ロッテマリーンズの先発ローテーション・スターティングメンバー最新情報

【千葉ロッテマリーンズの先発ローテーション・スターティングメンバーの最新情報】

スポンサードリンク

先発ローテーションの最新情報

千葉ロッテマリーンズの先発ローテーションに関する予想と最新情報です。★マークはほぼ確定です。

【最新情報】

  • 2016/11/02:伊東監督が西野の先発転向を明言。新守護神には益田と内が候補に
  • 2017/02/13:3年連続で涌井が開幕投手に指名されたことが明らかに
  • 2017/03/13:先発ローテーションは涌井、石川が確定し、残り4枠を唐川、スタンリッジ、西野、大嶺祐、二木康太、関谷、佐々木千隼、酒居知史らが争う。伊東監督は「(佐々木を)先発として考えている」と話す。
  • 2017/03/27:佐々木千隼の開幕ローテ入りを伊東監督が明言

【先発ローテーション】

千葉ロッテマリーンズの予想される2017年の先発ローテーション、抑え、セットアッパー、リリーフ投手の編成は以下のとおりです。

POS選手
SP1★涌井秀章(右)188.2回/防御率3.01/10勝7敗/WHIP1.03
SP2★石川歩(右)162.1回/防御率2.16/14勝5敗/WHIP0.87
SP3★唐川侑己(右)88.2回/防御率2.84/6勝6敗/WHIP0.96
SP4★スタンリッジ(右)162.0回/防御率3.56/8勝8敗/WHIP1.07
SP5★西野勇士(右)43.0回/防御率3.35/3勝6敗/WHIP0.95
SP6★佐々木千隼(右)2016年ドラフト1位

【先発ローテ・バックアップ】

  • 二木康太(右)116.1回/防御率5.34/7勝9敗/WHIP1.24
  • 酒居知史(右)2016年ドラフト2位
  • 関谷亮太(右)88.0回/防御率5.52/5勝6敗/WHIP1.14
  • 大嶺祐太(右)34.2回/防御率6.49/1勝3敗/WHIP1.38
  • チェン・グァンユウ(左)24.2回/防御率4.01/1勝1敗/WHIP1.01

【ブルペン】

POS選手
CLO益田直也(右)59.0回/防御率1.83/14SV24HP/WHIP0.93
SET内竜也(右)32.1回/防御率1.39/1SV22HP/WHIP0.56
SET南昌輝(右)62.1回/防御率2.74/21HP/WHIP0.79
RP1大谷智久(右)31.1回/防御率3.45/14HP/WHIP1.02
RP2藤岡貴裕(左)42.1回/防御率2.55/7HP/WHIP0.83
RP3松永昂大(左)39.0回/防御率3.46/13HP/WHIP0.92
RP4有吉優樹(右)ドラフト5位指名

【寸評・評価】

先発ローテは涌井、石川は当確であることが明言されていて、その他の4枠は競争だと報道されています。しかし、実際にはスタンリッジはほぼ当確、それに続くのが唐川、西野あたりとなりそうです。

西野勇士が先発へ転向することにともない、昨季途中からクローザーとなった益田直也と内竜也が新しく候補となるものの、過去の実績を考えても、益田がその役割をこなすことが濃厚。

スポンサーリンク

スターティングメンバーの最新情報

千葉ロッテマリーンズのスターティングメンバーに関する予想と最新情報です。

千葉ロッテマリーンズの予想される2017年のスターティングメンバー、ベンチ要員などの編成は以下のとおりです。★マークはほぼ確定です。

【最新情報】

  • 2016/11/01:伊東監督が2017年のレギュラーは白紙で、競争させることを明言。
  • 2017/01/28:伊東監督はダフィーについて、昨季レギュラーを固定できなかった三塁のポジションを予定しているが、「決まりというわけではない。」とも話す。
  • 2017/01/30:伊東監督がキャンプから鈴木大地をセカンドにコンバートすることを明かす。ショートは平沢大河、中村奨吾、三木亮が争うことに。守備だけなら平沢と伊東監督。
  • 2017/01/31:内外野をパラデスは守れるものの球団は4番DHとして獲得したと明かされる。
  • 2017/03/02:パラデスとダフィーの外国人2人の間に鈴木大地を5番に入れる打線に、伊東監督が好感触。
  • 2017/03/26:平沢大河は一軍で開幕を迎えるも、正遊撃手は中村奨吾に決定。
POS選手
捕手★田村龍弘 吉田裕太 江村直也 金澤岳
一塁手井上晴哉 大嶺翔太 福浦和也 井口資仁 髙濱卓也
二塁手★鈴木大地 中村奨吾 三木亮 大嶺翔
三塁手★ダフィー 中村奨吾 細谷圭 大嶺翔太
遊撃手★中村奨吾 平沢大河 三木亮
左翼手★清田育宏 角中勝也 伊志嶺翔大 柴田講平
中堅手岡田幸文 伊志嶺翔大 柴田講平 加藤翔平
右翼手★角中勝也 荻野貴司 加藤翔平
DH★パラデス ダフィー 井口資仁 井上晴哉

【寸評・評価】

得点力不足という悩みを抱えているところに、主砲のデスパイネが抜けるという大きな痛手をいかに新外国人2人と打線全体でカバーするかがポイントに。

正捕手は基本的には田村龍弘となることが濃厚も、他の選手にも多くのチャンスが与えられる可能性が大きい。鈴木大地の二塁コンバートは平沢大河を育成するという側面があることは否定できないため、ショートとしての出場機会は平沢の方が多くなる可能性が高い。

スポンサーリンク

よく読まれています

このページの先頭へ