エンゼルスの2017年シーズン戦力分析 – MLB30球団開幕ロースターと戦力予想

スポンサードリンク

1. 2016年シーズンの主要な成績の一覧

ロサンゼルス・エンゼルスの2016年シーズンの、打撃、守備、投手の主要な成績の一覧です。

攻撃スタッツ(リーグ順位)
得点717(10位)
打率.260(6位)
出塁率.322(6位)
長打率.405(13位)
OPS.726(12位)
本塁打156(14位)
盗塁73(8位)
盗塁成功率68.22%(10位)
守備スタッツ(リーグ順位)
UZR36.5(1位)
DRS31(3位)
投手スタッツ(リーグ順位)
防御率4.28(12位)
先発防御率4.60(11位)
ブルペン防御率3.77(9位)
セーブ数29(14位)
セーブ成功率58.00%(14位)

2014年に地区優勝を果たした時にはMLB2位となる773点を叩き出した強力打線でしたが、一人抜けて、二人抜けを繰り返し、気がつけばリーグの下位に沈む打線となりました。

守備に関しては以前から良いチームだったのですが、引き続き高いレベルを維持しています。

投手陣も故障者が相次いたこともあり全体的に駒不足で、得点力が低下した打線ではカバーしきれませんでした。

2. 2016-17シーズンオフの戦力補強動向

2016-17シーズンオフの戦力補強動向の一覧は以下のとおりとなっています。

獲得/流出選手名(ポジション)
流出ジェレッド・ウィーバー(SP)
流出ジョウリス・チャシーン(SP)
流出カイル・ケンドリック(SP)
流出ジオバニー・ソト(C)
流出C.J.ウィルソン(SP)
獲得ジェシー・チャベス(SP/RP)
獲得ベン・リビア(OF)
獲得ヤスメイロ・ペティット(RP)
トレード獲得マーティン・マルドナード(C)
トレード獲得ダニー・エスピノーサ(2B/SS)
トレード獲得キャメロン・メイビン(OF)

マイク・トラウトに2000万ドル、アルバート・プホルスに2600万ドル、トレード放出したジョシュ・ハミルトンの年俸負担2641万ドルと大きな金額があるため、年俸総額は1億6400万ドルに膨れ上がっています。

オーナーサイドがこれ以上の予算の増額を認めない上に、これまで大物FA選手の獲得でドラフト指名権を放棄し、選手育成にも失敗し、トレードでプロスペクトを放出してきたため、トレードの交換要員も乏しくインパクトのある補強はできませんでした。

そのため過去に実績はあるものの、他球団から評価されなくなっていた選手を拾ってきて、ロースターを編成しているビリー・エップラーGMです。

3. 2017シーズン開幕時のロースター編成の予想

スポンサーリンク


ロサンゼルス・エンゼルスの2017年シーズン開幕時に予想される先発スターティングメンバー、ベンチ要員、先発ローテーション、ブルペンの編成などは以下のとおりとなっています。

【先発スターティングメンバー】

  1. ユネル・エスコバー(3B)
  2. コール・カルフーン(RF)
  3. マイク・トラウト(CF)
  4. アルバート・プホルス(DH)
  5. C.J.クロン(1B)
  6. キャメロン・メイビン(LF)
  7. アンデルトン・シモンズ(SS)
  8. ダニー・エスピノーサ(2B)
  9. マーティン・マルドナード(C)

【ベンチ要員】

  • カルロス・ペレス(C)
  • ジェフリー・マルテ(IF/OF)
  • クリフ・ペニントン(IF/OF)
  • ベン・リビア(OF)
  • DL:ルイス・バルブエナ(1B/3B)
  • エスコバー(OPS.745)、カルフーン(18本塁打・OPS.786)、トラウト(29本塁打・OPS.991)、プホルス(31本塁打・OPS.780)、クロン(16本塁打・OPS.792)とかつてのような強力さはありませんが、十分に強さのあるオーダーなのですが、それ以降が手薄になっています。

【先発ローテーション】

  1. リッキー・ノラスコ(右)
  2. マット・シューメイカー(右)
  3. ギャレット・リチャーズ(右)
  4. タイラー・スカッグス(左)
  5. ジェシー・チャベス(右)

【ブルペン】

  • CLO:キャム・ベドローシアン(右)
  • SET:アンドリュー・ベイリー(右)
  • SET:JCラミレス(右)
  • RP1:ホセ・アルバレス(左)
  • RP2:ブレイク・パーカー(右)
  • RP3:バド・ノリス(右)
  • RP4:ヤスメイロ・ペティット(右)
  • DL:アンドリュー・ヒーニー(SP)
  • DL:ニック・トロピアーノ(SP)
  • DL:ヒューストン・ストリート (RP)

ツインズに見切られてしまったリッキー・ノラスコでエンゼルス移籍後は73イニングで防御率3.21と良い投球を見せ、マット・シューメーカーも160イニングで防御率3.88と結果を残しています。

ただ、ギャレット・リチャーズはトミー・ジョン手術を回避して治療を行ったものの、肘に不安を抱えていて、ジェシー・チャベスはどちらかと言えばロングリリーフも多いスイングマンです。

痛いのは68.1回を投げて防御率3.56を残したニック・トロピアーノ、プロスペクトとして期待されていたアンドリュー・ヒーニーがともにトミー・ジョン手術で2017年は戦力とならないことです。

クローザーのヒューストン・ストリートはようやくスローイングを再開したばかりで、復帰のメドはまだ立っていません。

4. 寸評・評価

強みである守備に関してはセカンドにダニー・エスピノーサ、レフトにキャメロン・メイビン、ベン・リビアが入ることで、さらに強化されると予想されます。

打線は下位打線がやや粗さが目立つものの長打力のあるダニー・エスピノーサ(24本塁打・OPS.684)、94試合も打率.315/出塁率.383/長打率.418/OPS.801と結果を残したキャメロン・メイビンを加えて、やや改善される可能性がありますし、上位打線は期待ができます。

問題は投手陣で、先発投手はバックアップにツインズ時代にプロスペクトとして評価されていたアレックス・メイヤーがいるくらいで、昇格させることでインパクトを与えてくれるようなプロスペクトが見当たりません。

現在のMLBでは先発投手が1シーズンで9人から10人必要になるのが一般的で、特に健康面に不安があるギャレット・リチャーズがいますので、なおさら必要なのですが不安を抱えています。

またブルペンも手薄で、ヒューストン・ストリートとアンドリュー・ベイリーともに、相手打線をシャッツアウトできるリリーフ投手ではありません。

現時点では昨年に40回1/3で防御率1.12、奪三振51を記録したキャム・ベドローシアンに期待することになりますが、それ以外では打たせてとるタイプばかりのため、不安が残ります。

限られた予算と手薄なファームの選手層の中でありながら、何とか戦える可能性があるチームと作った点では、ビリー・エップラーGMは評価されるべきかと思われます。

マイク・トラウトという野球界の至宝ともいえる存在がいるのですが、チーム全体の力量まではいかんともし難く、すべてのもが上手くハマった場合でもワイルドカードの2枠目を争えたらというところにとどまりそうな2017年のエンゼルスです。

スポンサードリンク

よく読まれています

    

このページの先頭へ