NPB12球団 2017年シーズン開幕時の先発ローテーションの予想と投手陣の最新情報のまとめ

スポンサーリンク

1. パ・リーグの球団別の先発ローテーションの情報

スポンサーリンク

パ・リーグの球団別の先発ローテーションの情報は以下のとおりとなっています。なお、情報は随時更新していく予定です。

SP:先発投手 CL:クローザー SET:セットアッパー RP:ミドルリリーフ投手
★マークは当確状態を示しています。

日本ハムファイターズの投手陣の編成
【先発ローテーション】

SP1:★大谷翔平(右)140.0回/防御率1.86/10勝4敗/WHIP0.64
SP2:★有原航平(右)156.0回/防御率2.94/11勝9敗/WHIP0.97
SP3:★メンドーサ(右)132.1回/防御率3.88/7勝8敗/WHIP1.04
SP4:高梨裕稔(右)109.2回/防御率2.38/10勝2敗/WHIP0.72
SP5:加藤貴之(左)91.1回/防御率3.45/7勝3敗/WHIP1.01
SP6:村田透(右)インディアンス3A

【先発ローテ・バックアップ】

・石川直也(右)1.0回/防御率0.00/0勝0敗/WHIP0.00
・上原健太(左)1.0回/防御率0.00/0勝0敗/WHIP1.00
・中村勝(右)12.0回/防御率6.00/0勝1敗/WHIP0.83
・斎藤佑樹(右)23.2回/防御率4.56/0勝1敗/WHIP1.10
・エスコバー(左)新外国人
・上沢直之(右)

【ブルペン】

CL:マーティン(右)50.2回/防御率1.07/21SV21HP/WHIP0.49
SET:谷元圭介(右)50.1回/防御率2.32/3SV31HP/WHIP0.81
SET:増井浩俊(右)81.0回/防御率2.44/10SV/WHIP0.90
RP1:宮西尚生(左)47.1回/防御率1.52/2SV42HP/WHIP0.61
RP2:白村明弘(右)24.0回/防御率2.63/4HP/WHIP0.83
RP3:石井裕也(左)16.1回/防御率1.65/12HP/WHIP0.67
RP4:井口和朋(右)42.0回/防御率3.86/4HP/WHIP0.95

備考:先発ローテは大谷、有原、メンドーサが確定的で、昨年新人王の高梨もローテ入りが有力。残る枠を左腕の加藤貴之、インディアンスの3Aから日本球界に復帰した村田透、2015年ドラフト1位指名左腕・上原健太、3年目の石川直也、先発として一定の実績がある中村勝らが候補に。斎藤佑樹に関しては栗山監督は期待も結果次第。
クローザーは志願して先発からクローザーへの復帰を目指す増井浩俊とマーティンの争いか。いずれにしても谷元圭介、宮西尚生らとともに攻略が容易ではない強力なカルテットとなる可能性も。

日本ハムの先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

ソフトバンクホークスの投手陣の編成
【先発ローテーション】

SP1:★武田翔太(右)183.0回/防御率2.95/14勝8敗/WHIP0.89
SP2:★バンデンハーク(右)82.0回/防御率3.84/7勝3敗/WHIP0.78
SP3:★和田毅(左)163.0回/防御率3.04/15勝5敗/WHIP0.85
SP4:★千賀滉大(右)169.0回/防御率2.61/12勝3敗/WHIP0.74
SP5:☆東浜巨(右)135.0回/防御率3.00/9勝6敗/WHIP0.84
SP6:中田賢一(右)89.2回/防御率3.01/7勝3敗/WHIP0.71

【先発ローテ・バックアップ】

・大隣憲司(左)6.0回/防御率1.50/1勝0敗/WHIP0.67
・攝津正(右)37.0回/防御率5.59/2勝2敗/WHIP1.14
・寺原隼人(右)13.1回/防御率4.05/2勝1敗4HP/WHIP1.35
・松坂大輔(右)1.0回/防御率18.00/0勝0敗/WHIP3.00
・高橋純平(右)2015年ドラフト1位
・田中正義(右)2016年ドラフト1位
・松本裕樹(右)1.0回/防御率9.00/0勝0敗/WHIP1.00

【ブルペン】

CL:サファテ(右)62.1回/防御率1.88/43SV/WHIP0.66
SET:五十嵐亮太(右)27.1回/防御率3.62/7HP/WHIP0.88
RP1:岩嵜翔(右)87.2回/防御率1.95/1SV10HP/WHIP0.88
RP2:森唯斗(右)60.1回/防御率2.98/1SV18HP/WHIP1.14
RP3:スアレス(右)53.2回/防御率3.19/1SV28HP/WHIP0.97
RP4:飯田優也(左)41.0回/防御率3.29/5HP/WHIP0.88

・嘉弥真新也(左)7.1回/防御率8.59/WHIP1.23

備考:WBCに武田翔太、バンデンハーク、千賀滉大が出場するため、勝ち残った場合にはバックアップの投手にチャンスが。武田、バンデンハーク、千賀、和田が確定的で、残りの2枠を中田、攝津、東浜、松坂、寺原らに加えてドラフト1位指名の高橋純平、田中正義らが争う豪華な布陣に。
しかし、高橋純平、田中正義らは早々に争いから脱落し、5番手には東浜が有力となる。6番手を中田、攝津、松坂が争う状況に。
リリーフ投手に関しては左の森福が抜けた穴を埋めることが必要で飯田優也、嘉弥真新也。島袋洋奨らが候補に。

ソフトバンクの先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

千葉ロッテマリーンズの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★涌井秀章(右)188.2回/防御率3.01/10勝7敗/WHIP1.03
SP2:★石川歩(右)162.1回/防御率2.16/14勝5敗/WHIP0.87
SP3:★スタンリッジ(右)162.0回/防御率3.56/8勝8敗/WHIP1.07
SP4:西野勇士(右)43.0回/防御率3.35/3勝6敗/WHIP0.95
SP5:唐川侑己(右)88.2回/防御率2.84/6勝6敗/WHIP0.96
SP6:二木康太(右)116.1回/防御率5.34/7勝9敗/WHIP1.24

【先発ローテ・バックアップ】

・佐々木千隼(右)2016年ドラフト1位
・チェン・グァンユウ(左)24.2回/防御率4.01/1勝1敗/WHIP1.01
・関谷亮太(右)88.0回/防御率5.52/5勝6敗/WHIP1.14
・大嶺祐太(右)34.2回/防御率6.49/1勝3敗/WHIP1.38

【ブルペン】

CL:益田直也(右)59.0回/防御率1.83/14SV24HP/WHIP0.93
SET:内竜也(右)32.1回/防御率1.39/1SV22HP/WHIP0.56
RP1:南昌輝(右)62.1回/防御率2.74/21HP/WHIP0.79
RP2:大谷智久(右)31.1回/防御率3.45/14HP/WHIP1.02
RP3:藤岡貴裕(左)42.1回/防御率2.55/7HP/WHIP0.83
RP4:松永昂大(左)39.0回/防御率3.46/13HP/WHIP0.92

備考:先発ローテは涌井、石川、スタンリッジはほぼ当確で残り3枠が流動的。即戦力との呼び声が高い佐々木千隼がローテに入る可能性も十分にある状況。西野勇士が先発へ転向することにともない、昨季途中からクローザーとなった益田直也が今季もその役割をこなすことが濃厚。

ロッテの先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

西武ライオンズの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★菊池雄星(左)143.0回/防御率2.58/12勝7敗/WHIP0.82
SP2:★多和田真三郎(右)98.2回/防御率4.38/7勝5敗/WHIP1.02
SP3:★ウルフ(右)23.2回/防御率3.04/4勝0敗/WHIP1.10
SP4:★野上亮磨(右)107.0回/防御率3.87/3勝9敗/WHIP1.05
SP5:☆十亀剣(右)71.1回/防御率6.31/4勝6敗/WHIP1.19
SP6:

【先発ローテ・バックアップ】

・髙橋光成(右)118.0回/防御率4.42/4勝11敗/WHIP1.14
・本田圭佑(右)4.2回/防御率7.71/0勝1敗/WHIP1.71
・ガルセス(左)新外国人
・キャンデラリオ(左)新外国人
・郭俊麟(右)22.1回/防御率8.46/0勝3敗/WHIP1.25
・誠(右)7.2回/防御率11.74/0勝2敗/WHIP1.43
・佐藤勇(左)25.0回/防御率5.76/1勝3敗/WHIP0.96

【ブルペン】

CL:増田達至(右)54.1回/防御率1.66/3勝5敗28SV/WHIP1.03
SET:シュリッター(右)新外国人
SET:牧田和久(右)78.2回/防御率1.60/32HP/WHIP0.71
RP1:武隈祥太(左)61.0回/防御率3.54/19HP/WHIP0.95
RP2:髙橋朋己(左)5.1回/防御率1.69/1SV4HP/WHIP0.94
RP3:小石博孝(左)74.2回/防御率3.74/1SV2HP/WHIP0.86
RP4:大石達也(右)31.2回/防御率1.71/4HP/WHIP0.57

・野田昇吾(左)18.1回/防御率3.93/4HP/WHIP1.15
・豊田拓矢(右)6.0回/防御率1.50/WHIP1.17

備考:岸孝之を失った先発ローテーションは一番の泣き所で、菊池雄星、多和田、ウルフ、野上の4人が確定的で、残る2枠を高橋光成、ガルセス、十亀剣の3人が争う様相に。
クローザーは増田達至とシュリッターがその座を争うことに。先発ローテ次第では流動的なところがあったものの、牧田和久はブルペンででの起用が濃厚に。

西武の先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

楽天イーグルスの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★岸孝之(右)130.1回/防御率2.49/9勝7敗/WHIP0.94
SP2:★則本昂大(右)195.0回/防御率2.91/11勝11敗/WHIP0.98
SP3:美馬学(右)155.0回/防御率4.30/9勝9敗/WHIP1.17
SP4:塩見貴洋(左)148.0回/防御率3.89/8勝10敗/WHIP0.99
SP5:辛島航(左)72.0回/防御率3.88/3勝7敗/WHIP1.00
SP6:安樂智大(右)84.1回/防御率3.42/3勝5敗/WHIP0.94

【先発ローテ・バックアップ】

・釜田佳直(右)113.0回/防御率4.14/7勝5敗/WHIP1.10
・菊池保則(右)22.2回/防御率5.16/1勝1敗/WHIP1.46
・戸村健次(右)34.2回/防御率4.41/1勝5敗/WHIP1.10
・小山雄輝(右)13.0回/防御率4.85/0勝1敗/WHIP1.23

【ブルペン】

CL:★松井裕樹(左)62.1回/防御率3.32/30SV/WHIP0.75
SET:ハーマン(右)新外国人
RP1:福山博之(右)69.2回/防御率2.71/23HP/WHIP0.93
RP2:金刃憲人(左)41.2回/防御率2.38/17HP/WHIP0.77
RP3:青山浩二(右)50.1回/防御率4.83/15HP/WHIP1.05
RP4:西宮悠介(左)26.1回/防御率4.44/3HP/WHIP0.68

備考:先発ローテは岸孝之を加えて、則本昂大と2枚看板に。美馬に加えて、塩見、辛島らも先発として実績を残しつつあり、安楽、釜田らも伸びつつあるので、ローテの3枠以降は熾烈な争いとなるか。
今年もクローザーは松井裕樹が務め、ミコライオに代わって新外国人のハーマンにセットアッパーの役割が期待される。

楽天の先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

オリックス・バファローズの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★金子千尋(右)162.0回/防御率3.83/7勝9敗/WHIP0.88
SP2:★西勇輝(右)165.1回/防御率4.14/10勝12敗/WHIP1.04
SP3:★ディクソン(右)171.1回/防御率4.36/9勝11敗/WHIP1.07
SP4:★コーク(左)新外国人
SP5:☆松葉貴大(左)132.2回/防御率3.26/7勝9敗/WHIP0.96
SP6:東明大貴(右)122.0回/防御率4.94/1勝10敗/WHIP1.30

【先発ローテ・バックアップ】

・山岡泰輔(右)2016年ドラフト1位指名
・山﨑福也(左)61.1回/防御率3.67/3勝2敗/WHIP0.90
・山田修義(左)58.1回/防御率4.94/2勝7敗/WHIP1.08
・岸田護(右)13.2回/防御率7.90/6HP/WHIP1.46
・近藤大亮(右)3.0回/防御率0.00/WHIP1.33

【ブルペン】

CL:平野佳寿(右)61.0回/防御率1.92/31SV/WHIP0.72
SET:吉田一将(右)50.2回/防御率2.66/1SV26HP/WHIP0.73
RP1:塚原頌平(右)54.0回/防御率2.67/17HP/WHIP0.81
RP2:海田智行(左)45.1回/防御率2.78/16HP/WHIP0.93
RP3:比嘉幹貴(右)9.1回/防御率4.82/6HP/WHIP1.61
RP4:佐藤達也(右)41.1回/防御率5.01/13HP/WHIP0.75

・ウエスト(右)新外国人
・ヘルメン(右)新外国人
・赤間謙(右)35.0回/防御率3.09/1HP/WHIP0.77

備考:メジャーでの実績十分のフィル・コークが加わり投手陣に厚み。5番手以降は松葉貴大、東明大貴、山﨑福也、山田修義、先発転向の岸田護らに加えて、ドラフト1位で即戦力評価の山岡泰輔らも争うことに。ただ、浮上のためには先発ローテ3本柱の金子、西、ディクソンらの復調が必要不可欠に。
クローザーの平野佳寿、昨季活躍した吉田、塚原、海田らに加えて、佐藤達也、比嘉幹貴らが復調するか、新外国人が働いてくればブルペンに関しても厚みが増すことに。

オリックスの先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

2. セ・リーグの球団別の先発ローテーションの情報

スポンサーリンク

セ・リーグの球団別の先発ローテーションの情報は以下のとおりとなっています。なお、情報は随時更新していく予定です。

SP:先発投手 CL:クローザー SET:セットアッパー RP:ミドルリリーフ投手

広島カープの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★ジョンソン(左)180.1回/防御率2.15/15勝7敗/WHIP0.87
SP2:★野村祐輔(右)152.2回/防御率2.71/16勝3敗/WHIP0.91
SP3:大瀬良大地(右)21.2回/防御率3.32/3勝1敗7HP/WHIP0.69
SP4:福井優也(右)76.2回/防御率4.34/5勝4敗/WHIP1.10
SP5:岡田明丈(右)89.1回/防御率3.02/4勝3敗/WHIP1.00
SP6:

【先発ローテ・バックアップ】

・ヘーゲンズ(右)83.1回/防御率2.92/7勝5敗/WHIP0.85
・九里亜蓮(右)80.0回/防御率4.50/2勝2敗1HP/WHIP0.99
・戸田隆矢(左)54.2回/防御率2.80/4勝0敗1SV2HP/WHIP0.90
・塹江敦哉(左)6.1回/防御率11.37/0勝1敗/WHIP0.95
・薮田和樹(右)31.0回/防御率2.61/3勝1敗1HP/WHIP0.68
・中村恭平(左)35.0回/防御率5.40/1勝1敗/WHIP1.17
・加藤拓也(右)2016年ドラフト1位

【ブルペン】

CL:中﨑翔太(右)61.1回/防御率1.32/34SV/WHIP0.85
SET:ジャクソン(右)68.1回/防御率1.71/42HP/WHIP0.67
RP1:今村猛(右)73.2回/防御率2.44/2SV25HP/WHIP0.81
RP2:一岡竜司(右)24.2回/防御率1.82/6HP/WHIP0.65
RP3:ヘーゲンズ(右)83.1回/防御率2.92/24HP/WHIP0.85
RP4:

・ブレイシア(右)新外国人
・オスカル(左)22.2回/防御率6.35/3HP/WHIP1.41

備考:黒田博樹の24試合151.2回をどのように埋めていくかが課題。前田健太と黒田博樹と2年連続で投手陣の柱を失い正念場に。先発ローテはジャクソンと野村の2人は確定も3番手以降は福井、大瀬良らを筆頭に多くの投手で枠を争うことに。リリーフでは新外国人のブレイシアの評価も高くジャクソン、ヘーゲンズらも安泰ではない状況に。ブルペンでは飯田哲矢、オスカルらが候補も強力なリリーフタイプの左腕が見当たらないのが課題か。

広島の先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

読売ジャイアンツの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★菅野智之(右)183.1回/防御率2.01/9勝6敗/WHIP0.85
SP2:★マイコラス(右)91.2回/防御率2.45/4勝2敗/WHIP0.92
SP3:★田口麗斗(左)162.0回/防御率2.72/10勝10敗/WHIP0.93
SP4:★山口俊(右)138.2回/防御率2.86/11勝5敗/WHIP0.81
SP5:吉川光夫(左)109.2回/防御率4.19/7勝6敗/WHIP1.14
SP6:内海哲也(左)107.1回/防御率3.94/9勝6敗/WHIP0.97

【先発ローテ・バックアップ】

・宮國椋丞(右)39.2回/防御率2.95/10HP/WHIP0.96
・大竹寛(右)91.1回/防御率3.55/6勝6敗/WHIP1.01
・高木勇人(右)117.0回/防御率4.31/5勝9敗/WHIP1.03
・今村信貴(左)77.1回/防御率5.59/3勝4敗/WHIP1.13
・杉内俊哉(左)
・桜井俊貴(右)4.1回/防御率8.31/0勝1敗/WHIP2.08
・江柄子裕樹(右)8.2回/防御率7.27/0勝1敗/WHIP1.62
・長谷川潤(右)6.1回/防御率8.53/0勝1敗/WHIP1.74

【ブルペン】

CL:澤村拓一(右)64.1回/防御率2.66/37SV/WHIP0.93
SET:マシソン(右)80.0回/防御率2.36/1SV49HP/WHIP0.81
SET:カミネロ(右)新外国人
RP1:森福允彦(左)27.0回/防御率2.00/18HP/WHIP0.85
RP2:山口鉄也(左)48.0回/防御率4.88/1SV20HP/WHIP1.00
RP3:田原誠次(右)54.2回/防御率3.46/18HP/WHIP1.04
RP4:西村健太朗(右)28.0回/防御率3.21/2HP/WHIP1.07

・戸根千明(左)36.0回/防御率4.50/1SV6HP/WHIP1.03
・公文克彦(左)11.2回/防御率3.86/0HP/WHIP0.86

備考:菅野智之、マイコラス、田口麗斗が2017年の3本柱に、山口俊は肩に不安を抱えて出遅れているものの契約の経緯から実戦に復帰すれば先発ローテの枠が与えられることが濃厚。トレードで獲得した吉川光夫も先発ローテに入る可能性が高いため、実質的には6番手の枠を多くの投手で争うことになるか。5番手、6番手の2枠が競争になったとしても吉川光夫、内海哲也、今村信貴、大竹寛、杉内俊哉、高木勇人、2015年ドラフト1位の桜井俊貴らで争う激戦に。
ブルペンはクローザーを澤村拓一が務めることが有力も内容次第ではカミネロが務める可能性も。左は森福允彦を獲得したことで、左のセットアッパー的な役割がこなせるようであれば、山口鉄也は完全な左のワンポイントになる可能性も。

巨人の先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

DeNAベイスターズの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★井納翔一(右)151.2回/防御率3.50/7勝11敗/WHIP1.04
SP2:★石田健大(左)153.0回/防御率3.12/9勝4敗/WHIP0.84
SP3:★今永昇太(左)135.1回/防御率2.93/8勝9敗/WHIP0.81
SP4:★ウィーランド(右)新外国人
SP5:★クライン(右)新外国人
SP6:☆濱口遥大(左)2016年ドラフト1位指名

【先発ローテ・バックアップ】

・三嶋一輝(右)24.0回/防御率3.75/1勝1敗/WHIP1.00
・熊原健人(右)29.0回/防御率4.97/1勝1敗/WHIP1.07
・久保康友(右)96.1回/防御率3.55/5勝8敗/WHIP1.10
・砂田毅樹(左)52.1回/防御率3.78/2勝2敗/WHIP1.24

【ブルペン】

CL:山﨑康晃(右)57.2回/防御率3.59/2勝5敗33SV9HP/WHIP0.99
SET:パットン(右)新外国人
SET:三上朋也(右)58.2回/防御率2.61/2勝4敗2SV34HP/WHIP0.84
RP1:田中健二朗(左)44.0回/防御率2.45/5勝3敗28HP/WHIP1.11
RP2:須田幸太(右)53.2回/防御率2.68/5勝3敗28HP/WHIP1.04
RP3:小杉陽太(右)26.2回/防御率3.71/0勝0敗0HP/WHIP1.05

備考:先発ローテは井納翔一、石田健大、今永昇太の3人は確定で、4番手にはクライン、もしくはウィーランドの新外国人2人がのどちらかが入ることが濃厚。5番手以下をベテランの久保康友、左腕の砂田毅樹、三嶋一輝らを筆頭に争うことに。砂田はリリーフとしてのほうが投球内容と成績ともに良かったため、先発で上手く行かないようであればブルペンにまわることに。クローザーは勤続疲労が隠しきれない山﨑康晃と新外国人のパットンの争いに。

DeNAの先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

阪神タイガースの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★メッセンジャー(右)185.1回/防御率3.01/12勝11敗/WHIP0.97
SP2:★藤浪晋太郎(右)169.0回/防御率3.25/7勝11敗/WHIP0.90
SP3:★岩貞祐太(左)158.1回/防御率2.90/10勝9敗/WHIP0.76
SP4:★能見篤史(左)147.1回/防御率3.67/8勝12敗/WHIP0.96
SP5:青柳晃洋(右)68.1回/防御率3.29/4勝5敗/WHIP0.60
SP6:岩田稔(左)20.1回/防御率8.85/0勝3敗/WHIP1.82

【先発ローテ・バックアップ】

・横山雄哉(左)15.1回/防御率2.93/2勝0敗/WHIP0.78
・秋山拓巳(右)20.0回/防御率4.05/1勝1敗/WHIP1.15

【ブルペン】

CL:マテオ(右)55.0回/防御率1.80/20SV8HP/WHIP0.75
SET:岩崎優(左)74.1回/防御率3.63/3勝5敗/WHIP0.98
SET:安藤優也(右)42.2回/防御率2.53/11HP/WHIP0.68
RP1:松田遼馬(右)27.0回/防御率1.00/2HP/WHIP0.59
RP2:藤川球児(右)62.2回/防御率4.60/3SV14HP/WHIP0.96
RP3:髙橋聡文(左)38.1回/防御率3.76/23HP/WHIP0.99
RP4:島本浩也(左)24.2回/防御率3.65/3HP/WHIP0.97

・石崎剛(右)10.2回/防御率1.69/0勝0敗3HP/WHIP0.56
・榎田大樹(左)39.2回/防御率4.31/4HP/WHIP0.98
・歳内宏明(右)9.0回/防御率3.00/2HP/WHIP0.89
・ドリス(右)34.0回/防御率2.12/8SV12HP/WHIP0.59
・メンデス(右)新外国人

備考:先発ローテーションのうちメッセンジャー、藤浪晋太郎、岩貞祐太、能見篤史までは確定的で、5番手以降が流動的に。現時点では青柳晃洋らが有力も、岩田稔、横山雄哉、秋山拓巳らと争うことに。
岩崎優は今季からセットアッパーとしてブルペンへ配置転換。クローザーはマテオが最有力もメンデスとの競争に。

阪神の先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

ヤクルトスワローズの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★小川泰弘(右)158.0回/防御率4.50/8勝9敗/WHIP0.94
SP2:★石川雅規(左)116.2回/防御率4.47/8勝8敗/WHIP1.09
SP3:★オーレンドルフ(右)新外国人
SP4:山中浩史(右)140.0回/防御率3.54/6勝12敗/WHIP1.01
SP5:館山昌平(右)46.0回/防御率7.24/1勝4敗1HP/WHIP1.41
SP6:成瀬善久(左)72.1回/防御率5.60/3勝2敗/WHIP1.15

【先発ローテ・バックアップ】

・ブキャナン(右)新外国人
・杉浦稔大(右)51.2回/防御率7.14/3勝2敗/WHIP1.49
・村中恭兵(左)67.0回/防御率3.90/7勝3敗12HP/WHIP0.94
・原樹理(右)67.0回/防御率5.91/2勝8敗/WHIP1.19
・石山泰稚(右)16.0回/防御率7.31/1勝0敗2HP/WHIP1.44
・寺島成輝(左)2016年ドラフト1位指名
・由規(右)25.2回/防御率4.56/2勝3敗/WHIP1.01

【ブルペン】

CL:ギルメット(右)新外国人
SET:秋吉亮(右)70.0回/防御率2.19/19SV13HP/WHIP0.76
SET:ルーキ(右)64.2回/防御率3.06/39HP/WHIP1.04
RP1:松岡健一(右)55.1回/防御率3.74/2勝1敗6HP/WHIP1.01
RP2:中澤雅人(左)20.1回/防御率3.54/1勝0敗1HP/WHIP0.89
RP3:久古健太郎(左)26.1回/防御率4.44/1SV3HP/WHIP0.99
RP4:星知弥(右)2016年ドラフト2位指名

備考:先発ローテーション候補は多くいるものの確定しているのは小川泰弘と石川雅規の2人だけという状況。オーレンドルフは日本の複数球団との争奪戦の末の獲得で先発ローテを確約している可能性があるため、ローテ入りは濃厚か。外国人枠の問題でギルメット、ルーキ、ブキャナンの少なくとも誰か1人は外さないといけない状況だが、先発、ブルペンともに人材が乏しいため難しいやりくりに。新人の星知弥がセットアッパーもしくはクローザーで起用できるかは外国人の起用にも影響。

ヤクルトの先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

中日ドラゴンズの投手陣の編成

【先発ローテーション】

SP1:★大野雄大(左)129.2回/防御率3.54/7勝10敗/WHIP0.97
SP2:★吉見一起(右)131.1回/防御率3.08/6勝7敗/WHIP1.04
SP3:アラウホ(左)新外国人
SP4:若松駿太(右)115.1回/防御率4.06/7勝8敗/WHIP1.10
SP5:山井大介(右)63.2回/防御率4.52/1勝8敗8HP/WHIP0.96
SP6:柳裕也(右)2016年ドラフト1位指名

【先発ローテ・バックアップ】

・小熊凌祐(右)54.2回/防御率2.80/5勝2敗1HP/WHIP0.80
・バルデス(左)125.2回/防御率3.51/6勝7敗/WHIP0.97
・ジョーダン(左)121.0回/防御率4.24/6勝6敗/WHIP0.92
・小笠原慎之介(左)72.1回/防御率3.36/2勝6敗/WHIP0.77
・伊藤準規(右)19.1回/防御率6.05/1勝2敗/WHIP1.14
・八木智哉(左)6.0回/防御率1.50/0勝0敗/WHIP0.50
・鈴木翔太(右)

【ブルペン】

CL:田島慎二(右)59.0回/防御率2.44/17SV21HP/WHIP0.86
SET:又吉克樹(右)54.2回/防御率2.80/22HP/WHIP1.06
RP1:岡田俊哉(左)64.2回/防御率3.20/16HP/WHIP0.96
RP2:福谷浩司(右)40.0回/防御率4.05/8SV9HP/WHIP1.13
RP3:祖父江大輔(右)43.0回/防御率3.14/12HP/WHIP0.74
RP4:小川龍也(左)31.2回/防御率2.27/10HP/WHIP0.66
RP5:福敬登(左)43.1回/防御率4.78/5HP/WHIP0.97

・ロンドン(右)新外国人
・阿知羅拓馬(右)14.1回/防御率2.51/WHIP0.84

備考:左肘の手術をした小笠原は後半戦からの復帰を森監督は想定。2016年ドラフト1位指名の柳裕也は首脳陣の評価が高く開幕ローテ入りの可能性が高い状況。アラウホは抑え、リリーフとして獲得も先発投手としての起用も検討中。そのままアラウホが先発にまわることになれば引き続き田島がクローザーに。森監督は先発ローテに福谷、又吉らをまわすことも選択肢とするなど、キャンプ、オープン戦を経ないと誰が先発ローテで、誰がブルペンかも読みにくく、チーム再建途上にあることを感じざるをえない状況。

中日の先発ローテーションとスターティングメンバーの最新情報は以下のページで更新しています。

よく読まれています

このページの先頭へ