MLBの2018シーズン終了後のFA市場は超豪華な顔ぶれに!記録的な契約金額が予想される大物選手が勢揃い

2015シーズン終了後から2016シーズン開幕にかけてのFA市場ではザック・グレインキーが6年2億650万ドル、デビッド・プライスが7年2億1700万ドルを筆頭に大型契約がいくつも成立しました。

当初から市場に出る人材が豊富で、大型契約が予想されていたのシーズンオフで、その予想通りの契約が成立していきました。

しかし、このシーズンオフを遥かに上回る大型契約が連発されることになるのではないかと予想されているシーズンオフがあります。

それは2018年シーズン終了後から2019年シーズン開幕にかけてのシーズンオフです。

スポンサードリンク

まれに見る豪華な顔ぶれになる気配の2018-19シーズンオフ

2018年シーズン終了後から2019年シーズン開幕とシーズンオフのため、それまでに大物選手を引き止めるために、所属チームが大型契約での延長に動く可能性はあるものの、そのタイミングでFAになる選手たちがそのまま市場に出れば非常に豪華なメンバーとなります。

その顔ぶれとは以下のとおりとなっています。

【投手】

  • クレイトン・カーショー(LAD)
  • アダム・ウェインライト(STL)
  • ダラス・カイケル(HOU)
  • ホセ・フェルナンデス(MIA)
  • マット・ハービー(NYM)
  • ギャレット・リチャーズ(LAA)
  • パトリック・コービン(ARI)
  • シェルビー・ミラー(ARI)
  • ドリュー・スマイリー(TB)

【リリーフ投手】

  • アンドリュー・ミラー(NYY)
  • ケルビン・ヘレーラ(KC)
  • トレバー・ローゼンタール(STL)
  • デビッド・ロバートソン(CHW)
  • ザック・ブリットン(BAL)
  • ジェウリス・ファミリア(NYM)
  • グレン・パーキンス(MIN)
  • カーター・キャップス(MIA)
  • A.J.ラモス(MIA)

【外野手】

  • ブライス・ハーパー(WSH)
  • アンドリュー・マカッチェン(PIT)
  • アダム・ジョーンズ(BAL)
  • ハンター・ペンス(SF)
  • ネルソン・クルーズ(SEA)
  • A.J.ポロック(ARI)
  • チャーリー・ブラックモン(COL)

【内野手】

  • ジョシュ・ドナルドソン(TOR)
  • マニー・マチャド(BAL)
  • エイドリアン・ゴンザレス(LAD)

投手の目玉はカーショー、野手はハーパーか

スポンサーリンク

現在のMLBで最高の左腕と言って間違いのないクレイトン・カーショーは2020年までの7年2億1500万ドルの契約を結んでいますが、30歳となった2018年シーズン終了後にFAを選択できる権利を有しています。

ザック・グレインキーが同様の権利を行使しして6年2億650万ドルの契約を手にしていますので、順調に行けばそれ以上の契約を手にすることが確実です。

アダム・ウェインライトは2018年までの5年9750万ドルの契約を結んでいて、FAとなる時には36歳となるため、超大型契約は期待しにくいですが、実力を考えれば、それなりの契約を手にする可能性があります。

ホセ・フェルナンデス、マット・ハービーはまだまだ実績的には乏しいですが、MLBを代表する投手になるポテンシャルがある投手として評価され続けていますし、FAとなる時の年齢も若いため長期の大型契約を手にする可能性がある候補です。

野手では目玉となりそうなのがブライス・ハーパーです。

26歳で2019年シーズンを迎えることになるブライス・ハーパーは、選手としてもっとも良い時期にさしかかる年齢をロックする契約になりますので、このままいけば記録的な契約になることが確実です。

すでにハーパーが子供の頃にファンだったというヤンキースが狙っているとの声があります。

2015シーズンから2016シーズンオフにかけてのFA市場は人材が豊富で、前田健太がその影響と健康面での懸念のため争奪戦にはならず、ベースサラリーの低いインセンティブが大きい契約を結ぶことになりました。

日本からMLB進出を狙う選手は、このタイミングを避けるか、このタイミングで行くならばマイナー契約などの厳しい条件を覚悟して、海をわたる必要がありそうです。

年々、年俸が高額になっていっているMLBで、世界的な恐慌がない限り、その傾向が継続していくと予想されます。

先に名前をあげた選手たちが故障したり、不調に陥ったり、契約延長したりする可能性があるため、このままの顔ぶれとなるかはわかりませんが、新たに頭角をあらわす選手が絶えないメジャーリーグで、この2018-19シーズンオフのFA市場の層は厚くなる確率が高いと予想されます。

すでにブライス・ハーパーには4億ドル、もしくはそれ以上の大型契約になるとの声もありますので、大きな注目を集めることになりそうな2018-19シーズンオフのMLBです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ