NPBラウンドアップ – セ・リーグ最新情報(2017年3月30日)

スポンサードリンク

広島東洋カープ最新情報

広島カープの先発・スタメン・故障者・補強・成績などの最新情報です。

  • 2017/03/29:ブレイディン・ヘーゲンズ投手がインフルエンザB型で離脱することが決定。代わってライアン・ブレイジア投手が一軍昇格し、出場選手登録をされる。畝コーチはカットボールのあるヘーゲンズを左打者対策として期待していたものの離脱となったため左腕の「飯田が重要になる」とコメント(サンスポ)

ペーニャではなくブレイジアが昇格となったため、外国人枠は投手3、野手1が継続。危機管理と競争のためにライアン・ブレイジア投手を獲得していたことが、早速奏功したかたちになりました。

読売ジャイアンツ最新情報

巨人の先発・スタメン・故障者・補強・成績などの最新情報です。

  • 三塁にはマギー、二塁には中井、一塁には阿部、左翼に岡本が並ぶ予定で、昨年の開幕オーダーから4人が変わるオーダーになる見込み。(サンスポ)
  • ドラフト3位の谷岡竜平、同4位の池田駿を開幕一軍、中継ぎの一角として登録。高橋監督は「(谷岡は)オープン戦を通じて良いところがあったし、池田も良い形で冷静に投げてくれたからね」と話す。(サンスポ)

中井が先発になるのはオープ戦終盤に好調だったことに加えて、中日の先発予定が左腕の大野雄大ということも決断に影響を与えたようです。

昨年は1.長野(RF)、2.立岡(CF)、3.坂本(SS)、4.ギャレット(1B)、5.クルーズ(2B)、6.亀井(LF)、7.村田(3B)、8.小林誠(C)という開幕オーダーでした。

ここからファーストがギャレットから阿部慎之助、セカンドがクルーズから中井大介、サードが村田修一からマギー、レフトがギャレットから岡本和真に代わることになるようです。

横浜DeNAベイスターズ最新情報

DeNAの先発・スタメン・故障者・補強・成績などの最新情報です。

  • 腰の張りを訴えていたウィーランドがブルペン入りして25球を投げる。「ウオーミングアップから問題がなかった。肩肘の問題じゃないので、すぐ投げられる状態にある」と説明。問題がなければ4月6日の巨人戦に登板の見込み(スポニチ)

開幕時の外国人の登録はパットン、シリアコ、クライン、ロペスの4人となっています。

ロペス、パットンは現時点で登録され続ける可能性が高く、残る2枠はシリアコ、クライン、ウィーランドは状態の良い選手やチーム状況に合わせて判断されることになりそうです。

阪神タイガース最新情報

阪神の先発・スタメン・故障者・補強・成績などの最新情報です。

  • 下半身の張りで調整のペースを落として安藤優也が今季初の実戦登板として二軍戦で1イニングを投げて、三者凡退に抑える。は「俺の感覚では初めてにしては投げたいところに投げられた。第一段階はクリア」とうなずいた。香田投手コーチは「いつ何時どうなるかわからない。いい準備をしてほしい」と期待(サンスポ)
  • 開幕5戦目となるヤクルト戦に先発予定の秋山拓巳が二軍戦で5回6安打1失点と好投。球速も最速で145キロをマーク。(サンスポ)

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズ最新情報

ヤクルトの先発・スタメン・故障者・補強・成績などの最新情報です。

  • 山田哲人がアディダスジャパンとのアドバイザリー契約を結ぶ。アディタスの野球部門では初めての複数年契約、年数や契約年数は明らかにされなかったものの、4年を超える長期契約になるとことは確実(日刊スポーツ)

中日ドラゴンズ最新情報

中日の先発・スタメン・故障者・補強・成績などの最新情報です。

  • 3月31日の巨人との開幕戦では新人の京田が「7番・遊撃」でスタメンが濃厚(スポーツ報知)
  • オフに左肘遊離軟骨除去手術を受け、キャンプは二軍でリハビリ、調整を続けていた小笠原慎之介が実戦登板。楽天との二軍戦で3回無失点・被安打1・与四球1・奪三振3と上々の内容。(ベースボールキング)

小笠原慎之介に関しては、森監督がシーズン後半にずれ込むことも想定していましたが、比較的順調に調整が進んでいるようで、もっと早い段階で一軍昇格する可能性が高そうな状況となっています。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ