入りは)その可能性は十分高い」とドラフト1位の浜口遥大投手を高評価
  • 2017/03/03:開幕ローテ入り確定の石田、今永、井納以外は「先発のローテーションを争う形になる」とラミレス監督
  • 2017/03/05:ウィーランドが3月5日のオープン戦で5回を無失点、被安打1、無四球の好投。ラミレス監督は「この調子が続けば当然ローテ入り」
  • 2017/03/18:ラミレス監督がシーズン開幕戦に登板させる石田に加えて、本拠地開幕戦は今永を起用することを明言。加えて先発ローテに入る投手として井納、ウィーランド、クラインの3名を上げる。そして「6人目はまだ競っている段階だが、浜口がいいパフォーマンスを見せてくれている」と6人目は確定ではないものの、ドラフト1位の浜口が有力と明かす。
  • 2017/03/18:三嶋が4回7失点で開幕ローテから遠ざかる
  • 2017/03/20:ラミレス監督がクローザーを山崎康晃とパットンのとちらにするかについて「ぎりぎりまで考えると」と話す。
  • 2017/03/22:浜口遥大が2度目の先発で5回2失点。開幕ローテに更に前進。

【先発ローテーション】

横浜DeNAベイスターズの予想される2017年の先発ローテーション、抑え、セットアッパー、リリーフ投手の編成は以下のとおりです。

POS 選手
SP1 ★井納翔一(右)151.2回/防御率3.50/7勝11敗/WHIP1.04
SP2 ★石田健大(左)153.0回/防御率3.12/9勝4敗/WHIP0.84
SP3 ★今永昇太(左)135.1回/防御率2.93/8勝9敗/WHIP0.81
SP4 ★クライン(右)新外国人
SP5 ★ウィーランド(右)新外国人
SP6 ★濱口遥大(左)2016年ドラフト1位指名

【先発ローテ・バックアップ】

  • 三嶋一輝(右)24.0回/防御率3.75/1勝1敗/WHIP1.00
  • 熊原健人(右)29.0回/防御率4.97/1勝1敗/WHIP1.07
  • 砂田毅樹(左)52.1回/防御率3.78/2勝2敗/WHIP1.24
  • 久保康友(右)96.1回/防御率3.55/5勝8敗/WHIP1.10

【ブルペン】

POS 選手
CLO 山﨑康晃(右)57.2回/防御率3.59/33SV・9HP/WHIP0.99
SET パットン(右)新外国人
SET 三上朋也(右)58.2回/防御率2.61/2勝4敗2SV34HP/WHIP0.84
RP1 田中健二朗(左)44.0回/防御率2.45/5勝3敗28HP/WHIP1.11
RP2 須田幸太(右)53.2回/防御率2.68/5勝3敗28HP/WHIP1.04
RP3 小杉陽太(右)26.2回/防御率3.71/0勝0敗0HP/WHIP1.05
RP4

備考:先発ローテは井納翔一、石田健大、今永昇太の3人に加えて、4番手と5番にはクラインとウィーランドの新外国人2人が入ることに。6番手をドラフト1位の濱口遥大を筆頭にベテランの久保康友、左腕の砂田毅樹、三嶋一輝らを筆頭に争うことに。砂田はリリーフとしてのほうが投球内容と成績ともに良かったため、先発で上手く行かないようであればブルペンにまわることに。クローザーは勤続疲労が隠しきれない山﨑康晃と新外国人のパットンの争いに。

スポンサーリンク

スターティングメンバーの最新情報

横浜DeNAベイスターズのスターティングメンバーに関する予想と最新情報です。

横浜DeNAベイスターズの予想される2017年のスターティングメンバー、ベンチ要員などの編成は以下のとおりです。★マークはほぼ確定です。

【最新情報】

  • 2017/01/03:5人が筒香、梶谷、ロペス、倉本、桑原の名を挙げて、「今のところ、基本的に彼らがレギュラー」とラミレス監督が明言。ラインナップは1番センター・桑原、2番ライト・梶谷、3番ファースト・ロペス、4番レフト・筒香、そして6番ショート・倉本という布陣。5番もしくは7番を打つセカンドとサードは宮崎、石川、白崎、エリアン、新外国人シリアコで争わせる構想を明かす。
  • 2017/02/28:ラミレス監督はセカンドは宮崎敏郎、田中浩康、石川雄洋の3人で争わせる意向。「3人には長所、短所がある。最終的にレギュラーが出てきてくれれば」
  • 2017/03/01:ラミレス監督が戸柱恭孝について「状態が上がっている。開幕戦のキャッチャーをやってもらう。しっかり治してほしい」
  • 2017/03/20:三塁のレギュラーをシリアコと争う白崎浩之がオープン戦で3本目の本塁打。ラミレス監督「サードのレギュラーを争っている。このまま成績を残してほしい」と新外国人シリアコとの競争による相乗効果を期待。
POS 選手
捕手 ★戸柱恭孝 嶺井博希 髙城俊人
一塁手 ★ロペス 佐野恵太 山崎憲晴 G.後藤 武敏
二塁手 宮﨑敏郎 田中浩康 石川雄洋 山崎憲晴
三塁手 ☆白崎浩之 シリアコ エリアン 山崎憲晴
遊撃手 ★倉本寿彦 柴田竜拓 山崎憲晴
左翼手 ★筒香嘉智 佐野恵太 乙坂智 細川成也
中堅手 ★桑原将志 関根大気
右翼手 ★梶谷隆幸 荒波翔
DH ロペス シリアコ エリアン G.後藤 武敏

備考:セカンド、サード以外はほぼ布陣が固まっている状態。投手陣に不安があるためクライン、ウィーランド、パットンの3人が外国人枠4人に入る可能性が高いため、開幕時はロペスが残り、シリアコ、エリアンは二軍の可能性が大。そのためオープン戦好調な白崎浩之がサードの開幕スタメンに近づく。

スポンサーリンク

よく読まれています

このページの先頭へ