「ボストン・レッドソックス」の記事一覧

レッドソックスが先発ローテと三塁の補強を模索!スカウティングを継続中

Redsox Catch

メジャーで最もバランスのとれたロースターという評価の声もあったレッドソックスですが、22勝21敗と期待はずれの・・・

トレード期限前にジョシュ・ドナルドソンの獲得に動く可能性があるチームは?

野球狂ロゴ

2年連続でポストシーズン進出を果たし、今年もア・リーグ東地区で優勝を争うと目されていたブルージェイズでしたが、・・・

先発投手の故障で2017年が危うくなりそうなチームは?今後が懸念されるチームをFOXスポーツが分析

野球狂ロゴ

シーズンをプランニングする上で重要になるにもかかわらず、ほぼ予想不可能なことが主力選手の故障です。 チームの浮・・・

オルティーズ不在のレッドソックスは怖くない?得点力不足が深刻に

Redsox Catch

打率.315/出塁率.401/長打率.620/OPS1.021、38本塁打、127打点と引退する選手とは到底思・・・

豪華な『2018-19シーズンオフFA市場のNO.1選手』は?FOXスポーツがランキング

野球狂ロゴ

メジャーリーグの2017-18シーズンオフのFA市場は近年稀に見るほどの豪華な顔ぶれが揃います。 経済力のある・・・

レッドソックスは病気離脱で6年4億円の損失!?クラブハウスの管理も課題に

Redsox Catch

レッドソックスの地元メディアであるボストン・グローブのニック・カファード氏が興味深い内容を記事で伝えています。・・・

【MLBラウンドアップ】2017年4月11日のメジャーリーグ最新情報

■ MLBラウンドアップ – 2017年4月11日 ナショナルリーグの最新情報 アメリカンリーグの・・・

レッドソックスの2017年シーズン戦力分析 – MLB30球団開幕ロースターと戦力予想

Redsox Catch

■ ボストン・レッドソックスの2017年シーズン戦力分析の目次 1. 2016年シーズンの主要な成績の一覧 2・・・

デビッド・プライスの復帰は最短でも5月・・・レッドソックスは先発投手の補強を模索へ

Redsox Catch

デビッド・プライスが左肘と左前腕に痛みを訴えて、スプリングトレーニングの通常のスケジューリングから離脱したのが・・・

レッドソックスの最大の懸念は?ボストン・グローブ名物記者が3つの問題を指摘

Redsox Catch

シーズンオフのトレードでメジャー屈指の左腕であるクリス・セール、クローザーとセットアップの両方をこなせるタイラ・・・

レッドソックスのローテは不透明感が増す・・・ポメランツが左腕の張りを訴え降板

Redsox Catch

2017年のレッドソックスの最大の目玉となるはずだった先発ローテーションのクリス・セール、リック・ポーセロ、デ・・・

2015-16オフの大型契約は早くも悩みのタネ!?ニューヨーク・ポスト名物記者が指摘

野球狂ロゴ

2016-17シーズンオフのFA市場は近年稀に見るほどの層が薄いものとなり、ここ数年のFA契約の相場とはかけ離・・・

レッドソックスは先発ローテが一転して不安材料に・・・先発投手の層の薄さが露呈

Redsox Catch

ボストン・レッドソックスの2017年シーズンはデビッド・プライス、クリス・セール、リック・ポーセロの3枚看板が・・・

最も多くの「死に金」を2017年に支払うMLBの球団は?総額では2億ドルを突破

野球狂ロゴ

メジャーリーグの場合には大きく分けて3つのパターンの死に金(Dead Money)が存在します。その3つとは以・・・

カブスのジョー・マドン監督が史上最高額の年俸に!ワールドシリーズ制覇により金額が上昇

野球狂ロゴ

シカゴ・カブスのジョー・マドン監督は過去3度もマネージャー・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、メジャーきっての名将と・・・

デビッド・プライスは左肘の手術は回避へ!レッドソックスにとってベストの結果に

Redsox Catch

デビッド・プライスが左肘と左前腕の痛み、違和感を訴えたため、MRI検査が行われました。 その結果、セカンドオピ・・・

デビッド・プライスがトミージョン手術か!今季絶望となればレッドソックスに大打撃

Redsox Catch

レッドソックスのシーズンオフ補強の最大の目玉はクリス・セールのトレード獲得でした。 クリス・セールの獲得そのも・・・

デビッド・オルティスが埋め続けていた溝とは?レッドソックスの新リーダーに課せられる課題

Redsox Catch

長い期間にわたってボストン・レッドソックスのフィールド、並びにクラブハウスでのリーダーはデビッド・オルティスで・・・

レッドソックスは上原浩治を失ったことを後悔する!?ブルペンが抱える不安材料とは

Redsox Catch

ボストン・レッドソックスはベン・チェリントン体制から、デーブ・ドンブロウスキー体制に変わってから、幾つかの方針・・・

レッドソックスはサンドバルが低迷ならT・フレイジャーを獲得!?地元メディアが可能性に言及

Redsox Catch

2017年のレッドソックスは打率.315/出塁率.401/長打率.620/OPS1.021、38本塁打、127・・・

このページの先頭へ