DeNAベイスターズが調査中のデュアン・ビロウ投手を数字で分析

クライマックスシリーズ進出だけでなく、リーグ優勝を狙える位置につけている横浜DeNAベイスターズが第5の外国人の獲得に向けて調査中だと報じられています。

すでに一軍の外国人4人枠にはロペス、バルディリス、エレラ、モシコーソがいますが、左腕投手不足ということもあり、ニューヨーク・メッツ傘下の3Aラスベガスでプレーするデュエン・ビロウ投手の獲得の可能性があるとのことです。

そのデュエン・ビロウ投手のメジャーとマイナーでの成績、球種、動画などを見ながら分析していきます。

スポンサードリンク

デュエン・ビロウ投手のメジャーとマイナーでの成績から分析

左投左打の投手で現在29歳のデュエン・ビロウは2006年ドラフト19巡目全体562番目にタイガースに指名されてプロ入りし、2011年7月20日にメジャーデビューを果たしています。

その後2013年4月にマイアミ・マーリンズに移籍したものの8月には自由契約となり、2013年12月に再度デトロイト・タイガースと契約を結びます。

しかし、1年後には再びタイガースからリリースされて、2015年1月にメッツと契約を結び、今シーズンを迎えています。

そのデュエン・ビロウのマイナーとメジャーでの年度別成績は以下の表のとおりとなっています。

Duane Below Stats 2015

2Aと3Aでは先発投手としてのキャリアを積んでいましたが、メジャー43試合では3試合だけの登板にとどまり、ロングリリーフなどをこなしていました。

2A通算では30試合137.1回で防御率4.65/8勝12敗/WHIP1.36、3A通算では72試合(先発65)398.0回で防御率3.14/28勝21敗/WHIP1.28となっています。

投手のタイプととしては奪三振が多い方ではなく、打たせてアウトを取るタイプの投手です。奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)は2Aで7.21、3Aで5.61、MLBでは5.19となっています。

制球面では2012年に与四球が多くなりましたが、それ以外のシーズンでは比較的安定していて、与四球率(9イニングあたりの与四球数)は2Aと3Aともに2.8個、MLBでは2.4個となるなど、制球面に大きな不安があるタイプではないようです。

被安打に関しては、被安打率(9イニングあたりの与四球数)が2Aで9.4本、3Aで8.7本、MLBで9.6本となるなど、それなりに打たれるほうなのですが、与四球が少ない分、大量失点につながりにくいことが比較的安定した防御率につながっていると言えそうです。

先発とロングリリーフの両方をこなせることとは使い勝手の良さにつながりますし、2015年は先発とリリーフの両方をこなしながら11試合49.1イニングを投げて防御率2.19/WHIP1.10と安定した投球を見せていますので、その点でも期待できそうです。

3Aでは防御率2点台のシーズンも何回かあるなど、3Aでは安定した投球ができるものの、メジャーでとなるとやや力量不足になところがあり、特に今年のメッツはそれなりに投手の頭数が揃っているため、なかなか声がかかりにくい状況でもありました。

デュエン・ビロウの球種・球速・投球スタイルについて

ブルックスベースボールのデータに基づく、メジャーリーグ(2011-13)でのデュエン・ビロウの球種・球速・投球割合などをまとめた表は以下のとおりとなっています。

Duane Below Pitches Data 2015

持ち球はフォーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップの4つとなっています。

フォーシームが投球における割合が一番高く55.3%を占めていて、最速は151.7キロ、平均では146.1キロというデータが残っています。

それに続いて多く投げられているのがスライダーで投球の19.4%を占め、最速145.7キロ、平均で137.4キロとなっています。

このフォーシームとスライダーが三振を奪う際の決め球となっていて、奪三振に占める割合はフォーシームが53.3%、スライダーが31.1%となっています。

基本的にはこの2つの球種が軸となり、そこにチェンジアップと縦のカーブを織り交ぜるという投球スタイルです。

球種別の被打率を見ると変化球に関してはメジャーでもある程度通用したようですが、投球の半分以上となるフォーシームが打ち込まれてしまう点が、メジャーに定着できなかった原因の1つと言えそうです。

またフォーシームはフライになる傾向が強いため長打につながりやすく、フォーシームの被長打率が.500となっていることも、メジャーで苦しむ理由だったと考えられます。

最後にデュエン・ビロウの動画です。デュエン・ビロウは2012年を最後にメジャーでは投げていませんので、動画もやや古いものとなりデトロイト・タイガース在籍時の2012年4月22日に6イニングのロングリリーフをした際のものです。

フォーシームは89-90マイル(143-144キロ)となっていて、長いイニングを投げるときは全体的に球速が落ちるようです。

変化球はあまり曲がりが大きいものがなく、変化球は82-88マイル(131-141キロ)とフォーシームとの緩急もないため、打者がタイミングを取りやすくなりそうです。

またこの動画でも打者がバットに当てたアウトの大半がフライボールになっていますが、それはメジャーでのデータにもその傾向が出ていて、長打を浴びやすい原因となっています。

狭い横浜スタジアムではやや懸念材料となりそうです。

また球速も日本の柔らかいマウンドではさらに落ちる可能性があり、より技巧的な投球が必要になるかもしれませんので、先発もしくはロングリリーフなどの長いイニングで使う方が良さそうです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ