【新外国人分析】日本ハムが獲得間近のミッチ・ライブリー投手を数字で分析

パ・リーグの首位を走る北海道日本ハムファイターズがリリーフ投手の補強に動いているようです。

ナショナルズ傘下の3Aに所属していたミッチ・ライブリー投手と条件面で基本合意し、正式発表間近であると日本のメディアが報じています。

期待されていたマイケル・クロッタが防御率9.39と絶不調ということもあり、その穴を埋めるべくミッチ・ライブリーに白羽の矢をたてたようです。

そのミッチ・ライブリー投手をマイナー時代の成績を元に、数字で分析していきます。

スポンサードリンク

メジャー昇格の経験がないミッチ・ライブリー

ミッチ・ライブリーは右投右打の投手で現在は29歳で、今年の9月で30歳となります。2007年のMLBアマチュアドラフトの16巡目全体492番目にコロラド・ロッキーズから指名されてプロ入りしています。

しかし、ルーキーリーグで6試合(防御率1.35)を投げた後に、すぐにロッキーズからリリースされ、その後独立リーグで11試合12.1回で防御率2.13という数字を残し、サンフランシスコ・ジャイアンツと契約します。

その後は、サンフランシスコ・ジャイアンツ傘下のマイナーで2014年シーズン途中までプレーを続け、その後ナショナルズに移籍します。

2015年はナショナルズの3Aでプレーしていましたが、日本の球団から獲得の申し入れがありリリースされたことが現地の6月13日に明らかにされていました。

その情報では阪神タイガースが契約するようだとのことでしたが、日本の報道では日本ハムファイターズとなっていますので、こちらのほうがより正確だと思われます。

ミッチ・ライブリーは2012年まではリリーフ専任の投手でしたが、2013年以降は先発としても起用されています。ですが、キャリアの全てはマイナーでのものでメジャー経験はありません。

ミッチ・ライブリーのマイナーでの年度別成績

日本の球団が新外国人を獲得する際に重視する2Aと3Aの成績を含めたミッチ・ライブリーのマイナーでの年度別成績は以下の表のとおりとなっています。

Mitch Lively Stats 20150616

2A通算では55試合(先発0)で80.0回を投げて、防御率2.81/奪三振62/WHIP1.35、3A通算では126試合(先発44)で364.2回を投げて防御率4.12/26勝17敗/奪三振313/WHIP1.34となっています。

2012年は3Aで47試合78.1回で防御率2.99という成績を残したものの昇格はできず、翌年からは先発もこなすようになりましたが、防御率は悪化しています。

全体的に見て際立つような数字はないものの2015年に関しては18試合(先発2)で35.0イニングを投げて、防御率2.31/奪三振29/WHIP0.97という良い数字を残しているのは好材料と言えそうです。

奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)はイニング数を上回るほどの数の三振は奪えいないため、目立つほど高くはなく3Aのキャリア通算でも7.72、2015年も7.46となっています。

気になるのは与四球が少ない方ではないことで、与四球率(9イニングあたりの与四球数)はキャリア通算が3.6、2015年が3.3となっています。

パ・リーグの2015年交流戦終了時点では、近い与四球率となる投手は松井裕樹(3.8)、佐藤達也(3.5)、武藤好貴(3.4)、石井裕也(3.1)、鍵谷陽平(3.05)となり、極端に多いわけでもありませんが、少ない方でもないという数字です。

奪三振率で数字が近いのはカルロス・ロサの7.52、武隈祥太の7.03となるため、奪三振も少なくはないものの、多くもないという数字になっています。

先発投手としての登板が多かった2014年は防御率4.74/WHIP1.59とイマイチで、与四球率も4.0、被安打率も10.3と悪かったのですが、再びリリーフでの登板が多くなった2015年は数字が向上していますので、先発はローテの谷間や緊急事態のみに限定し、基本はリリーフとして起用したほうが力が発揮できそうなミッチ・ライブリーです。

ミッチ・ライブリーの動画と球種・投球スタイルについて

ミッチ・ライブリーはメジャーでの経験がなく、オープン戦での登板もないためメジャーでのデータが残っていませんし、動画もほとんどありません。

そのような中でも1球だけではありますが、投球フォームと球速を確認できる動画が以下のものです。

オールドスタイルのワインドアップモーションがこの動画では話題になっています。

この投球でのファーストボールの球速は93マイル(149.6キロ)と、この動画での球速は特別に速い方ではありません。特に日本の柔らかいマウンドでは基本的に球速が落ちますので、最速でも140キロ半ばが出る程度になるかもしれません。

変化球に関しては日本のメディアによるとスライダーが武器であるとのことですが、実際の投球を確認できる動画は見当たりませんでした。

奪三振率、与四球率、被安打率を見ても、圧倒的な力で封じ込めるほどのリリーフとしての投球は期待しにくいと考えられる数字が並んでいるミッチ・ライブリーです。

150キロ超の球速がでない場合に、頼れる変化球がスライダーだけとなるとコンタクトに優れる打者が多い日本のプロ野球では、苦しくなりますので、チェンジアップか、もしくは2シーム、カットボールなどボールを動かせる球種がもう一つはほしいところです。

日本に来てからのボールとマウンドへのアジャストが必要となり、しかもシーズン中となるため二軍での調整が重要になりそうです。

全体的には華々しい活躍を期待しにくい印象ですが、2015年のマイナーでの成績は悪くありませんので、そこに期待することになりそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ