NPBラウンドアップ – セ・リーグ最新情報(2017年3月29日)

スポンサードリンク

広島東洋カープ最新情報

広島カープの先発・スタメン・故障者・補強の最新情報です。

  • 2017/03/27:開幕投手がクリス・ジョンソンであることを緒方監督が明言
  • 2017/03/27:「タナキクマルの3人が打線の看板でありますし、引っ張っていってもらいたい選手」「今年の課題は4番打者」と話し、鈴木誠也について「昨季以上の成長が見られれば、4番に据えようかなという考えもある」(日刊スポーツ)
  • 2017/03/28:3月27日のセ・リーグファンミーティングで緒方監督が先発ローテ入りする大瀬良大地と九里亜蓮の2人に、黒田博樹の穴埋めを期待。「黒田の穴を誰が埋めるかがポイント。大瀬良、そして九里、この2人には投手の中でも期待している」(スポーツ報知)
  • 2017/03/28:「三塁手のペーニャ。開幕の登録は外れます」と緒方監督が明言。6人いる外国人に対して4枠しかないため、開幕時は一軍には外れることに。(ベースボールキング
  • 2017/03/28:開幕3連戦はジョンソン、岡田、九里という並びに。当初3戦目が想定された大瀬良大地は故障からの復帰であることを考慮して2カード目にまわることが濃厚に。
    (デイリー)

広島の先発ローテーションは開幕3連戦がクリス・ジョンソン、岡田明丈、久里亜蓮となり、続くカードに野村祐輔、大瀬良大地が登板することに。

開幕4番はオープン戦好調の新井貴浩が濃厚も、中長期的な観点で鈴木誠也を候補として期待していて、その基準として昨年以上の成績が必要であることを緒方監督は示唆しています。

広島の外国人枠は開幕当初は投手3人、野手1人になる見込みで、ペーニャが当面は外れるため開幕時の野手はエルドレッドが濃厚に。
投手に関してはクリス・ジョンソンとセットアッパーのジェイ・ジャクソンが確実で、ヘーゲンスと新外国人のブレイジアのどちらかになるも、昨年の実績も踏まえてヘーゲンスが有力。

読売ジャイアンツ最新情報

巨人の先発・スタメン・故障者・補強の最新情報です。

  • 2017/03/28:今季開幕戦にはマイコラスを登板させ、疲労がある菅野智之を開幕2カード目の頭にまわすことを高橋由伸が「燦燦会」で明かす(サンスポ)
  • 2017/03/28:巨人の開幕先発ローテは1カード目がマイコラス、田口麗斗、大竹寛、2カード目が菅野智之、内海哲也、吉川光夫という編成に。(スポーツ報知)

田口麗斗が2戦目の先発となるのはオープン戦の好成績に加えて、4月に対戦が多い中日と阪神戦を得意しているため。大竹寛は中日に強いこともあり開幕カード3戦目になっています。この6人が当面の先発ローテとなるものの、バックアップとして杉内俊哉、宮國椋丞らも控えているため、調子が悪い投手は振り落とされることに。

他にも山口俊、高木勇人らもいるなど層の厚さはセ・リーグではダントツのNO.1の布陣。

横浜DeNAベイスターズ最新情報

DeNAの先発・スタメン・故障者・補強の最新情報です。

  • 2017/03/28:ドラフト1位の浜口について「今のところ、どこで投げるかは決まっていないが、彼が開幕ローテーションに入ることは間違いない。10勝はできると信じています」とラミレス監督がローテ入りを明言(スポニチ)
  • 2017/03/28:ラミレス監督が開幕戦のオーダー案として桑原、梶谷、筒香、ロペスと不動の上位打線に加え、5番にシリアコ、6番にヤクルトから加入した田中浩を起用する方針を明かす(サンスポ)

先発ローテはすでに開幕投手として石田健大、本拠地開幕戦に今永昇太が起用される見込みで、その他にローテ入りが確定していたのが井納翔一、クライン、ウィーランドの両新外国人のため、6人の枠が確定することに。

野手ではセンターを桑原、ライトを梶谷、レフトを筒香、ファーストをロペス、ショートを倉本、キャッチャーが戸柱らが確定している中、サードとセカンドでのポジションが争いが焦点となっていました。

このラミレス監督の構想だと開幕時はセカンドに田中浩康、サードに新外国人のシリアコが入ることになります。開幕当初は新外国人投手を一人外しておいて、先発ローテが回ってきた時に登録して、同時にシリアコを外すという可能性がありそうです。

阪神タイガース最新情報

阪神の先発・スタメン・故障者・補強の最新情報です。

  • 2017/03/27:伊藤和雄投手は開幕時は二軍に(サンスポ)
  • 2017/03/28:香田投手コーチがメッセンジャー、岩貞祐太、能見篤史、藤浪晋太郎、秋山拓巳、青柳晃洋の6人が先発ローテとなることを明言(デイリー)
  • 2017/03/29:桑原謙太朗投手が開幕一軍に(サンスポ)
  • 2017/03/29:ドラフト5位の糸原健斗の開幕一軍が決定的(スポニチ)

広島との開幕カードはメッセンジャー、岩貞、藤浪、ヤクルトの開幕2カード目は藤浪、秋山、青柳の順番になることが濃厚。

打線に関しては4番打者を固定せずに、日替わりでオーダーを組むことを金本監督は明かしています。

スポンサーリンク

東京ヤクルトスワローズ最新情報

ヤクルトの先発・スタメン・故障者・補強の最新情報です。

  • 2017/03/29:椎間板ヘルニアで離脱していた川端慎吾が28日のイースタン・リーグで実戦復帰。出場はDH。結果は投ゴロ、空振り三振、左飛(サンスポ)
  • 2017/03/29:ヤクルトに新加入した前ロッテの大松と前楽天の榎本の開幕1軍が決定(スポニチ)
  • 2017/03/29:WBCに出場していたバレンティンと山田哲人は日本での実戦調整はなしで開幕スタメンで出場予定(スポニチ)
  • 川端慎吾は4月上旬には復帰できる見込みで、開幕一軍の登録は外れるものの、最短では4月2日の開幕2戦目には登録できることになっています。

    投手陣は先発ローテが石川雅規、小川泰弘、オーレンドルフ、ブキャナン、山中浩史、館山昌平に、村中、石山、原樹理らは先発ローテのバックアップであるだけでなく、中継ぎで起用されることに。

    中日ドラゴンズ最新情報

    中日の先発・スタメン・故障者・補強の最新情報です。

    • 2017/03/28:エルビス・アラウホ、ホルヘ・ロンドンの新外国人2投手、石岡諒太内野手、松井佑介外野手が開幕は二軍での調整が決定。野手では木下拓哉捕手、石川駿内野手、溝脇隼人内野手、ドラフト2位の京田陽太内野手の初の開幕一軍が決定的に。この結果、開幕時の編成が固まる。(スポーツ報知)

    先発ローテは大野雄大、吉見一起、鈴木翔太、山井大介、バルデス、小熊凌祐の6人となり、リリーフ投手は田島慎二、岩瀬仁紀、又吉克樹、岡田俊哉、祖父江大輔、浅尾拓也、三ツ間卓也、ジョーダンらで編成されることになる見込み。

    野手は内野が荒木雅博、森野将彦、石川駿、遠藤一星、ゲレーロ、溝脇隼人、京田陽太、亀沢恭平、堂上直倫、外野が藤井淳志、平田良介、大島洋平、工藤隆人、ビシエドとなる見込みです。

    先発ローテの2カード目の投手たちは開幕のロースター28名には入らず、先発時に一軍に登録される見込みで、以下の31名による編成ンとなる状況です。

    • 先発投手(6):大野雄大、吉見一起、鈴木翔太、山井大介、バルデス、小熊凌祐
    • リリーフ投手(8):田島慎二、岩瀬仁紀、又吉克樹、岡田俊哉、祖父江大輔、浅尾拓也、三ツ間卓也、ジョーダン
    • 捕手(3):杉山翔大、木下拓哉、松井雅人
    • 内野手(9):荒木雅博、森野将彦、石川駿、遠藤一星、ゲレーロ、溝脇隼人、京田陽太、亀沢恭平、堂上直倫
    • 外野手(5):藤井淳志、平田良介、大島洋平、工藤隆人、ビシエド

    スポンサードリンク

    よく読まれています

        

    このページの先頭へ