「ボルティモア・オリオールズ」の記事一覧

豪華な『2018-19シーズンオフFA市場のNO.1選手』は?FOXスポーツがランキング

野球狂ロゴ

メジャーリーグの2017-18シーズンオフのFA市場は近年稀に見るほどの豪華な顔ぶれが揃います。 経済力のある・・・

オリオールズに迫りつつある決断の時・・・主力選手のFAとファームの層の薄さが問題に

Oriols Catch

ボルティモア・オリオールズは2012年から5年間で93勝、85勝、96勝、81勝、89勝と負け越しはなく、44・・・

レッドソックスは病気離脱で6年4億円の損失!?クラブハウスの管理も課題に

Redsox Catch

レッドソックスの地元メディアであるボストン・グローブのニック・カファード氏が興味深い内容を記事で伝えています。・・・

オリオールズの2017年シーズン戦力分析 – MLB30球団開幕ロースターと戦力予想

Oriols Catch

■ ボルティモア・オリオールズの2017年シーズン戦力分析の目次 1. 2016年シーズンの主要な成績の一覧 ・・・

2015-16オフの大型契約は早くも悩みのタネ!?ニューヨーク・ポスト名物記者が指摘

野球狂ロゴ

2016-17シーズンオフのFA市場は近年稀に見るほどの層が薄いものとなり、ここ数年のFA契約の相場とはかけ離・・・

カブスのジョー・マドン監督が史上最高額の年俸に!ワールドシリーズ制覇により金額が上昇

野球狂ロゴ

シカゴ・カブスのジョー・マドン監督は過去3度もマネージャー・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、メジャーきっての名将と・・・

MLBで「最も空振りの奪えるファーストボール」を投げる投手は誰か?

野球狂ロゴ

メジャーリーグで最も速いファーストボールを投げるのがアロルディス・チャップマンであることは広く知られているとこ・・・

【速報】マーク・トランボとオリオールズが合意!3年総額3750万ドルで再契約

Oriols Catch

昨シーズンのメジャーリーグで最多となる47本塁打を放ちながらも、スプリングトレーニングが近づく中でも新しい契約・・・

2017年のMLB年俸調停デッドラインまでに大金を手にすることになった11名の選手は?

MLBタイトル

年俸調停権を有する選手とその選手の所属チームが新シーズンの契約合意に達していない場合に、球団側の提示額と選手側・・・

“24歳以下でベスト”のメジャーリーガーは?ニューヨーク・ポスト名物記者がランキング

MLBタイトル

2016年のメジャーリーグのMVPはア・リーグがエンゼルスのマイク・トラウト、ナ・リーグがカブスのクリス・ブラ・・・

MLB全30球団の補強ポイントは?2017年スプリングトレーニング開始一ヶ月前の現状分析

MLBタイトル

FA市場の動きが鈍いこともあり2016-17シーズンオフの補強はいまだ完了していないチームが多く残っています。・・・

マリナーズがヨバニ・ガヤードをトレードで獲得!オリオールズへセス・スミスを放出

Mariners Catch

懸案事項だったショートとリードオフマンの問題をジーン・セグラのトレード獲得で目星をつけたマリナーズでしたが、そ・・・

ヘスス・モンテロがオリオールズとマイナー契約・・・かつてのトッププロスペクトは正念場に

Oriols Catch

ベースボール・アメリカとベースボールプロスペクタスがプロスペクトランキングで2010年から2012年にかけてM・・・

MLB最多の47本塁打も関心はイマイチ?マーク・トランボに各チームが慎重になる理由とは

MLBタイトル

2016年のマーク・トランボはキャリアベストとなる47本塁打を放ち、メジャー両リーグトップとなりました。 そし・・・

FA市場に残る5人のパワーヒッターの行く先は?MLB公式サイトがフィットする球団をピックアップ

MLBタイトル

2016-17シーズンのFA市場は新労使協定の協議が遅れ、ぜいたく税の基準がなかなか定まらなかったこともあり、・・・

ボルティモア・オリオールズの2016-17シーズンオフの補強ポイントと来季の展望

Oriols Catch

ボルティモア・オリオールズはマーク・トランボの47本塁打を筆頭に、クリス・デービスが38本塁打、マニー・マチャ・・・

レッドソックスのオフのターゲットは「主砲」!エンカーナシオン、バティスタ、トランボらが候補か

Redsox Catch

2013年に97勝65敗(.599)で地区優勝し、そのままワールドシリーズ制覇を果たした後の2年間は地区最下位・・・

オリオールズ打線がMLB史上19チーム目となる”6選手が20本塁打以上”を記録

Oriols Catch

MLBの2016年シーズンは飛躍的に本塁打が増加していて、日本の時の統一球騒動のように、ボールが飛ぶように調整・・・

2016年のトレード期限前の補強の勝者と敗者は?米大手メディアが13チームを査定

野球狂ロゴ

2016年シーズンのウェーバー公示なしのトレード期限は例年どおりの7月31日ではなく、試合開始日時などに配慮し・・・

コストパフォーマンスの良い2016年のFA契約は?米大手メディアが14選手をピックアップ

野球狂ロゴ

2015年シーズン終了から2016年シーズンにかけてのFA市場は、投手でデビッド・プライス、ザック・グレインキ・・・

このページの先頭へ